FC2ブログ

amataro's note


"未分類" posts

12
Category: 未分類   Tags: ---

プチ整形

いまさら感はありますが、鉄板のキドニーグリルをマットブラックに。。。

R0014524_DxO.jpg

R0014528_DxO.jpg

どうも真っ黒なフェイスはコントラストが無いように見えて今まで手を付けていなかったのですが、グロスブラックではなくマットブラックでテクスチャーを変えてみました。
運転していると見えないところなので、気分転換ですね。


スポンサーサイト




05
Category: 未分類   Tags: ---

KW ver3 メンテナンス

ショックアブソーバーをKW Ver3に交換してからすでに5万キロの距離を走りました。 いい部分も悪い部分もありますが、街乗りがメインの自分の走り方には合っているようで、ここのところセッティングも変更せずに固定です。

交換する際に、サードパーティのショックアブソーバーのメンテナンスは3万キロから5万キロと言われました。 正直、純正と比べると短いと言わざるを得ませんが、同じパフォーマンスを維持するにはそれぐらいのスパンなのかもしれません。

常に熱にさらされて高回転で使用されているエンジンオイルとは違いますが、ショックオイルも走っている限り常に使われていますので、劣化は避けられません。 また、この手のショックアブソーバーはバンプラバーを積極的に使うセッティング故、ラバーフォームであるバンプラバーは確実に劣化しているであろうことも想像できます。

とういうこで5万キロを超えたところで購入したショップにてメンテナンスをお願いしました。

2019IMG_0814-2.jpg

照明の関係で変な色合いですが、外したショックは特に外見上気になるようなところはなく、オイルに染みもありません。
久しぶりに純正のショックを組みなおしてもらい、一式送ってメンテナンスをしてもらいます。

国内ですべてのオーバーホールを行ってくれるので、1週間ちょっとで戻ってきました。 特に破損している部品もなく、一般的なオーバーホール内容というこでした。

その間、久しぶりに純正のショックをしばらく走りましたが、これはこれでガッシリとしたフィードバックがあり、特に高速でのしっかりとしたフィーリングは好印象です。 対して一番気になっていた低速域でのゆすられ感や突き上げ、動き始めの唐突な感じはやはり気になりました。 

リフレッシュしたショックに交換してもらって走り始めると、走り慣れた感覚です。 正直、オーバーホール前と何が変わったかと言われると、少ししっとりとした感じはありますが、大きく変わりません。
何かしらの劣化はあったのでしょうが、鈍感な自分では大きく変わった感じはしませんでした。 まあ、これでまた次の5万キロ安心して走れると思えば、リフレッシュした甲斐はあるのかなと思います。

かかったコストはそれなりではありますが、正直2回の組み換えの工賃を考えれば納得です。

推奨のセッティングに戻して取り付けてもらったので、また走りながら少しずつセッティングを変えていこうと思います。


20
Category: 未分類   Tags: ---

ニコンZ6 Fマウントレンズ

ニコンがミラーレスのボディに合わせて作ったのがZマウント。 
今までのFマウントのレンズ径は47ミリだったのに対して、Zマウントは55ミリ。 実際にレンズのキャップを触ると、数字以上に大きく感じます。

今までのレンズ資産を活かせるように、FマントからZマウントへと変換できるマウントアダプター、FTZがニコンから提供されています。 ニコン純正レンズは、モノによっては機能に制限がかかるものの、基本的にすべて使うことができます。
問題はサードパーティ製のレンズ。 最近のレンズはファームウェアのアップデートで対応できるものもありますが、古いものだと動くものと動かないものがあるようです。

ということで、持っているレンズが使えるかどうか、持ち出して試してみました。

DSC_0225_DxO.jpg

SIGMA 35mm f/1.4 DG HSM
オートフォーカス、絞りも連動して動き、問題なく使えました。 解像度もあり、このレンズはそのまま使えそうです。 
またレンズにはない手振れ補正もボディ側で効いてくれるのは、ありがたいことです。

DSC_0227_DxO.jpg

DSC_0233_DxO.jpg

DSC_0235_DxO.jpg

DSC_0236_DxO.jpg

DSC_0239_DxO.jpg

ここから
AF Nikkor50mm f/1.4D
背景のボケが少し煩い感じですが、ピンと面の解像度はあり質感も悪くなく、50mmの単焦点レンズとしてコンパクトなので使い勝手は良さそうです。

DSC_0256_DxO.jpg

DSC_0260_DxO.jpg

これ以外のレンズで試したのは

SIGMA 24mm f/1.8 EX DG ASP Macro
設計の古いレンズ故、オートフォーカスは効かずマニュアルフォーカス。 

TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD
オートフォーカス、絞りともに問題なし。

Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED
古いレンズではありますが、広角をカバーしてくれる使い勝手の良いレンズです。 AFは効かないのでマニュアルフォーカスですが、風景を撮るには役立ちそうです。

場所を変えてベイブリッジの下にきました。

DSC_0276_DxO.jpg

NIKKOR Z 24-70mm f/4S
標準のキットレンズでF4とスペックは見劣りする望遠レンズですが、Zマウント専用設計ということで、やはり解像度はピカイチです。
しかも小さく、これ一本付けておけばとりあえず大抵のモノは撮れるのではないかと思います。

