amataro's note


In 07 2009

31
Category: Car   Tags: ---

リコール

BMWでリコールが出ているようですね

エアバック関係の配線の問題のようで116からM3まで出ています
対象車はだいぶ少ないようですが、念のため自分の車も確認して対象外なことを確認しました


最近はもっぱら走ると言ってもゴルフ場や実家の往復ぐらいなもので、あまり楽しい走り方をしてません でかけたいのは山々なんですが、どうも週末ごとに何かしらの用事ができて、なかなか予定が立たないこのごろです

車はトラブルもなくすこぶる好調なんですが、メンテナンスという点でそろそろオイル交換をしなければと思っております
M系のエンジンはこぞってCastrolのEdge Sports 10W-60という硬いオイルが指定なので、選ぶにも選択肢があまりありませんね 今のところE9xでは聞きませんがE46のS54エンジンはブローが多発してましたので、純正指定に従う方が無難そうです

聞いたところによると9Lほど飲むらしいので、友人に20L缶を仕入れてもらおうかと思っております


ブローといえば。。。先日、ラジコンのエンジンをオーバーヒートでだめにしました ピストンを発注中です。。。

スポンサーサイト


28
Category: 日記   Tags: ---

Amsterdam

帰ってきてからバタバタとしてまして、ずいぶんと時間がたってしまいました やっと最後の都市、アムステルダムです

以前にも書きましたが、スペインへは日本からの直行便がないため、どこかの都市を経由していくことになります 今回の場合はJAL便でアムステルダム経由での渡航だったので、なら帰りに寄ってみようということとなりました

正直ほとんど情報を持たず、ホテルだけ予約を入れ、ガイドブックは成田空港で買うという、なんともいい加減な勢いで行ってしまいました


amataroのあれこれ

前日の夜、最後のバルセロナの夜景を撮ってみました


スキポール空港からアムステルダムの街までは距離にするとそこそこの距離があります タクシーで行くと結構な金額となるため、電車にて移動しました

amataroのあれこれ

とにかくアムステルダムの情報がなくて、駅から近いところという条件にてホテルを探したので、果たしてどんなホテルかと思っていってみると、とてもクラッシックな感じのホテルでありました


amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

アムラス・アムステルダムは2007年オープンと新しいホテルなものの、かつて船会社の事務所だった1913年築のアールヌーボースタイルの建物をリニューアルしたとのこと

とはいえ、部屋はまったく今どきの部屋で快適でありました しかも珍しく冷蔵庫飲み放題ということで、ほぼあるもの飲み干しました(笑)

さて、アムステルダムですが、街の中を運河が張り巡らし、トラムが走り、車が走り、みんな自転車に乗っているという、なんとも交通事情の複雑な街であります 
ボーっと歩いているとそのうちのどれかに轢かれそうになります

amataroのあれこれ

街中を巡るにはとても便利なトラムです 一日券かもしくは15枚つづりの券がお得です

amataroのあれこれ

うちの会社にいるオランダ人も自転車が好きですが、やっと理由が分かりました みんな自転車に乗ってます しかも結構ブレーキ付いてない自転車が多いです(汗;

amataroのあれこれ

この街の道路は、トラムレーンと自動車レーンと自転車レーンがあります もうぐちゃぐちゃです。。。

amataroのあれこれ


amataroのあれこれ

とにかくどこを歩いても運河を越えるので、運河の街というイメージが強かったです

amataroのあれこれ

あと、空がとても印象に残っています なんか雲の形が日本と違うような気がします 


amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

あとオランダと言えばチューリップですかね? そもそも花屋さんがとても多い街でした
生花の取引量は世界一なんだそうです

amataroのあれこれ

多分実際に見ると驚くと思います しかも左ハンドル。。。 降りたら水ですけど。。。


amataroのあれこれ

さすがベルギーが近いだけあってビールの種類は豊富でした しかしあまりハイネケンを見かけなかったような。。。

amataroのあれこれ

見上げて協会の写真を撮っていたところ、この人に英語話せる?と声かけられました なんでも現地の学生さんで、写真を撮る人を撮るのが課題なんだそうです(笑)
ということで、私も写真を撮る姿を撮らせてもらいました


amataroのあれこれ

なんとなく普通のオッチャンもかっこよく見えたりします


しかし、こんな平和な穏便な街に見えて、マリファナを代表とするソフト・ドラッグが合法であり、トラブルも多いとのこと
飾り窓地区と言われる限られた地域(といっても駅前、しかも結構広い範囲)は売春が国で認められたビジネスとされていたり、なんとも見た目とのギャップが大きな国です

