amataro's note


In 07 2008

29
Category: ブログ   Tags: ---

after the dawn

どうもこの日は雲が厚い日のようで、田貫湖では富士山が拝めなかったので139号を北上し朝霧高原を経由してあてもなく本栖湖にたどり着きました

本栖湖周辺にはテントを構える人たちが結構いたのですが、まだこの時間では起きている人もあまりおらず、静かな湖畔の様相でした



なんとも変な天気の明け方ではありましたが、水辺は結構涼しいもので湖畔を一周しつつところどころ車を止めては何枚か写真を撮ってきました 本栖湖を一周できる道があるにはあるのですが、あまり楽しめるような道ではなく、むしろ車では行かないほうが良いかも知れません

本栖湖からまた139号にもどり北上、精進湖を境に右に折れまだ車が走り出さない時間帯、緑の中を結構なペースで走り抜けれました



ちょうど富士山を回るような形で中央高速、河口湖インターから家路と向かいます

この時間では登りの交通量もさほどなく、おおむねマイペースで高井戸インターまでストレートに走れました
なんとも奇妙な時間帯のドライブでした どちらかというと走ることよりも写真を撮ることが目的だったのですが、とはいえ思うようなシチュエーションでは撮れなかったのが心残りでした

さすがに日が明ける時間帯が夏場は早すぎるので、再度秋口ぐらいにトライしてみようかと思っています

スポンサーサイト


22
Category: 日記   Tags: ---

silence

世間は3連休だったようですが、初日のみ仕事があったため実質日、月と休みでした この暑さと混みようではどこに出かけるという気にもならなかったのですが、以前に見たとある写真が気になり日曜日に同じところまで写真を撮りに行きました

山梨県の富士山のふもとにある田貫湖というところなのですが、ここはダイアモンド富士(富士山のてっぺんから日が昇る)写真が撮れるところで有名だそうです ちなみにそれが撮れるのは4月と8月の特定の日だけのようで、今回は普通に朝焼けを目指しました


大きな地図で見る

普通に考えればそうなのですが、冬場は夜明けが早い。。。 調べてみたところ4時40分日の出(汗;
家からですと東名、西富士道路と経由して片道約150km ということで3時に出発です (←いったい何やってるんだか。。。

特に迷うことなく何とか日の出前に到着はしたものの、やっぱりこの時期は靄がかかっていますね 靄というかドン曇り
それでもとりあえず富士山が見えるはずの方向に三脚を立てて何枚か撮ってみました





周りは鳥の鳴く音と時々魚が跳ねる音、あとカエルの鳴き声ぐらいです 

もうちょっと暗い時間から長めのシャッタースピードで撮りたかったのですが、ついた頃にはうっすらと明るくなってきているところで、あまり長時間露出では撮れませんでした
うちのパソコンだと暗い部分の陰影が出ているのですが、他のパソコンで見てみたら結構暗い部分がつぶれてしまってますね・・・ ブログ用にはもうちょっと露出高めの絵の方がいいみたいです
あと、やっぱりちゃんとした三脚が欲しいなぁと思いました あまりしっかり構えて撮ることはないんですが、こういうときはやっぱりしっかりした三脚があると頼もしいです

結局終始曇りのまま富士山は拝めず、そのまま帰るのも癪なので富士五湖を回って帰ってきました

そのときの写真はまた次に載せてみようと思います


19
Category: Audio   Tags: ---

Harmonix HS-101 improved

またしてもHarmonixです スピーカーケーブルはだいぶ良い方向に音が伸びてきたので、RCAも同じメーカーの同グレードに変えてみました



HS-101という型番ですが、Improvedということでグレードアップ版になります メーカーのコメントを借りると

世界初、究極の低電磁波ケーブルとして国内外のオーディオ界で話題をさらったHS-101。その音色の素晴らしさは、現在でも海外の専門誌によって最高の評価を受けています。そのHS101をさらにグレードアップしたのがこのimprovedです。HS101-improvedは、HS101の技術をそのままに、さらに全帯域をを一回り豊かに再生するよう改良したもので、以前にもまして一層濃密な情報再生、そして豊かでデリケートな表現をします。導体は一方向性結晶高純度無酸素銅(PCOCC)撚り線。 シールド処理及びチューニング加工済み。

