amataro's note


In 03 2009

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


29
Category: Audio   Tags: ---

スポンサーサイト


29
Category: Audio   Tags: ---

夜な夜な

amataroのあれこれ
スピーカーを抱える私。。。 いや、別に怪しいもんじゃございません(汗;

久しぶりにオーディオ関係の話を

スピーカーの設置位置を変えるために、夜な夜なスピーカーを移動しておりました とはいっても数センチ刻みで十数回のトライアンドエラー これで結構聞こえてくる音が変わるんです 

現在の設置状況は床面から

5mm厚程の切り売りのカーペット > 3cm厚の御影石 > acoustic revive スパイク受け > スタンド(acoustic revive RSS-502) > インシュレーター J1青 > スピーカー

となっています

ここに行きつくまでにはいろいろと試行錯誤がありまして、とっかえひっかえやってきた組み合わせであります
何一つ変えても音は変わるのですが、やはり一番大きなところではスタンドでしょうか
ブックシェルフ型のスピーカーはやはり足元を固めると音がしっかり締まってきます

設置に関しては音の好みや部屋の形状、ライブ、デッドな部屋等、あまりにも要素が多すぎてこれが正解というのはありません
好きなように置いてみて気に入るまで聞き込んで動かしての繰り返しです

一般的にはスピーカー裏面から壁までは50cmぐらいの空間を作ってやった方がいい結果を得られます また壁面に平行にスピーカーを置くと定在波が発生しやすいので、基本的に壁面から角度をつけて(リスナー側に向けて)設置します

このリスナー側に向けることを内ブリといいますが、この角度によってだいぶ聞こえてくる音の印象が変わってきます
内側に向ければ向けるほど中央に音が定位するようになり、ヴォーカルなどをメインで聴く人に好まれる設置方法です
またこの内ブリ角度を減らすほど音に広がり感が出てきます(直接届く音が減り、反射音がいろいろな方向から耳に届くため)

このあたりを気にしてスピーカーを設置してあげるとだいぶ違った印象になってくると思います

ルームチューニングはとても難しく、とんでもない計算式がたくさん存在します
考え出すときりがありませんが、あまり細かいことを気にせずに、聞いては位置を変え、聞いては位置を変えのトライ&エラーで追い込んで行くしかないのだと思います

かれこれ3年ぐらい位置を追い込んでますが、未だにこれという設置位置には至っていません その時その時はベストと思っても、まだまだ良くなる余地があるのですね

地味ではありますが、フォーカスが少しでも良くなった音を聞くのはとても気持ちが良いものです

ちなみに変更した後の設置位置は、スピーカー裏面から壁まで52cm、スピーカー間の距離175cm、内ブリ角度約30度というところで落ち着きました 

最近のリファレンスCDとしているoliviaのGirl Meets Bossa Nova 2 をかけながら調整しましたが、調整後はスピーカー裏2mぐらいのところにちょうど定位するようなボーカル位置となり、また実在感がだいぶ上がりました

ただ、このセッティングはボーカルもののCD以外はたぶん全然ダメなんだろうなぁと想像しています


しかし夜な夜なスピーカーを抱えて移動している私は、はたから見たらおかしな人に映るんであろうと思いました < 否定はしませんが...


24
Category: Car   Tags: ---

復習とレビュー

先日参加したドラトレですが、復習とレビューです   と偉そうな事いいますが、一個人の独り言として記録に残しておこうと思います

まずタイヤ(PS2)の個人的な感想ですが、ドライ、ウエットともに悪くはない印象です これ以上のハイグリップタイヤを履いたことがないので分かりませんが、これぐらいグリップしてくれれば私としては十分かなと (050はZ4で履いていたことがありますが、ランフラットだったのでよい印象がありません)

コーナリングで破綻するまでの限界はかなり高い方だと思います  
ドライ、ウエットともに感触というかフィードバックがとても近いというのも個人的には良い印象です 滑り出しも分かりやすく、フロントが外に逃げていく限界点やリアが滑り出すまでのグリップの限界もつかみやすかったです

ネガティブに感じたことは横方向のグリップに対して縦方向が結構唐突に破綻することでした これはタイヤの性能というより私の運転能力のなさが主だった原因(いやすべてか。。。)ですが、ブレーキングで縦方向にグリップを失うことが多かったように思います