とはいえ、さして危ない雰囲気もなく、観光客は街を闊歩しておりました


賞味2日半の滞在でしたが、アムステルダムの街だけであれば十分かもしれません 帰りによって良かったと思いました

amataroのあれこれ

なんとなく寂しいような、もっといたいような気になりました


amataroのあれこれ

帰りの飛行機では雲に浮かぶ不思議な月を眺めることができました これで、長かった今年の旅も終わりです

つたない日記にお付き合いくださいまして、ありがとうございました~


22
Category: 日記   Tags: ---

Barcelona その2

旅も後半、バルセロナの続きです


ひとつの街に世界遺産だらけですが、これもそのひとつサン・パウ病院です

amataroのあれこれ

この入り口から入って中には随分とたくさんの病棟が並んでおります ずいぶん古い建物でありますが、現在も一部で治療が行われているとのこと どうりで救急車がたくさん止まっているわけです


amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

サグラダ・ファミリアから歩けるぐらいの距離にあるものの、あまり観光客もいなくて静かなところでした


次に行ったのはグエル公園

amataroのあれこれ

ここは観光客でごった返しておりました もともとは分譲住宅として作られたものが、現在は公園として公開されているようです
この公園の上からはバルセロナの街が一望できるすばらしい眺めでありました

amataroのあれこれ


街に行ったら市場に行くのですが、バルセロナの市場はとても活気にあふれていました
街の中心部にあるサンジョセップ市場です

amataroのあれこれ

海鮮ものから野菜、ハム、チーズ、果物ととにかく何でも揃いそうな市場でありました 日本の市場の雰囲気と比べるとなんともカラフルに感じますね
しかしなんといっても、前にも書きましたが、ハム屋さんがたくさんあります

amataroのあれこれ

結構歩き疲れたので、いろいろと買いこんでホテルご飯としました

amataroのあれこれ


日が長いので昼寝してもまだまだ日が沈みません

amataroのあれこれ

国立宮殿の前から街を見下ろします 国立宮殿内にはカタルーニャ美術館が併設されております

amataroのあれこれ

展示物はあまり私の興味のあるものではなかったのですが、建物それ自体が見る価値のあるものでした

amataroのあれこれ


夜ご飯といってもあまりちゃんとしたものでなく、だいたい何かをつまむ程度なんですが、そういうつまみ系の食事が多いんですね

amataroのあれこれ

街の中心地に近いところのTapaTapaというお店のメニュー 居酒屋メニューに近いです

amataroのあれこれ

結構洒落たものから、簡単なフライまでいろいろ選べます やっぱりこの国は飲むことに関しては貪欲で、ご飯の文化もそこに起因しているのではないかと思うくらい、お酒の肴が多いですね


amataroのあれこれ

なんていうこともない、普通のお店でご飯を食べて新聞を読んでいたお爺さん 連れている老犬はリードもなにもなくても大人しく近くにいて、お爺さんが立ち上がるとまた大人しく後を付いて帰っていきました

