FC2ブログ

amataro's note


In 07 2008

05
Category: Audio   Tags: ---

TSUNAMI NIGO


久しぶりにオーディオです
スピーカーケーブルのアップグレードを検討しているのですが、なかなかこれというものに絞り切れず、とりあえず今回は低域の量感をもう少し出したいと思いアンプの電源ケーブルを変えてみました

自作の強い味方「オヤイデ電気」から発売しているTSUNAMI NIGO@5,040円/mを1.5mほど買ってみました

TSUNAMIは津波のように押し寄せるというところから名前がついたようですが、一体何が押し寄せるのか。。。
とにかくまずは電源ケーブル作成です


しかしなんといってもまず太いです そして固いです




今回は松下のホスピタルグレードのプラグとオヤイデ電気で出しているインレットを使いました・・・がこのインレットではケーブルが太すぎて使えないことがわかり、FURUTECHのインレットに変更しました













完成です 今回は保護チューブもスミチューブも使わずケーブルだけを直接繋ぎこみました しかしケーブル自体もそうですが、芯線も太いので挟み込むのに結構苦労しました





今までもオヤイデ電気のL/i50を使っていたのですが、それをTSUNAMI NIGOと交換してアンプに入れてみます そもそも家の電源環境は一軒家ということもあって悪くはないので、電源で大きく何かが変わったことはないのですが、今回も繋ぎ換えてすぐはほとんど差を感じませんでした

とりあえずCDをかけっぱなしにして3時間ほどアンプを十分温めてからもう一度聞いてみます 
それでもやはり大きな変化ではないのですが、気持ち周りが静かになったような感じ、S/Nがあがった感じでしょうか、ボーカルのリアルさが1割増という感じです

電源でこんなに音が変わりましたというレポートをよく見ますが、どうもうちには当てはまらないようです でもまあ1割でも良い方向には向かっているようなのでよしとします

スポンサーサイト





1
3
4
6
7
9
10
12
14
15
17
18
20
21
23
24
25
26
27
28
30
31

top bottom