次にDSC(Dynamic Stability Control)ですが、DSCはONとMDMモードを試しました E9xのM3ではDSCをON,OFF,MDMモードと選べ、MDMモードとはある程度ユーザーにゆだねるモードと認識しておりました

DSC ONでは滑り出したのを感じてからちょっと間をおいて制御が入る感じです ハンドル反対に切ろうかどうかというぐらいのタイミングで動力が絞られる感じでしょうか

対してMDMモードでは基本的にリアが滑っても制御が入りませんでした つたない私の運転技術で何度かタコ踊りしましたが、最後まで制御が入りません

調子に乗って突っ込んで3速から2速のヒール&トゥを失敗し、4輪とも斜め45度にズザーっと滑ったときに初めて制御が入りました もうどうにもならん、ってところで救ってくれる感じです このモードは腕に覚えがあるドライバーには面白いのではないでしょうか? 私は今後とも、もちろん常にONです、ハイ 

E46に比べ良いと思っていたシートもさすがにグリップ限界ぐらいのコーナリングGではサポート不足で、どこで体を支えてよいのやらという感じであります
一般道ではそんなことしないので十分ですが、やはりもうちょっとサポートが欲しいと思いました


今回運転移際して指摘された点が、アクセル、ブレーキをリリースする時の動きが雑であること、またハンドルを切るときも唐突なところがあるという点でした
対して良かった点がブレーキングの安定感と立ち上がりのアクセルの入れ方ということで、この点はほめられました

どうもクリッピングポイントにあるコーンに目線が止まってしまい、次のポイントまで目線が届いていないため次の動作の予測が遅れてしまい、結果急な操作となっているようであります
目線は先、そして常に次の動作を予測しながら走っていくとスムーズな運転につながりそうです


最後にE92 M3に関してですが、E46の時も感じましたが、E92 M3も車としては私の想像しうる遥か上の動力性能を持っていることを実感しました
いろいろなインプレッションからグランドツアラー的なイメージを植えつけられたM3ですが、E46と比べてもその延長線上にあるスポーツ性を持っていると思います
ただその走行性としてグランドツアラー的な乗り方も許容するフレキシビリティを与えられたことが、方向性が変わってしまったように雑誌に書かれる理由かなと思います

雑誌などを読んで今回のM3は違うなと思った方はぜひじっくり試乗されることをお勧めします ちょっと勘違いしやすい性格ゆえ分かりづらいかも知れませんが、今回のMもやはりMの系統を引き継いでいることに変わりがないことを改めて実感しました


p.s.
amataroのあれこれ
さすがに汚れました なんだかいろんなもんが着いてます

amataroのあれこれ
トレーニングに来てからリセットして、終わるまでの燃費です まーこれだけブン回したらしょうがないですね
満タンだったタンクが半分近くまで減って走行距離100km。。。 これはこれで怖い数字です。。。

ちなみにモテギから一般道40km、高速120kmそのうち渋滞10kmの家までの平均燃費は8.9kmでした


22
Category: Car   Tags: ---

active safety training

ツインリンクモテギで行われているアクティブ・セーフティ・トレーニングに参加してきました

スポーティ&セーフティIIというコーナリングワークをメインとしたコースであります 

当日はぱらぱらと小雨降るスタートとなり、モテギのゲートをくぐる頃には路面はウェット。。。 さてどうなることやら

amataroのあれこれ

このコースはE46の時にも一度受けたことがあり今回で2度目 車も変わっていることだし、何かを掴みたいと思い申込みました

ギリギリキャンセル待ちから参加のblogでお世話になっているケロさんともお会いでき、お話をさせていただきました
 
amataroのあれこれ

ミッドナイトブルー(って呼ぶんでしたっけ?)はホントいい色ですねー 実際の色はとても落ち着きのある深い色でありました
外から見ているとボクスターはとても軽くいなすようにコーナーを回っていきます 全開加速の音は乾いていて痺れるものがありますねー
オープンにしてあの音を背中に聞いて走ったらさぞかし気持ちがいいんでしょうねー うらやましいです


さて、トレーニングはハーフウェット、ウエットの路面での開催となりましたが、ある意味タイヤにもやさしく車の挙動も出やすく良かったと思います 

ケロさんに撮ってもらった外からの映像は、S字の立ち上がりでとっ散らかっている様子が遠目に見てとれました いやはや恥ずかしいものです

恥ずかしついでに、車内から撮った映像があったのでのせて見ます

残念ながら認定にあと1点届かず クリップにつけていないのとアクセル、ブレーキのリリースが唐突過ぎるとの教官のコメント その通りでありました(汗;



第一コーナーは3速ブレーキングで切り込んで行き2速にシフトダウン 2速でクリップポイントを通過しハンドルを戻しながらアクセルを開けていきます

ブレーキングポイントで140km/h超えるとトッ散らかった場合タイヤバリアまで行って(逝って?)ってしまうことがあるという脅しを受け、2速7000rpmでシフトアップ、3速パーシャルで110~120km/hぐらいの進入速度です
何度か進入でブレーキ強すぎでABS効かせて車体を滑らしましたが、結構120km/hからウェット路面でのハードブレーキング、コーナリングって痺れます

立ち上がりS字進入まで2速で引っ張りブレーキ、クリップを意識しつつ目線を先にもって行きアクセルはパーシャルでハンドルも舵角一定を心がけます
S字を抜けた所でハンドル戻しつつアクセルを開けていきますが、ここで何度もアクセル開けるのが早すぎてオーバーステア 気持ちが先に行ってしまってます。。。

立ち上がりから2速、3速と繋いですぐ2つ目のS時進入 3速ブレーキングから2速シフトダウンで最初のクリップポイントを目指しますが、ヒール&トゥが雑だったりしてずいぶんここで滑りました 見ていると皆さんここで踊ってました(笑)

2速のままS字を越え最終コーナーは舵角一定のまま抜けて終わりです


映像で見ると結構ゆっくりに見えますが、走ってる本人は結構いっぱいいっぱいでありました(大汗;
結構いろんな意味でギリギリです 常にテンパッテたという感じですね

色々と車の動きも体験することができ良い経験となりました 無論こんな走り方は一般道ではできませんが、限界を知っておいて良かったと思います


今回受講してE46との違いや、タイヤ、DSCのことなどいろいろ思うことがあったので、次あたりに頭の中がまとまったら書いてみようかなと思っています


19
Category: Camera   Tags: ---

春を探しに

寒桜を探しに行ったのですがもう葉桜になっているものがほとんどでした

amataroのあれこれ

逆にまだ梅が咲いていたりして、ちょうどさくら本番までの間なんだなぁと思いつつ、歩いて写真撮ってで気持のよい日でありました

amataroのあれこれ

もう来週ぐらいには関東でも桜がぼちぼち咲き始めるんでしょうか だいぶ温かくなってきましたし
しかし最近は風が強くて、写真どころじゃないですね

くるま洗ってもすぐに花粉で黄色くなってしまうので、洗い涯がないこの頃です


18
Category: ブログ   Tags: ---

試し撮り

何ゆえ一発目からこんな暗い写真を撮っているのか分かりませんが、どうしても「工場萌え」な状態だったんで、京浜工業地帯へ。。。

amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

工場ってなかなか近寄れないんですね。。。 いろいろ道を探してみましたが、一般立ち入り禁止箇所ばかりで結局対岸から撮りました
もうちょっと日が暮れてからの方がシャッタースピードも落とせて、工場の怪しさが出ていいかもしれません 
よい勉強になりました

もひとつ思ったのがやはりちゃんとした三脚が必要なこと これぐらいのサイズであればまあなんとか見えなくはないですがやはりブレてます
きちっとブレずに撮れるともっとシャキっとしたマテリアルの質感が出てくると思うんですよね これも良い勉強となりました


D300の感想ですが、まず機能が多すぎて理解するまでに時間がかかりそうです
操作系はD80とさして変わりないのでなんとなくで使えますが、どの機能がどう反映されるのかを理解するのが大変そう 普通に撮るぶんにはぜんぜん問題ないです
漠然とですが、シャッターを切るときの感覚ちょっと違う感じです 音も違うのですが、なんかこうガッシリ感があるというか・・・・んーうまく言葉にできないです

出てくる写真に関しては、だいぶ暗いところで持ちこたえる感じがあります 明るいところは撮ってないのでなんとも。。。 でも多分ダイナミックレンジが広がっていると思うので、白飛びもだいぶ持ちこたえてくれそうな気はします 
ノイズもやはり気持ち少ないようです

さていろいろと撮りたいと思えるようになってきたので、撮りますよ~




と、アップロードして気づいたのですが、どうもアップロードした時に画像のクオリティが落ちているような気がしてしょうがないのです
どう見比べてもコントラストが落ちているのは明らかなので、Amebaに問い合わせてみようかと思います
んーそろそろblog乗り換えるときかもです