すべてが自然でゆっくりで、いったい自分は何を急いできたのだろうと、ふと遠い空の下で思いました


さて、ブログに全部の写真を載せるのはさすがに厳しいので、他のところに写真だけアップロードできるか検討しています

次はバルセロナを発ってアムステルダムに向かいます




21
Category: 日記   Tags: ---

Barcelona その1

マドリードからバルセロナへはスペインの国鉄Renfeにて移動しました 
バケーションシーズンにさしかかり、この路線はとても混むという情報を得て、日本から予約をして行きました
しかしこのRenfeのホームページはとても分かりずらく、しかもチケットはプリントアウトして持ってきてね、というなんともアバウトな感じでありました

amataroのあれこれ

ま、結果として問題なく乗れたのですが、改札くぐるまでちょっと不安でした 日本でいう新幹線のような電車で、両都市間を3時間ほどで結んでいます 
中は横に3席のレイアウトでゆったりとしており、オシボリのサービスなんかもあって新幹線ではグリーン車レベルのサービスであります

amataroのあれこれ

なーんもない田舎を高速で走りぬけ、あっという間にバルセロナ・サンツ駅に着きました

バルセロナではMiramaというホテルを予約しました
若干高めではありましたが、新しく立地も良いということで奮発しました とはいっても、日本のホテルや旅館に比べたらずいぶんと割安感があります

amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

時期によって価格も変動しますが、このホテルはかなりお奨めであります


さて、バルセロナの街に繰り出します

amataroのあれこれ

マドリードと比べると圧倒的に人が多く、大きな街でありました さすがに歩き疲れたこともあり、街中を巡る観光バス2日券、乗り降り自由というチケットを買い求め、バスでグルグルと街を巡ります
あまりこの手のビジネス化された観光システムは好きではないのですが、街の主要なところを巡回していますので、とても便利でありました

amataroのあれこれ

町並みはやはりヨーロッパのそれであり、また新しい区画には目引くデザインのビルが建っており、混沌としています
しかし、やはりバルセロナといえばガウディ建築を見ないわけには行きません

まずはカサ・ミラ 

amataroのあれこれ

独創的としか言いようがない建物でありました 直線が見当たらず、すべて局面で構成されているようです

amataroのあれこれ

中庭も特徴的でありました 実際にまだ住んでいる人もいるようです 一応、世界遺産なんですけどねぇ。。。

次にカサ・バトリョ

amataroのあれこれ

大きな建物ではないのですが、これもかなり特徴的でありました これも同じく世界遺産として登録されているようです

そして、なんといってもガウディ建築といえば、サグラダ・ファミリアですね

amataroのあれこれ

これ、実は思っていたよりも小さかったです 多分、かなり大きなモノと勝手に想像していたからかも知れませんが、嫁と「思ったより小さいね」とお互い確認したぐらいです

そして、もちろん建築中でありまして、建築中の建物で入場料取るのはこの建物ぐらいでしょう(笑)、中は資材と足場で埋め尽くされておりました

amataroのあれこれ

ちなみに完成予定図がこれ

amataroのあれこれ

小さく感じたのは表の4本の塔しかまだ出来ていないからでして、直近の予測では2256年に完成だそうです。。。
なんとも壮大な計画であります 

地下に資料館があるのですが、見てみるとなんとも手の込んだ設計なんですね 柱ひとつにしても、ブロックひとつにしてもすべて物凄い計算の上でデザインされているようで、なるほど、これは時間かかるわと思いました
一説には作業員がシエスタで昼寝してるからだといううわさもありますが(爆)


長くなってきたので、その2に続きます


19
Category: 日記   Tags: ---

Madrid > Toledo

マドリードのアトーチャ駅から電車に乗って古都トレドへと向かいます

相変わらず券売機の切符の買い方が分からず、窓口で往復のチケットを購入 後は電車に乗れば30分で到着です

amataroのあれこれ

トレドはカスティーリャ・ラ・マンチャ州の州都で、マドリードの南、タホ川のほとりに位置する小さな街であります
Wikipediaによると
「かつての西ゴート王国の首都であり、中世にはイスラム教・ユダヤ教・キリスト教の文化が交錯した地である。「町全体が博物館」と言われ、タホ川に囲まれた旧市街は世界遺産に登録されている。また、ルネサンス期のスペインを代表するギリシア人画家のエル・グレコが活躍した町としても有名。」
とのことです
amataroのあれこれ