DSC_0279_DxO.jpg

唯一持っているレンズの中で使えなかったのがタムロンの80mmマクロレンズ。 これはピントが合いませんでした。

とりあえずほぼ使えることが分かったので、後は使いこなしていくだけなのですが、あまり撮れていません。
まあボチボチ撮りながら気づいたことを書いていこうと思います。


09
Category: 未分類   Tags: ---

ボディーメンテナンス

駐車場所が屋外というのは車のボディーにとっては劣悪な環境でして、ましてボディー色が黒だと特に汚れが目立ちます。

5年もそんな環境にあると、こまめに洗車をしてもどうしても雨染みやウォータースポットができてしまいます。 
そんなに見た目は気にしないのですが、この辺りで一度綺麗にしておきたいと思い、磨きとコーティングをお願いしました。

R0014508_DxO.jpg

室内だと分かりずらいのですが、ブラックサファイアというボディーカラーは黒の中にラメのような粒子が入っており(多分それがサファイアの由来だと思うのですが)光に当たるとキラキラとしています。

よくよく見ると細かい洗車傷やそれ以上の深い傷も見受けられ、できる限り磨いてもらいました。

R0014496_DxO.jpg

仕上がりは正直納得できるレベルではなかったのですが、綺麗にはなりました。 なかなかこの手のショップ選びというのは難しいですね。

R0014502_DxO.jpg

ボディ以外ではもともと黒かった樹脂部分のパーツが、だいぶ白っぽくなってしまっていたものが少し復活したので、見た目が引き締まりました。

R0014488_DxO.jpg

ホイールもコーティングしてもらいました。 どれぐらい効果が持続するか、疑問ではありますが、経過観察してみようと思います。

これでだいぶ洗車も楽になりそうです。 綺麗な状態を維持できるように、こまめにメンテナンスしていこうと思います。


19
Category: 未分類   Tags: ---

初秋の伊豆

大型の台風が関東を通過した週末、その週の平日に休みをもらって久しぶりに箱根、伊豆方面へと走りました。

IMG_0762_DxO.jpg

東名厚木から小田原厚木道路で小田原まで走り、降りた先のコンビニでいったん休憩。 

DSC_0130_DxO.jpg

ターンパイクの料金所を越えて、御所の入り駐車場までの登りはいつものんびりペースで感覚をリセット。

DSC_0135_DxO.jpg

鉄板な構図で写真を一枚撮ってリスタート。 何台か朝の散歩を楽しむ車とすれ違いながら箱根の山を登ります。

インストルメントパネル内ではトラクションコントロールが介入しているランプが点滅していますが、車の制御がドライバーの感覚を上回っており、何事もなかったかのように走ってしまうのは、少し怖くもあります。

DSC_0149_DxO.jpg

風も無く穏やかな景色を眺めていると、すれ違ったエキシージSが同じ休憩スポットに入ってきたので、ドライバーの方としばし車談義。
かなりエンスーな車を複数台所有されており、E30のM3も所有されているということで共通の話題で盛り上がりました。
お気をつけてと挨拶を交わして別の方向へと進みます。

DSC_0155_DxO.jpg

まだ雪を被っていない富士山はいまいち景色がまとまりませんね。
大観山から伊豆スカイラインまでは道幅は広くないものの、道のリズムが好きなルートです。 

伊豆スカイラインに入ってからは開けた空と景色を堪能しながら冷川まで走りました。

いつものルートを嫌って冷川から伊東方面へと、ジェットコースターのようにうねった道を下っていき海に出ます。

DSC_0172_DxO.jpg

海には出たものの、ここから先のルートが見つけられず、結局来た道を戻って修善寺方面へ。 久しぶりの伊豆なのでやっぱり西伊豆を走らねばと、西天城高原のパーキングまでクリアな道を3速、4速メインで走ります。

DSC_0176_DxO.jpg

清々しい風を感じながらしばし休憩。 何度も来ている場所ですが、何度来ても気持ちの良い場所です。

DSC_0185_DxO.jpg

来た道を逆にトレースしてアップダウンと繰り返すカーブを楽しみ、西伊豆スカイラインへ。
交通量は皆無、2速3速を使って登って行きます。

DSC_0201_DxO.jpg

DSC_0203_DxO.jpg

気温は上がってきたものの、それでも20度以下。 ペースを落として階下に海を見ながら走るのは贅沢な時間です。

IMG_0770_DxO.jpg

戸田まで出たところで温泉にでも浸かろうかと道の駅、くるら戸田まで行くものの、残念ながらメンテナンスのため休業。 
昼に近い時間になったので、海沿いを走って沼津港で昼食とします。

IMG_0796_DxO.jpg

沼津からは新東名で一気に帰宅。 前を行く同じ型のM3に引っ張ってもらいながら、詰まることなく走れました。

走行距離は370km、燃費10.3km/L、平均速度59.2km/h。
伊豆方面に向かったのは久しぶりでしたが、天気も良く、交通量も少なくマイペースで走ることができました。

これから山の方面は色づく季節、また時間を作って季節を楽しみたいと思います。

DSC_0195_DxO.jpg



1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom