amataro's note


In 04 2006

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


28
Category: Audio   Tags: ---

スポンサーサイト


28
Category: Audio   Tags: ---

VRDS-25Xs

世の中にはAudioが趣味って人が結構いるようだ 売っている雑誌も結構いろいろある


最初は誰もがちょっと音が良くなるのならと思い足を踏み入れ泥沼にはまっていく 正直はまることを前提に第一歩を踏み出している確信犯的なところが誰にもあるのだと思う


その後はどこまで 「どっぷり」 はまるかは人それぞれ もちろん金銭的な制約が一番大きい 逆に言うと予算があればいくらでも良いものが欲しくなってしまう怖い世界が待っている。。。


もちろん一般サラリーマンのささやかな楽しみとして、そこそこまでしかはまってません(笑)



たかだかCDを再生するだけの為(もちろんこれだけじゃ音出ません。。。)に23万もする機械がいるのだろうか? 正直1万円のラジカセでも音は鳴る 何が違うのか? さして違わないと思う じゃなんで? んー聞いてみてもらわないと分かってもらえないと思う でも聞いてもらえば必ず分かる

後はその違いにどこまで払えるかだ


前置きが凄く長くなったが、そのCDを再生するだけの機械(CDプレーヤー)がこれ TEACのVRDS-25Xs

TEACがCDの読み込み制度をあげるために開発したVRDSというメカを積んでいる ものすごく思い 23kgある


このCDプレーヤーの前にはmarantzのCD-17Daという機種を使っていた それはそれで華やかな音を聞かせてくれて気に入っていたのだが、このプレーヤーに変えてから好みが変わってしまった


音の捉え方は人それぞれなのであくまでも私感だが、情報量が多く正確な音をすっきりと描いてくれる感じ なおかつ押し出し感もある 左右のセパレーションが良いのか定位もしっかりする どちらかというとクールな方の音なのだと思うがヴォーカルもののCDでも悪くない 


フローティング構造を一切排除したノンフロティング・メカ・ボディ直結完全一帯構造ボディ [full-bodied construction]と言うのが何よりの特徴らしい CDの読み取り精度を上げるために通常フローティング(浮いている)読み取りの部分を筐体にガッチリ固定している 上蓋を開けてみると分かるが、とにかくすべてがガッチリしたつくりだ どうりで重い訳だ。。。

でもこうしないとあの音が出てこないのだと思うと妙に納得


そしてリジットな構成の為にやはり振動には凄くシビアでちょっと近くを歩いただけでも音飛びする そもそも標準のスパイク+受けは評判が悪く、まずとにかく取り替えろということだったので、TAOCのTITE-25PINとJ1 Project青で支えている





オーディオリプラスの石英インシュレーターやBlackMetalなどが良いとされているが、インシュレーターに数万かける勇気がなし。。。

とりあえずはこの組み合わせで可も無く不可もなくといったところだ いつか石英は試して見たいなぁ


25
Category: 日記   Tags: ---

Prestige country club

時に土日の休みもなく働くこの職種に着いた自分を慰めるべく、代休消化に励んでおります

いやいや。。。たまたまボスと同僚と飲んでいたときにゴルフに行きてーなーって言ったら「2人で休んで行ってくれば?」って言われたんでもうシッポぶんぶん振って速攻予約! 

いやチーム5人でそのうち2人休みってーのはある意味うちのチーム的には危機な訳でなかなかそうそうは行けないわけですよ でもボスが良いって言うんで(喜喜喜)

インターから近くてコースも面白くクラブハウスも綺麗なプレステージカントリークラブ(栃木県)によく行くのだが普通土日だとやはり高い でもさすがに平日、普通のゴルフ場ぐらいの安さ(ん?安いのか?)

いつもの3人で集まり高速に乗ったもののかなり雲行きは怪しく、埼玉を超えた頃には結構降り出し栃木に入った頃にはかなり大雨。。。 

そうそうこんな感じむかし俺が雨男だった頃は。。。

まーまースタート時は小雨ぐらいでこんな感じ




前半終わりいつものスコアの悪さに凹みながら昼食を食べ後半戦 1ホール終わる頃にいきなり雲行きが怪しくなり、2ホール目で近くに雷が落ちた。。。 

「命がけゴルフ」


いや普通止めるでしょ でもその前のドライバーナイスショットだったんだよなぁ。。。

回って来たマーシャルに「これって出来ますかねー?」って聞いたら、お前死ぬぞコラって感じの顔だったんで流石に退散

直後に大雨 雨? ん? んん?



そう恐っそろしいぐらい雹(ひょう)が降って来た



しかもものすごい数。。。 で10分後にはこんな感じ。。。



をいをい玉見つからんだろこれ。。。 しかもグリーンは



いやもはやグリーンの面影無くゲレンデの様相の栃木県地方で途方にくれること20分、やみましたがなこれ しかもその後焼けるほどの晴天 栃木県あなどれませんがな

え?スコア? 



ボーリングだったらぼちぼちってスコアです(号泣)



23
Category: 日記   Tags: ---

Outlet Crawl

週末はアウトレットめぐりで神奈川、静岡と行ってみました


まずは厚木にあるノリタケ(陶器)のアウトレットへ行ってみました。 どうも工場直営らしく、工場の敷地内にアウトレット含めていくつかのお店が並んでいました。


 


携帯のカメラではどうもうまく撮れなかった。 んーしかしさして面白くもなかったかなぁ つか多分ノリタケに興味が無かったのかもなぁ


でせっかく厚木まで来たんでその後御殿場のアウトレットまで足を伸ばしてみた。 厚木からだったら30分ぐらいだったし。

で、結局夕方ぐらいについて弊店の7時まで駆け足で店から店を回って、閉店まじかのコールハーンに飛び込み3足購入! 一足はかみさんの分を買わされました。。。



しかし全部市価の半額なんでそれでもかなり元取った気分


なぜか土曜の上りなのみ東名は空いていて1時間ちょっとで帰宅 なかなか有意義な買い物デーだった



20
Category: Car   Tags: ---

M3

車のバナー作っておきながらぜんぜん車の話をしてないのでちょっとM3の話を
 
前車のZ4から比べると同じメーカーの車かと思うほど違う 確かにコンセプトもターゲットユーザーも違うからそうあるべきなのだろうが、どうも最近のBMWには一貫性は感じられないなぁ
 
ともあれM3はやはりFun carである 先代E36、先々代E30と比べるとおとなしい車になってしまったように感じていたが、やはり踏めばM社が作った車であると実感する
 
最初の印象は 「重っ!」 って感じだった 確かに車重は増えているし大きさも大きくなっているが、最初にクラッチをつないだ瞬間は想像以上に鈍重な印象を持った
とろとろ走り始めてもはやり重いという印象は変わらずで、3000、4000rpmほど回してやると3.2L並みのトルクをもって前に進む 消して遅くはないがMとしての印象とはかけ離れているものだった
 
あとフライバイワイヤーはどうしても気になった ホントにほんの少しのラグなのだろうけど、たとえコンマ1秒であってもやはりアクセルを踏んで回転が上がるまでの間に若干のタイムラグがある Sportsモードを押すことでだいぶ紛らわすことはできるが、アクセルペダルとエンジンが直結している感覚はE30のM3より薄い
 
とネガティブなことばかり書いたが、4000rpmから先で印象がガラッと変わる だてにEngine of the year awardの3L-4L部門で5年連続1位になっているわけではないことを実感する
誰かが言っていたが4000rpmを超えるとまさにエンジンが吼える エンジン音もそうだが高周波を伴ったビリビリするエギゾーストを伴って8000rpmのレッドゾーンまでトルクの落ち込みを感じる間もなく吹け上がる こればかりは言葉ではとても説明できないが、とにかくとんでもないエンジンだと思う

はやりバイエルンのエンジン屋魂は健在だった

 


4000rpm以上をキープすれば車の重さを意識することなく振り回せる 基本的にはアンダー方向だが思った以上にフロントは入っていく感じだ 自分の腕ではとても車のポテンシャルを引き出すまでには至らないが、それでも十分楽しむことはできる
 
「駆け抜ける喜び」をホントに味わいたいと思う人には間違いなく薦められる一台だと思う


全然自分の車の写真を撮る機会がないので、ディーラーから落としてみました


19
Category: 日記   Tags: ---

Tokyo Tower

どっかのニュースで言っていたが東京タワーがもう一本建つらしい で、墨田区に決まったそうだ


 
墨田区と東武鉄道は3月31日、第二東京タワーの建設地が墨田・台東地区に決まったと発表した。2008年度着工、2011年度に開業する。

建設の事業主体は、東武鉄道が中心となって設立する事業会社で、07年度までに設計を完了し、08年度に着工。11年7月には完成させる予定だ。

計画ではタワーの高さは約610mで、世界一高いカナダ・トロントのCNタワー(高さ553m)を抜く。構造は鉄骨造と鉄筋コンクリート造を組み合わせたものだ。事業費は概算で約500億円としている。


うむ、地上610mってのはどんな高さなんだろう って高所恐怖症には縁のない話かも。。。

でもちょっとデザインいまいち?