街の中心に建つカテドラルへと向かいます 街自体が入り組んだ細い道とレンガの建物で構成されているようです

amataroのあれこれ

まるで古代の都市に来たような感じであります 不思議なことに、この街の案内所で日本の方が働いておりました
それ以外まったく日本人を見かけなかったので、なんで?という感じでしたが、たぶんこの街にはまってしまったんでしょうねぇ 分からなくもないです

amataroのあれこれ

さして大きい街でもないので、大体半日ほどあれば主要なところは見て回れます ツアーも半日~1日のものが多いようです
特に急ぐ予定もないので、坂を下って駅まで散歩がてら歩いて戻りました
また電車に乗ってマドリードまで戻ります

この日は嫁がどうしても食べたいというシャンピニオン屋さん行きました

amataroのあれこれ

とてもシンプルな料理なのですが、これがすごくおいしかったです もちろんビールのつまみとしていただき、その後近くの酒場だかなんだか分からんところに流れ込みました

amataroのあれこれ

ここは20件ぐらいのお店が並ぶ市場のようなところで、並んでいるおつまみを買って飲みものを買って、適当に空いてるところで飲む、みたいな感じでとても賑わっておりました

いい加減酔っぱらったので、日の沈む前に退散し、次の日に備えます

次はバルセロナへと向かいます ~続く~


16
Category: 日記   Tags: ---

Madrid その1

アムステルダムのスキポール空港を飛び立ったコードシェア便のイベリア航空機は3時間ほどでマドリードのバラハス空港に降り立ちました
到着は現地時間で夜10時をまわっており、人影もまばらであります

amataroのあれこれ

なんとも近代的なデザインのバゲッジクレームでスーツケースを拾い、出口へと向かいます というのも、アムステルダムを出る際にすでに入国審査は通過しているので、マドリードでイミグレーションを通過する必要がないんですね いわばEU圏に入国という感じであります

さすがはガウディの国、空港のデザインも斬新であります

amataroのあれこれ

タクシーを拾いホテルへ向かうころに日が暮れてきました スペインでは夜の10時過ぎまで明るく、11時ぐらいにやっと日が暮れる感じであります タクシーの窓から見た夕空は綺麗なグラデーションでありました


ちなみに今回の旅ではニコンのD300とリコーのGX100を持ち込みました 車内や移動の途中ではGX100が活躍してくれました D300には単焦点のレンズを含めて4本持っていきましたが、さすがに歩き回るには重く、結局ほとんどの写真を17-50mmの広角ズームで撮っております 

ホテルにチェックインしたの時には夜の11時を超えており、この日は寝るのみとなりました
マドリードでは4泊、最初の2泊はちょっとチャレンジで面白いホテルを予約しました 

Silken Puerta America

このホテルは空港から5kmほど離れたところにあるデザイナーズホテルで、各フロアごとにデザイナーが独自のデザインで客室を作っております 当日チェックインすると、あいているフロアの写真を見せられ、何階の部屋にするかを聞かれます
開いているフロアの中で選んだのは10Fの日本のデザイナーがデザインした部屋でありました というのは、この部屋にはヒノキ風呂があったからで、長いフライトの後では他の選択ができませんでした


amataroのあれこれ

なかなか見た目にも奇抜なホテルでありますが、サービスも悪くなくお薦めであります ただ全てのインテリアが黒でうまく写真が撮れませんでした。。。

さて、これからは写真をメインでコメントを入れて行きたいと思います で、先に言い訳をさせてもらうと。。。。 あまり構図とか撮影条件を考えてシャッター切ってませんので、ごくごく普通の写真が続きます。。。

amataroのあれこれ

街中のいたるところに国旗が掲げられているのもお国柄かも知れません

amataroのあれこれ

清掃業者の人のユニフォームがなんかカワイらしかったりします

amataroのあれこれ

ヨーロッパらしい建物がやはり多いですね

amataroのあれこれ

マヨール広場です どの町にも中心となる広場があり、人があふれています 壁面には綺麗な絵がかかれておりました

amataroのあれこれ

王宮です ベルサイユ宮殿で過ごした当時の王が作ったということで、中の部屋もベルサイユに似た部屋がたくさんありました
マンサナーレス川を見下ろす白亜の城 バロックやロココ様式の調度品で飾られ、美しさと規模にかけては世界有数の王宮として知られる とのことです

