amataro's note


In 06 2010

29
Category: Car   Tags: ---

コーティング

なかなか洗車しても落ちないピッチやらタールやら、その他もろもろの汚れが気になりだし、こりゃそろそろなんとかしなきゃと思っていたところ、タイミング良くブログに書かれていたこの方の記事を読んで早速行ってみました

そもそもクルマなんぞ走ってりゃ汚れるもんと思ってはいるものの、やはり汚れていると綺麗にしたくなるもんです
しかし近頃のコーティングは結構高いもんですね 教えていただいたこのショップはかなりお手頃な価格で施工していただけます

むろん安かろう悪かろうの業者も多いものの、施工されている方々のクルマを見るととても手抜きな業者とも思えません

しかもセット料金にメンテナンスチケットが付くことを考えると、かなりお得であります

そんなこんなで、一晩預かりのコーティング+必要最低限の磨きをお願いして翌日の夜に引き取りに行きました

amataroのあれこれ

だいたい「白」のボディーでは艶はなかなか分かりづらいのですが、実際の写りこみを見ると施工前とは全然違います

amataroのあれこれ

その後の洗車が楽になればと思っていたぐらいでしたが、こうして綺麗になったクルマを見るとうれしいものですね


その後、一日経ったところでさっそく鳥のフンの洗礼を受け、気づいた時にはすでに乾いていたのですが、水をかけただけで綺麗に流れ落ちてくれました
こりゃ洗車も至極楽ちんであります

どれぐらいこの効果が持続するのかは分かりませんが、1年ぐらい持ってくれれば良いなぁと思っております

スポンサーサイト


27
Category: ブログ   Tags: ---

どこか遠くへ

amataroのあれこれ

どーこか遠くへ♪ と頭の中でぐるぐる回っております。 現実逃避気味ですね(汗;


24
Category: Car   Tags: ---

メルセデス試乗

普段あまり他の車に試乗したりすることはないのですが、とあるメルセデスのセールスの方から「ぜひ試乗にいらしてください」とのご連絡をいただき、自分でも興味があったのでディーラーまで足を運んでみました。

事あるごとに雑誌等ではM3の比較対象にひっぱりだされる、こいつです

amataroのあれこれ

メルセデス C63AMG

6.3Lの自然吸気V8エンジンから最高出力 457PS、最大トルク61.2kgmを絞り出すとんでもない車です。 
メルセデスはこのエンジンが相当自慢らしく、いろんな車種に展開していますね。 しかしどれもチューニングが違うらしく、実際同じベースのエンジンでありながら、SLSに積むそれは排気量は同じでありながら571PS、最大トルク66.3kgmであったりします。

Cクラスに積むエンジンはかなりスペックダウンされたもののようです。

とはいえ、このセグメントの車に6Lオーバーのエンジンを押し込んで60kgm以上のトルクの車とは、メルセデスも派手なことします。

むろんM3とは方向性は違うのは明らかで、まして私なんぞには分不相応なクルマでありますんで、購入する事はありません いや買えません。 いや、まず似合いません。
まあ、そりゃM3も分不相応で似合いませんが。。。

せっかく乗らせてくれるというので、断る理由もなく乗ってみます。

まず座って最初に気づくシートですが、これはなかなか良いシートですね M3のそれよりも良くできています。
最近では一般的なスタートボタンでエンジンに火を入れますと、これまた度派手な音であります。 ドスの聞いた音といいますか、アメリカンV8のような迫力です。

7速のギアをオートマチックモードに入れて走りだして5mも行くと、ボディーの剛性が高い事がいやがおうにも分かります。
M3で剛性不足を感じた事は一度もありませんが桁違いですね。 911カレラに乗った時も思いましたが、鉄の塊をくり抜いたかのような箱の剛性を感じます。

エンジンは自然吸気という事もありスムーズに吹け上がるものの、最後までパワー感よりもトルク感が上回る感じで、これまこれで気持ちのよいエンジンでありました。

足回りもとてもよくしつけられている感じで、街乗りでも高速でも平均点以上の感じです。

しかし、やはり一番印象的であったのは最初にも感じた剛性感に尽きます。 エンジンもパワーもすごいのですが、やっぱり箱のしっかり感が何よりも印象的でした。


どっちが良い悪いというのではなくて、これは好みや乗り方でしょうね。 この車はこの車で素晴らしく良い車であると思います。 

M3は何キロで走っていても走っていることを意識させられます。 その後乗り換えて家まで帰る時に、正直なんでこの車はこんなに安定感が無いんだろうと思いました。 80kmで高速を走っていても常にハンドルからは多分なフィードバックがあり、シートからは路面の状況が伝わってきます。