17
Category: ブログ   Tags: ---

sweets

筋金入りの”甘党”である 人に気持ち悪らがれるぐらい食べる 糖分がないと生きて行けないと思う いや本当にそー思う


酒のつまみにケーキでもOK 朝からケーキはwelcome 洋も和も全然大好き 自分でも不思議に思う。。。


普通お酒の飲みすぎとか食べすぎで炭水化物が糖に変換され、血糖が慢性的に高くなりいわゆる 「糖尿病」 ってやつになるんだろうが、自分の場合はダイレクトに糖を摂取しているんで、間違いなく普通の人より駆け足で 「糖尿病」 に向かっていると思われる


幸いジムに行っているおかげなのかそれとも特異なカラダなのか健康診断上で以上はまったく見られず、健康優良児のハンコをいつも押してもらっているからあまり心配はしていないのだけれど、多分いつかは「糖分ひかえてください」と言われるようになるのだろうか。。。 


せめてそう言われる日までの間に一生分食べておこうと思う



「ダロワイユ」のモンブランである  


こう甘いものばかり食べているとよく "甘いものにはうるさいのだろう” と思われるのだが、まったくそんなことはなくむしろ庶民的なスイーツを好むようだ(自己分析)

モンブランはなにより好きだがどうもこのダロワイユのモンブランは上品過ぎる これなら「モンサンクレール」のモンブランの方がよっぽど好みだった もっといえば自分には「コージーコーナー」のモンブランで十分である


実際「コージーコーナー」のシュークリームはコストパフォーマンスはすこぶる良い あの値段であの多きさは”甘党”にはたまらんと思う



あと「どら焼き」がなにより好きだ♪ 特に うさぎや のどら焼きなら朝昼晩ご飯の変わりでもいいと思う


はぁ したのコンビニに糖分買出しにいってきまーす



14
Category: お気に入り   Tags: ---

OLOVIA

今日は最近のheavy rotationのCDについて書いてみようと思う


あまりシンガポールのシンガーというと思い浮かばないが、多分イメージとまったく違うと思う 2004年のワールドカップの予選でシンガポール国歌を歌ったとかで知っている人がいるかも知れない


olivia


この"a girl meets bossanova"はメジャーな曲をボサノバ調でカバーしたOLIVIAのデビューアルバム 比較的ありがちな構成だけど一度聞いてみると彼女の声の透明感やすがすがしさ、しなやかさが染み渡るアルバムです いやぁ久しぶりにはまりました

聞きながら眠れることがいいCDの条件です これはかなり眠れますよ(笑)


メジャーではないのであまり店頭では見かけないかもしれないけど、Amazonにはあるので興味があったら是非!




12
Category: ブログ   Tags: ---

clean desk policy

Clean Desk Policyってものがあって、あまりに机が汚いと机に "きれいにしましょう”みたいなシールが朝来ると貼ってある  


で、いまの机はこんな感じ


まだかなりきれいなほう。。。

右のほうにはかなりの紙の山が積んであって、左の方にはファイルが でもこれでも他の人に較べるときれいな方だと思うんだけどなぁ


たまに思い立ってきれいにするんだけど1週間持たないし、周りにモノがないと不便だし でもなーんもない机にあこがれるなー


10
Category: ブログ   Tags: ---

fever

週末はとてもよい天気だったので、新山下の用事の帰りにちょっと山下公園を散歩してみた


さすがに天気が良かったから混んではいたものの、なんかほのぼのでたまにはこんなんもよいなぁと思った



仕事の忙しさとか大変さを物欲を満たすことに置き換えてきた何年間かを振り返ると、何が本当に人を満たすのかを疑問に思う 欲しいものの為に時間を割いて働くのか、フリーな職業につき時間を手に入れるのか 大抵は現状の環境を変える事に抵抗を感じそして同じベクトルの延長線上を進むのだろうと思う


すべてはバランスなんだと思う そしてそのバランスを欠いている認識が麻痺している世の中に軋轢を感じる


ん---熱あるな。。。 帰って寝よう。。。




1
2
6
7
8
9
11
13
15
16
18
21
22
24
26
27
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。