ということで期待しつつ、今まで使っていたOrtofonのReference 6NXから交換して見ました

第一印象はReference 6NXと比べると音が薄いという印象です 2,3曲聴いて戻そうかと思いました 音楽がまったく面白くないのです。。。 これはスピーカーケーブルの方向性とも共通しますが、音が整ってバランスよく出ているということなのだと思います しかしヴォーカルものはとても綺麗に聞こえるもし、定位感も音の粒のそろい方、広がりもとてもよいのですが、物足りなく気持ちよく聞ける音ではなくなってしまいました



こればかりは音の好き嫌いですが、そう考えるとOrtofonのRCAの音は自分の好みでありコストパフォーマンスが良いと思いました

Ortofon Reference 6NX 1m 定価 16,800円
Harmonix HS-101 Improved 0.75m 定価 56,700円

急いで結論を出す必要ものないので、当分この組み合わせで比較をしてみたいと思っています
しかし、分かってはいるもののRCA 1本にここまで音の支配力があるのには結構驚きました


16
Category: 日記   Tags: ---

梅雨?



しかし何とも煮え切らない天気が続きますが、梅雨はいつあけるんでしょうか? でも明けたらとてつもなく暑くなってしまうのでしょうね
んー涼しいところに避暑に行きたい今日この頃です


13
Category: Car   Tags: ---

久しぶりに

何に当たったのか分らんのですが、木曜からのたうちまわるような腹痛に襲われ会社を休み、金曜は何とか出社したもののいまいちの調子で土曜日に朝目が覚めたらいい天気です・・・ んーしばらく走ってないなぁと思い、万全の体調ではないものの西へと向かいました




7時前のターンパイクはまだ交通量も少なく、特に詰まることなく大観山パーキングまで一気に上りました 相変わらずターンパイクはアベレージスピードが速いので気を使います せっかくの天気なので富士山を写真に収めるべく取り出したデジイチのバッテリーは切れておりバックアップで持ってきていたGX100で何枚かとりました。。。








やっぱりこういう風景は一眼レフで撮りたいところですが、なぜにこんな時にバッテリ充電していないのか。。。

一服したのちもう一周ぐらい回ろうかとも思ったのですが、往路臨時料金所もできてしまったので先に進むべく、椿ラインを下ります

今日はバイクな人たちが多く、道幅の狭い椿ラインはセンターライン越しにハングオンで上ってくるバイクに気をつけつつ、湯河原方面へ下っていきます 毎回椿ラインを走る時は霧なのですが、今回はウエットなところも少なくクリアでした

湯河原駅を通り越して南に向かい海岸線を真鶴道路で小田原まで戻ります 走り足りない感じではありますが、まあ本調子でもなかったので、賞味3時間強のドライブでうちまで帰りました

前回のトレーニングからだいぶ経っているので、7月か8月に都合の付くトレーニングに茂木まで行ってみようかと思ってます


13
Category: 日記   Tags: ---

Ginger



ご主人様の上が一番のお気に入り ちなみにGingerはショウガ色だから。。。


11
Category: Audio   Tags: ---

Harmonix HS-101

CDプレーヤーのアップグレードを検討してからいろいろ聞いてはいるのですが、やっぱりいいものはいい、そして高いという当たり前の結論に至っております

で、やむを得ず前々から変えたかったスピーカーケーブルを交換してみました

今まではAudioQuestの切り売りケーブルBedRockに両端Yラグをつけて使っていました 約1年半ほど使ったと思いますが、とてもコストパフォーマンスのよいケーブルであると思います 特に大きな不満もなかったのですが、半田付けしていたYラグが浮いたのが原因か、どうも定位が左に偏る傾向があったので再度半田付けをし、そのあたりからなんとなくケーブルのグレードアップを検討し始めました

AudioQuestの音の傾向は自分では好きな方向で、あまり味付けもなく中低域がしっかりと締まってくれる音だったので、AudioQuestの上位シリーズも検討したのですが、最終的にはHarmonixを試してみたくなり、Harmonixの HS-101というスピーカーケーブルを手に入れました

 なんとも木箱に入ってきました



Harmonixというメーカーはどちらかというとアクセサリー等で有名なメーカーで、あまりケーブルとしての評価を聞かなかったのですが、このHS-101というのは結構売れたシリーズのようです
メーカーのホームページでの説明では

PCOCC 導体、Yラグ端子もPCOCCムク削りだし材+金、ロジウムメッキを施したスピーカーケーブルの自信作。繊細かつエネルギッシュな音は音楽の表情をあますところなく再現。徹底して方向性を管理する手法は他のハーモニックス製品と同じで、導体ばかりでなくYラグ端子まで信号の流れる向きを揃えています。

