amataro's note


In 09 2006

26
Category: お気に入り   Tags: ---

akiko

Akiko


 


Jazz vocalとしてはあまり知名度がないのかも知れないが、ニューヨークでの名門Jazzレーベル”ヴァーヴで認められファーストアルバム "GIRL TALK"はスイングジャーナル誌選定 "ゴールドディスク"にも選ばれている。


"akiko's holiday"はJazz Standardをアレンジしたカバーアルバム。 Moodyな曲からアップテンポのものまで全曲楽しめます。 特に好きなのが2曲目の "Come Rain or Come Shine"と3曲目の "Easy Living"。

Come Rain or Come Shineはもうただかっこいい! まず何より歌がうまい(当たり前だけど)に加えてリズム感にあふれるこの曲はテンションあがります。 "Easy Living"はある意味対極のスローでメローな曲。 これもMoodyですごく良いです。


1. My Man
2. Come Rain Or Come Shine 4:54
3. Easy Living
4. Body And Soul
5. What A Little Moonlight Can Do
6. Good Morning Heartache
7. Let's Call The Whole Thing Off (Interlude)
8. Love For Sale
9. Don't Explain
10. Gee Baby, Ain't I Good To You
11. God Bless' The Child
12. You've Changed 5:24


GIRL TALKもMood Indigoも好きなので、また別の機会に紹介しようと思う

スポンサーサイト


23
Category: Car   Tags: ---

BPS hight

足回りを交換してからかれこれ3000kmほど走り、アッパマウントも十分馴染んだと思われるので、一度アライメントを取りに横浜に行って来た

その際に前からちょっと気になっていたリアの車高も調整してもらった

 

同じ場所で撮ったとは思えないほど色が違うが。。。、左が調整まえ、右が調整後
リアのみ車高を10mm上げてもらった たかだか10mmとは思えないほど印象が変わるものだ

これで、純正からフロント-30mm、リア-20mmの設定 前後ともにタイヤがタイヤハウスにかかる位の良いバランスになったと思う 

当面このバランスで乗ってみようと思う

しかし写真の取り方なんとかしないとなぁ


21
Category: Car   Tags: ---


21
Category: Car   Tags: ---

oil

週末にやっとオイル交換を行った。 最近のBMWは純正指定がロングライフのオイルらしく、20,000kmぐらい無交換でいけるらしいが、やっぱり精神衛生上よくない。 というかMに関しては多分ロングライフのオイルは使ってないのではないだろうか。。。 それぐらいの知識は持ち合わせてないといかん。。。



今回はクルマ屋をやっている友達のところでまとめて仕入れてもらったNISMOの高性能オイルを分けてもらった。 粘度は5/50 4500/円Lぐらいなのでまあまあいいオイルだと思う。 正直あまり銘柄にはこだわりがない。



 

で、もちろん自分で入れ替えるのでジャッキアップするのだけど、フロントを上げるときにどこにジャッキを当てればよいのかが良くわからず、変なとこを凹ましたくなかったので、通常のリフトであげた。 またここでも問題で、車高が低くてリフトの足が車体の下に入らないという問題。。。 純正から前後3cmダウンでも結構低いみたいだ。 しょうがないので、タイヤの下に木片を挟んで何とかクリアランスを確保してやっと持ち上げられた。



オイルを抜いて入れ替えたオイル量は5.5Lぐらい。 思ったほどオイルを食わないエンジンのようだ。 オイルフィルター込みで6Lほどだろうか。



はやり交換直後はフリクションの少ない回転を感じられて、やっぱりオイルは安くてもまめに変えないといけないなぁーと感じた。 特にMのエンジンなどはその辺シビアにできているだろうからなおさらだ。



次のオイル交換目安をメモに残しておいた。





16
Category: 日記   Tags: ---

Level Up!