16
Category: Car   Tags: ---

break assist



amataroのあれこれ

写真とはなんら関係ありませんが、初めて経験したブレーキアシストについて書いてみようと思います

うる覚えでありますが、たしかマニュアルのどこかにブレーキアシストについて書かれておりました < うる覚えのまま書きますが(汗;

確か加速中の状態からすぐにブレーキを踏もうとすると、危険な状況にあると車が判断してブレーキングをアシストしてくれる機能だったと思います
どれぐらいの加速中なのか、どれぐらいの間隔でアクセルを離しブレーキを踏むとそうなるのか、ロジックは分かりませんがそれと思われる経験をしました

普通に40km/hぐらいから前の車がいなくなったので加速、直後左からの割り込みがありブレーキ、という操作をしたときに、通常ブレーキの踏みシロというか遊び部分があってそこから踏力+踏み加減でブレーキが利いてくると思いますが、この場合踏みシロがなく踏んだところからブレーキが利き始めるような感じでした
ポルシェのブレーキを踏んだ人ならなんとなく分かると思いますが、踏んだところから利き始めてそこから足の裏の踏力でコントロールするような感じです

BMWの踏んだ分だけ効くというブレーキに慣れていると、ちょっと戸惑います とはいえかれこれ4000km走って初めて経験したので、そうそう普通のシチュエーションでは出てこない機能なんだと思います

ひとつ思うのは、アクセルを離し直後にブレーキを踏むという操作の間に、車が判断しブレーキラインにあらかじめ圧をかけるという操作をしているわけで、そのスピードはすでに人の判断、操作のスピードを超えているのだなぁと実感しました

先日読んだ「ドライビング・メカニズム」においても、人の神経の伝達速度について述べられていますが、人はすでに起きた過去の物事に対して判断、操作をしていると書かれていたことを思い出しました そこでは速度の違いにより人は数m前に通り過ぎたものに対して判断をし操作している、かつ車によっても伝達の速度は変わると述べられていました 

とすると私のような凡人では1秒ぐらいの反応時間があったりするわけで、そう考えるとその間に車が判断して何かしらの手を打つというのも可能かと納得しました
本の中では物理的な神経の伝達速度以外は(シート越しに腰で感じた車の情報が脳に届くまでの70cmぐらい)、経験やトレーニングでその反応時間を縮めることもある程度可能であると。。。 

胴長の私には物理的に超えなければならない山があるようです



この場合は目で捕らえて脳で判断し、足がブレーキを踏むまでの距離なので胴が長いのは関係ないですね。。。







14
Category: Camera   Tags: ---

D300

これと言って大きな不満があるわけでもないのですが、D80からD300に買い換えました

ニコンはD300をDXフォーマット(APS-C)の、D3をFXフォーマット(フルサイズ)のフラグシップと位置づけております フルサイズのメリットは理解しているつもりですが、現状FXフォーマットを生かしきるレンズがまだあまり発売されていないということもあり、今回はDXフォーマット機でのアップグレードとなりました

いや、そもそもフルサイズの機器はレンズも含めてとても高いものであります 宝の持ち腐れになること必須で、機器云々よりまだまだ学ぶことが沢山あります(汗;

特に不満の無いといったD80でありますが、デジタルは日々進化していることもありD300に乗っているイメージセンサーはD80よりも高感度ノイズに強いというのがなにより一番欲しい機能でありました
またフラグシップ機だけが持っている視野率100%のファインダー、強固なボディーというのも一つの理由であります

とはいえ撮るのは本人、カメラに振り回されないよう精進する所存でございます・・・

amataroのあれこれ


13
Category: Camera   Tags: ---

光さす海

先日伊豆方面に足を伸ばしたときに、伊豆スカイラインの途中のPAで撮った写真です

厚い雲の隙間から海に光が差しているのが、なんとも幻想的でありました

amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

あまり曇り空を撮ることはないんですが、たまにこういう場面に出くわすと「来てよかったなぁ」と思います
しかし外はー3℃。。。 サムカッタ。。。。


11
Category: 日記   Tags: ---

もうすぐ

まだ寒かったり暖かかったりしますが、ちょっとづつ春に近づいているような気がしますね

amataroのあれこれ

そろそろマクロレンズを引っ張り出して花の撮影もしてみたいと思ってます 



1
4
5
7
8
9
12
15
17
20
21
23
25
26
27
28
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。