嫁はこんな家に住みたいといっておりましたが、私は掃除が大変なので嫌です <- ま、そもそも住めませんけど つか、こんなお家に住めるならお手伝いさんぐらい雇えんだろという話ですが。。。

amataroのあれこれ

王宮広場から見下ろした世界はどこまでも広く青く、ここの景色が一番マドリードの中で記憶に残っております


amataroのあれこれ

プラド美術館の東側に位置するレティロ公園 10時過ぎですが、やっと日が傾いてきた感じで、まだたくさんの人がいました

次の日は古都トレドへと向かいます






14
Category: 日記   Tags: ---

プロローグ


やはり帰ってきたら山のように仕事が積もっており、なかなか写真の現像も進まないのでとりあえずプロローグなどを書いてみようかと

スペインに行かれる方がどれほどいらっしゃるか分かりませんが、ちょっとは何かの役にたつかも知れません <- マッタク根拠はありませんが

今回の行き先、スペインについてはあまり詳しい知識もなく、青い空と灼熱の太陽、闘牛とタパス、ガウディの建築、ぐらいの知識で、なんとなくカルチャーの違う国ということぐらいでありました
とりあえず定番の「地球の歩き方」は購入したものの行くまでマッタク開かず、ずぼらにもほどがあるってもんっです

あまり転々と過密なスケジュールをこなしたくはなかったので、マドリードとバルセロナの2都市への滞在と決めました。 ツアーなどを調べては見たものの、どうもしっくりくるものがなく、また価格もそれなりであったので、すべて自分で予約をすることにしたのが今回の旅の勝因であり敗因であります (何と戦ったのかは分かりません。。。)


まずはフライトです

スペインには直行便が飛んでおりません 必ずどこかで乗り継ぎが必要になります この時点で、せっかくだからその都市にも滞在を決め、航空会社を選びました
価格と乗り継ぎ地の組み合わせで浮上したのがJAL便のアムステルダム経由というものでありました いろいろ比較したところ、JALのホームページでの早割りが安いことが分かり、まずは予約

行きは東京>アムステルダム>マドリードで帰りはバルセロナ>アムステルダム(宿泊)>東京という組み合わせで、オープンジョーのストップオーバーという航空券になるらしいです
比較的簡単にホームページから予約ができました


続いてホテルです

一般的にヨーロッパのホテルは星の数でランク分けされていますが、3つ星ぐらいが日本のビジネスホテルぐらいのランクであると思われます(国によって違いもあると思います)
以前にフランスの狭い部屋でひもじい思いをしたことから、今回は4つ、5つ星のホテルのみから選択しました

ここで、ツアーとの違いですが、一般的にある程度安さをアピールしているツアーはほぼ3つ星のホテルが指定となります
で、1人分のツアー料金x2に部屋代が含まれるのですが、計算してみると、ホテル代がとても割高なんですね

今回ホテルの予約をしたのはエクスペディアというサイトで、ここはかなりの数のホテルを網羅しておりお奨めです

なおかつ、一般的なレートよりも安くかつ早割りのようなものもあり、結構安く予約ができました


次にマドリード>バルセロナ間の電車です

いわゆる新幹線のようなAVEという電車がこの2都市間を3時間ほどで結んでおります
最初は現地で切符を買おうと思ったのですが、どうもこの時期はとても混むらしく下手すると買えないかもという情報を得たのが出発2日まえ。。。 これだから自分で計画すると、と嘆いている暇もないので直接スペインの国鉄、Renfeのホームページで予約を試みます

なぜか最初のページで英語を選んでも進んでいくとスペイン語になってしまうんですね。。。 半分予想で予約をしました
後は予約後に現れるチケットのページを印刷して持っていけばOKと書いてあるものの、実際行くまでちょっと不安ではありました