タラララッタラ~ レベルが上がりました♪

どうも納得がいかずに「築地そばアカデミー」基本4回コースに申し込みをした 一瞬開業コースにしようかとも思ったのだが、さすがに人生踏み外しそうなんでとりあえず基本コースってことで

特に行く日とかは決まっていなくて、毎回テーマごとに興味のあるもを予約する形のようだ 

まず第一回は「のし」 面体を伸ばすことですな とはいえ、一回のコースは最初から最後まで一通りのプロセスは踏むので、一回分の蕎麦を打つことにはなる とくに重点的に「のし」を勉強しましょうってことですな

今回学んだのは、確かにのしもあるのだが、水回しの重要さ (注)水回しとは蕎麦粉と水をまんべんなく拡散すること
このプロセスが蕎麦打ちの9割を占めるといっても過言ではないそうな 確かにここのところのプロセスは本やDVDでは見ていたけれども、かなりおろそかであったことを実感

後は加水率のシビアさ (注)加水率とは蕎麦粉に対して水を何%加水するか

通常、蕎麦粉ごとに42から45%ぐらいの加水率で二八を打つことが多い 粉によって若干ことなる (注)二八とは蕎麦粉8割に対して小麦粉2割の割合のこと これを内二といい蕎麦粉10に対してその2割の量の小麦粉を足すのを外二という

通常許容値は3%とされているが、この時期は湿度が高いので+1.5%の部分はNGと考えると、残りの許容値は1.5% mL単位の水を正確に計らないといけない 

で、今回打った蕎麦はこれ



やはりのしはかなりの経験を必要をしそうだが、まあまあの出来だと先生に褒められました

残念ながら蕎麦の香りはちょっと薄くいまいちな出来ではあったけれども、のどごしは今まで打ってた蕎麦はなんだったんだというぐらい激変 何より途中で切れることがない包丁の長さの蕎麦ができることはやはり基本だ

ということでもうちょっと学んだらまた蕎麦会を開催しマース  


11
Category: 日記   Tags: ---

Mandarin Orienta Oriental Lounge

土曜日にマンダリン オリエンタルのORIENTAL LOUNGE のアフタヌーンティに行って見ましたん


香港のマンダリンには泊まったことはあったけど、これといって普通のホテルだったんであまり期待はしていなかったのだけど、行ってみたらなかなかシックなホテルで思ったよりも良かった


香港は今改装中らしい オフィスのすぐ隣にFour Seasonsができてしまったんで、最近はみんなそっちにするみたいだ


で、アフタヌーンティーは思ったよりもヴォリュームがあり、紅茶はすべてポットではなくカップで出てくるもんで、あれやこれやと5杯ぐらい飲んだおかげでランチ抜きにもかかわらずお腹いっぱいになった


最初はサンドイッチ、サーモンとアボガド、生ハムとリンゴ、きゅうりとハム(だったかな。。。)
 


次はスコーン プレーンとクランベリー (ちなみにお代りありらしい)

 


途中で口直しがでて、最後デザートいろいろ(よく覚えてない。。。)


 


いくつかハズレもあったが、オリジナルのお茶がおいしかった 確か烏龍茶とプーアルがベースのライチの香りがついた「エキゾチックなんたらかんたら」とかいうやつ (さっぱりこれじゃぁ分からんですね)


 


なんでもなかなか予約が取れんらしいのだけど、当日電話してOKだったりして....




09
Category: ブログ   Tags: ---

odoroku PANDA

んーなんどみても笑える 「おどろくぱんだ」

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=VSs52pA7/x:bZhgVX:ia:iGXdGyAyAc60YAgWST9mIIWG:RNgbbi:z7:5mte2J75aff/CimSam


06
Category: お気に入り   Tags: ---

Shibata Jun



たぶんこのCDを聞きたいと思うときは疲れているときなんだと思う 元気な時にはあまりお奨めしません(笑)

最近はCMなんかでも見かけたりするようだけど、基本的にすごく地味ですかね 曲もやはり地味ですね(笑)
でもこの透明感のある声はすごく好きですし、歌も当たり前だけどうまいです なんかこう独特の癖がいいのかなぁ

お疲れのときにどうぞ

「わたし」

1. おかえりなさい。
2. 白い世界
3. ゲーム
4. あの夏
5. ちいさなぼくへ
6. いつか王子様も♪ ~拝啓、王子様☆続編~
7. 道端
8. また明日
9. 幻
10. 一人暮らし
11. わたしの夢


02
Category: 日記   Tags: ---

Saturday office

週末に仕事があるときは必ずと言っていいほど天気がいい


まして大手町なんぞは土曜日に人はほぼいないので現実離れ感がある どこぞの海外の街に来たかのような感じがする

嫌いではない 仕事がなければ。。。


  




1
3
4
5
7
8
10
12
13
14
15
17
18
19
20
22
24
25
27
28
29
30

top bottom