ということで、確かにしっかりとしたYラグ端子が付いています

十分BedRockの音を聞いた後に交換して音を出してみました 

第一印象はスッキリした音になったなぁという感じでした 音数が減っているのではなくむしろ全然音数は多いのですが、一つ一つの音を整理して綺麗に並べられているようなスッキリ感です 下から上まで満遍なくバランスよく音が出ている感じで、解像度は明らかにBedRockより高く、ヴォーカルは小さな口で中央にビシッと定位します
正直ちょっとつまらない音、クールな音になってしまったのですが、HiFi (High Fidelity) 的な要素から言うと結構なグレードアップではあります 妙な艶っぽさや華やかさは薄れましたがリアルさはかなり上がりました

良い方向には向かっているので当面いろいろなCDを聴き直してみようと思います




08
Category: Camera   Tags: ---

梅雨




なんだかぱっとしない天気が続きますね 梅雨だからしょうがないのですが、なんだか今年の梅雨は蒸し暑いようでどうも寝苦しい毎日です


05
Category: Audio   Tags: ---

TSUNAMI NIGO


久しぶりにオーディオです
スピーカーケーブルのアップグレードを検討しているのですが、なかなかこれというものに絞り切れず、とりあえず今回は低域の量感をもう少し出したいと思いアンプの電源ケーブルを変えてみました

自作の強い味方「オヤイデ電気」から発売しているTSUNAMI NIGO@5,040円/mを1.5mほど買ってみました

TSUNAMIは津波のように押し寄せるというところから名前がついたようですが、一体何が押し寄せるのか。。。
とにかくまずは電源ケーブル作成です


しかしなんといってもまず太いです そして固いです




今回は松下のホスピタルグレードのプラグとオヤイデ電気で出しているインレットを使いました・・・がこのインレットではケーブルが太すぎて使えないことがわかり、FURUTECHのインレットに変更しました













完成です 今回は保護チューブもスミチューブも使わずケーブルだけを直接繋ぎこみました しかしケーブル自体もそうですが、芯線も太いので挟み込むのに結構苦労しました





今までもオヤイデ電気のL/i50を使っていたのですが、それをTSUNAMI NIGOと交換してアンプに入れてみます そもそも家の電源環境は一軒家ということもあって悪くはないので、電源で大きく何かが変わったことはないのですが、今回も繋ぎ換えてすぐはほとんど差を感じませんでした

とりあえずCDをかけっぱなしにして3時間ほどアンプを十分温めてからもう一度聞いてみます 
それでもやはり大きな変化ではないのですが、気持ち周りが静かになったような感じ、S/Nがあがった感じでしょうか、ボーカルのリアルさが1割増という感じです

電源でこんなに音が変わりましたというレポートをよく見ますが、どうもうちには当てはまらないようです でもまあ1割でも良い方向には向かっているようなのでよしとします


02
Category: Car   Tags: ---

ワイパー交換


なかなか大きな変更もない今日この頃ですが、梅雨の時期を考えてワイパーを交換してみました 

というのも、ガラスの撥水加工をしてもらってからワイパーが引っかかるのか拭き残しが出てくるようになりました いろいろ調べてみたところ、撥水加工をしたガラスにはそれ用、もしくは抵抗の少ないワイパーブレードが良いようです

探してみたところPIAAの「超強力シリコート」という製品がよさそうなので、購入してみました
それ以外には最近流行のフラットワイパーも検討してみたのですが、撥水加工に対応したものが見当たらなかったので今回は見送りです

E46 のワイパーは純正がBOSCHのフレームになっており、長さが580mmと500mmというものですが、これに対応するブレードはBOSCHしかありません ただ長さとブレードの幅(6mm)、台形という条件を満たせば他のブレードも使えるということなので、今回はPIAAの500mm、700mmのブレードを購入して、700mmは580mmに切って取り替えました 残念ながらPIAAには580mmという長さの製品はないのですが、ゴム部分を切り落として純正の金属のガイドを流用することで問題なく付きました

交換後はもちろん引っかかりも拭き残しもなくなり、綺麗に雨を掻いてくれます 特に雨の日は撥水とワイパーの性能でだいぶストレスが減りますね

次はリアウィンドウとサイドウィンドウの浸水加工をしてみようかと思います



1
3
4
6
7
9
10
12
14
15
17
18
20
21
23
24
25
26
27
28
30
31

top bottom