ということで、とりあえず準備は万端(?)です


いつも成田まで車で行って近くの駐車場に預けるのですが、結構暑かったのもあり今回は個別のガレージを奮発してお願いしました
これで炎天下のなかに11日間も放置されることは免れました

amataroのあれこれ

空港はJALなのでターミナル2です いつもここまで来るとやっと旅に出るという感じになります

amataroのあれこれ

長旅だからシッカリ飛んでくれと、一応お願いは心の中でしておきます
義理のお母さんにはいつも、飛行機気をつけてねと言われますが、なにをどう気をつければ良いのか。。。 とりあえず毎回「はい、気をつけます」と答えてます(笑)

amataroのあれこれ

そしてあっという間に機上の人となり
11時間後にはアムステルダム、スキポール空港に降り立ち、乗り継ぎ便待ち(4時間)となりました

amataroのあれこれ

なんだか、普通のオッチャンすらかっこよく見えます

amataroのあれこれ

結構ガラガラの空港を後にし、3時間後にマドリード、バラハス空港へと到着しました

以後、マドリード編へと続く





10
Category: 日記   Tags: ---

帰国

なんとか帰国しました

今回は11日という長旅だったんで、流石に疲れましたが、大きなトラブルもなく無事に終えれました
ツアーでなく全部自分で予約をしたので、途中途中の移動は楽ではありませんでしたが、その分自由に旅程を組めたのは正解でした

とりあえず帰ってきて写真を取り込み只今選別中 1,000枚を超えるショットは見るだけでもまた疲れます
まずは使える写真をマークして、それから現像です 果てしない作業になりそうであります

順次ブログにあげていく予定ですので、今暫くお待ち下さい

しかし、日本に帰ってきて最初に思ったのは、湿度が高いなぁということでした しかも帰ってきたら寝室のクーラー壊れたりして、今日は客室に寝ることになりそうです。。。。




07
Category: 日記   Tags: ---

Amsterdam

amataroのあれこれ

今回の旅の最終立ち寄り地、オランダのアムステルダムに来ました
バルセロナを昼ぐらいに発って約2時間、ヨーロッパの北側に到着です ヨーロッパはEU圏内とはいえ国ごとに言葉も違えば風土も環境も違うので、近い距離とは言えまったく別の国ですね

今回オランダには初めて来たのですが、とても街自体が被写体にあふれている綺麗な街であります
水路が町中を巡らしており、市民は自転車をこよなく愛しており、とっても古い自転車をみんな大事に乗ってます

反面、合法的にソフト・ドラックが認められており、また治安もあまり良くないという問題を抱えているのも事実のようで、その辺気をつけて行きたいと思います


帰国してからまたゆっくりと今回の旅行についてはまとめたいと思っていますが、ちょっと時間がかかりそうであります はい、社会復帰も含めてです(汗;;


05
Category: 日記   Tags: ---

イベリコ

amataroのあれこれ

バルセロナの中心街近くにあるサンジョセップ市場というところで、酒の肴となりそうなものを見繕いました
このおっちゃんから真ん中にあるイベリコ豚のハムを100gほど買ってみましたが、やはり本場ということもあり、安くておいしかったです

血管詰まりそうなほど塩気が強いですが、しっかりとハムのうまみがあります
1kgで57.5ユーロなので、100gだと5.75ユーロ、日本円で約800円ほど15枚ほどのハムスライスが買えます

ただ、一般的な物価としてはけして安いとは言えず、たとえば街中で水500mlなんかを買うと大体200円前後 パンにハムや野菜が挟んであるサンドイッチなどは800円前後と一般的な日本の価格と比べると30%~40%ぐらい高いかなという感じです
ユーロ/円の関係だと思いますが、ユーロが安くなったとはいえまだまだ実際のところ高い水準にあることを実感します


今日廻ったガウディ建築物関係は日本に帰ってからじっくりとまとめて見たいと思います



1
3
6
8
9
11
12
13
15
17
18
20
23
24
25
26
27
29
30

top bottom