amataro's note


"日記" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06
Category: 日記   Tags: ---

式年大祭奉祝

先月の事ですがですが、香取神宮で行われていた式年大祭奉祝という行事の一つ、小笠原流、流鏑馬(やぶさめ)の神事を見学してきました。

DSCF2731.jpg

桜も散り終えて緑がまぶしい温かな日でした。

DSCF2742.jpg

隅々まで手入れの行き届いた境内は清々しく感じます。

DSCF2759.jpg

DSCF2778.jpg

境内を一回りしたところで、イベントの流鏑馬を見に参道へ戻ります。
なんでも12年に1度の祭事らしく、この参道で流鏑馬をするのは初めてとのことです。

DSCF2793.jpg

狭い道幅に土を盛ってそこを走るということなので、形だけのものかと思ってましたが、全速で走りぬけて行きます。

S0072835.jpg

S0112905.jpg

目の前を馬が走りぬけていくのは相当インパクトがありました。

手持ちのカメラで追いかけてみます。

DSCF2885 from amataro on Vimeo.



iPhoneのスローカメラを試してみましたが、これなかなか面白いですね。

trim.96E29F92-85FA-47EC-90CE-A3B475BE6160 from amataro on Vimeo.



あまり期待していなかったものの、予想外に面白いイベントでした。 祭事なので面白いとかそういうノリではないのですが、見物客は「あの騎手イケメン」などと各々楽しんでいました。

この後、香取神宮から近い佐原の街をちょっとだけ散策しに行きます。

DSCF2954.jpg

水運を利用して栄えた佐原には水路沿いに古い町並みが今も保存されています。

DSCF2930.jpg

DSCF2955.jpg

改装されて観光地化されたところもありますが、古くから続くお店を続けているところもたくさんあります。
いつも立ち寄る油茂製油。 
玉締めという数百年続く製法でいまだに作っているらしいのですが、ここのごま油とラー油は一度使うと他のは使えません。

成田の少し先と都内からも近い古都、ゆっくりと散策してみてはどうでしょうか?

スポンサーサイト


30
Category: 日記   Tags: ---

湯河原 海石榴

忙し過ぎた今年後半、ちょっと早めに今年の仕事を締めくくり休みとしました。
休みとはいっても大掃除ぐらいしかする事もなく、せっかくなのでたまには贅沢に温泉にでも行こうと思ったのは12月も半ば。
結構どこも混んでるんですね。

なんとか予約できたのは湯河原の海石榴。 前日に場所を確認してみたら湯河原パークウェイを下りた所。 良く通ってるところで目新しさはないものの、ゆっくりしに行くのが目的なので距離も遠くなくちょうど良かったのかも。

チェックイン前に強羅で昼飯を食べるべく通勤時間帯の東名を西へ、厚木から小田原厚木道路をのんびりと流し箱根口ICでアウト。
箱根湯本の駅前は結構な人で道も混んでおり、その先も太平台、宮ノ下とずっと渋滞で強羅まで結局渋滞。
やっぱり寒くなると温泉地は混むんですね。

強羅からは1号線で芦ノ湖まで。 途中の道の凍結はないもののだいぶ雪が路肩に残ってました。
さすがに大観山から椿ラインを下るのは厳しそうな感じなので、湯河原パークウェイへ。 ゲートで聞いてみると凍結はないとの事。
心配する事もなく湯河原へと下りて行きました。

DSCF2304.jpg

来た道を少し戻るように細い道に入って行った先にある旅館。 だいぶ古くからあるところのようです。
周りは静かで人も車の通りもなく、ただただ静です。

チェックインまでの間に抹茶をいただき、通された一階の部屋は中庭の池に面した二間の和室。 紅葉の時季であればもっと趣があったであろうに、残念ながら冬景色です。

DSCF2299.jpg

ゆっくりしてから大浴場へ。 誰も入ってなく貸し切り状態で疲れを流しました。
夕飯までは少し時間があったので、日が暮れるまで湯冷ましにあたりを散策してみようと外へ出てみました。

DSCF2308.jpg

DSCF2330.jpg

湯冷ましどころかもんの凄く寒くて、陽も暮れてきたのでさっさと引き上げてきました。

少しゆっくりしたところで夕飯となりました。 

DSC03609.jpg

所謂懐石ですが、品目も量も十分でただただ感心するばかりの料理。

美味しいものをお腹いっぱい頂き、幸せのままベッドに横になったら朝でした。
ある意味とても贅沢をさせてもらった気がします。

そんな目覚めのまま朝風呂、これまた貸し切りで目を覚まし、またご飯です。

さすがに前日の夕食が大量だっただけにお腹も空いてはいなかったものの、美味しいものは食べれるんですね(笑)
朝食もたらふく頂き、腹ごなしに外へ散歩に出ました。

この旅館の名前、海石榴(ツバキ)は今で書く椿(ツバキ)の昔の書き方だそうです。
その名の通り旅館の周りには色々な椿がありました。

知らなかったのですが、椿は数十種類もあり、一年中何かしらの花が咲いているんですね。
さすがにこの時期に咲いている品種は限られますが、それでもいくつかの種類を見る事ができました。

以下、ひたすら椿です。

DSCF2397.jpg

DSCF2391.jpg

DSCF2377.jpg

DSCF2363.jpg

DSCF2361.jpg

DSCF2346.jpg

この冬の時期でも何種類かの椿を堪能できました。
贅沢な時間はあっという間で昼のチェックアウトの時間となり宿を後にしました。

年に一度の贅沢でだいぶ充電する事が出来ました。 

来年も平穏な一年である事を願って今年最後のblogとしようと思います。
今年一年お付合いいただき有難うございました!


21
Category: 日記   Tags: ---

iPhone 5S

世間では新しいiPhoneの発売ということで店頭に並んでいる人もいたようですが、普通に昼ごろに販売店に行ったら在庫ありました。



一括で購入すると普通にノートパソコン買えるぐらいの金額でびっくりします(Docomoはさらに高いらしいですね)

本体代金はキャリアの割引で2年ほどで還元されるので一括でも分割でもいいのですが、携帯ってもう2年の買い替えサイクルよりも短くなってるような気がしますね。

もうスマホなしでは生活も成り立たないほど、いろいろな面で依存してますんで、そう考えると新しいものに毎年更新していっても良いのかもしれません。

逆にうちで使っているパソコンは壊れた部品を取り換えつつ、ずいぶんと長いこと使っています。
そろそろ新しくしてやりたいところですが、ネットを見るのと写真の現像ぐらいだったらまだ行けそうです。

次に何かパーツが壊れることがあったら、そのタイミングで新しくしてやろうかと思ってます。


08
Category: 日記   Tags: ---

2h15m

あまり時間も取れず遠出ができないこの頃、短い時間で鎌倉まで行ってきました。

夜明けの時間には間に合わなかったものの、すっきりとした朝の空が見えました。

DSCF1731.jpg

DSCF1744.jpg

この日は風もあって結構サーファーの方もいました。

DSCF1784.jpg

DSCF1775.jpg


ただただ走って写真撮って帰ってきて2時間15分。 
行ってみれば近いもんですね。

もうちょっと遠くまで行きたい今日この頃です。


DSCF18121.jpg


04
Category: 日記   Tags: ---

箱根でゴルフ

久しぶりに箱根のコースでゴルフに誘われたので、ちょっと早めに出てターンパイクへ。

DSCF1594.jpg

1時間程の朝練は全然ペースが掴めず。。。
どうもターンパイクのスピードレンジは自分には高過ぎて、いまいち上手く走れません。

DSCF1608.jpg

相変わらず車好きが集まっています。

写真

そうこうしているうちに時間も来たので、大観山から箱根新道を経て箱根くらかけゴルフ場へ。

前半はちょっと霧も出ていたものの途中からはよい天気に変わり、すっかりゴルフ日和です。
山のてっぺんにあるココは気温も下界よりは低く、風も通るので清々しさがあります。
残念ながらスコアの方は全然清々しくはありませんでした。。。

思ったよりも早めに上がれたので、芦ノ湖スカイラインを経由して仙石原にあるとある肉屋へ。
一緒にゴルフをまわった先輩によると、上手いローストビーフがあるのだとか。

さっさと肉を仕入れ、御殿場方面へと道を下って行きます。
東名に乗る前にもう一軒、とらや工房に寄ります。

DSCF1618.jpg

緑の森の中を抜けて行くと平屋の半円形の建物が見えてきます。

DSCF1630.jpg

ココも外よりちょっと涼しくて、ゆっくりするには良い所ですね。

DSCF1636.jpg

あまりゆっくりもしていられないので、買い物だけしてさっさと東名に乗ると既に結構な渋滞。
やはり東名は早めの時間に動くのが良いようです。



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。