対してメルセデスは運転していて絶対的な安心感があります。 歳取ったらこういうのもありかなぁと思ったりしますが、自分のなかでメルセデスはなぜか一生涯乗る事は無いだろうなぁとも思ったりもします。

ジャガー(いまはジャグァって言うんですかね?)に乗っていた時も言われましたが、やっぱり似合わんですね、はい




20
Category: ブログ   Tags: ---

羽休み

amataroのあれこれ

ずいぶんと前に撮ったものですが、気持ち良さそうだなぁと思いながら1枚撮りました。

最近めっきり写真を撮りに行ってないので、以前に撮った写真の整理なんぞをしております

駄作ばっかりのわりにハードディスクが一杯になりつつあります

いや、失敗作ばかりだから一杯なのか。。。



 


17
Category: ブログ   Tags: ---

丸の内界隈

amataroのあれこれ
amataroのあれこれ

丸の内、大手町界隈ではいつも街灯に花が掛かっています。 ビルに囲まれた道ではひとときの清涼剤のように感じますね。

先日はあじさいであったりして、結構新鮮でした。


15
Category: Car   Tags: ---

空気圧

amataroのあれこれ

タイヤの空気圧ですが、個人的に若干規定値よりも高めの設定が好みであります。 タイヤの転がり感と軽快感が感じられるからで、ドアフレームに書かれている規定値より0.1~0.2kgぐらいほど高めにしていることが多いです。

ふと先日走った時に思ったのですが、ある程度の回転域をキープして走っているとリアの接地感が薄れること多々で、直線ですらDSCが点灯、出力が絞られるというなんとももどかしい感じでありました。

ま、ただ単にアクセルワークがラフっていうだけのことなのかも知れません。


そもそも空気圧高めが好みとなったのは、以前に長いこと履いていたタイヤPS2での事で、このタイヤはサイドウォールが結構柔らかめなのですね。 荷重をかけてやるとしっかりとタイヤが潰れていく感じが伝わってきて、それはそれでこのタイヤの良いところではあるのですが、自分としてはその潰れる感覚を和らげる意味もあって空気圧高めが好きだったのかもしれません。

しかし、今のタイヤP-Zeroはタイヤの潰れる感も感じられるものの、潰れたタイヤが戻る感じがとても強く感じます。
その潰れた感が戻るときにだいたいDSC点灯、前に進まずという感じであります。

実際規定値の空気圧で走ってみると、やはり接地感がだいぶ上がったような安心感があるんですね。

いや空気圧って大事ですね。

ま、実際そう感じているだけで、無責任な事言うと実際どうなのかはさっぱり分かってませんけども。。。


先日同じ空気圧のまま、3人ほど乗っけてゴルフに行ったのですが、明らかに路面を掴む感覚が強かったのを感じました。

単純に考えると接地面に対する面圧が上がったのだと思ってます。 

たしか今のGT-Rの車重は計算された面圧を得るための重さだというのを聞いたことがあります。車の挙動としてはネガティブな重さという要素も、ことグリップ力という観点では必要になるってことですかね。

そう考えると、空気圧高め=接地面積少ない=単位面積当たりの荷重大=面圧大、って事でグリップ上がったりしないんですかね? しないんですよね、きっと

いやぁ難しいですね、空気圧


12
Category: 日記   Tags: ---

最近の。。。

最近の「うめさん」は相変わらずマイペースでありますが、だいぶ大きくなりました

4か月で4kgほどに ひと月で1kgちょっと増えたようです 

amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

只今、散歩の練習中ですが、なかなか歩きません。。。 ちょっと進んでは止まり、また戻って、また進んで止まり、みたいな感じで、最後は私に抱えられて帰宅します

amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

まあ、まだ子供ですからしょうがないですね

しかしなぜか「うめさん」といるといろいろな人に話しかけられます そしてなぜか初対面の人も「うめちゃんですよね?」と、不思議な事にうめさんは近所では知られた存在なようです

先日も家の並びのお花屋さんに「うめちゃん、やっと会えたー」と、言われお姉さんに最初からなついている「うめさん」はちょっと得意げでありました


07
Category: Car   Tags: ---

初夏の伊豆へ

先週の土曜日は久しぶりに仕事に駆り出され、天気が良いのにどこにも行けずに悶々としておりました。 

日曜日も午後からの用事があり、どこにも行けんなぁ、せめて近場で箱根あたりにでも朝ひとっ走りしてくるかなぁと思っていたところ、いつも大黒PAでお会いするShimaさんがブログでTTTPの桜のトンネルあたりで待ってますとのこと。

途中まででもご一緒できればと思い、朝6時前に東名に飛び乗りました

天気予報通り気温も天気も良さそうです。 さすがにその時間でもそこそこの交通量があり、出かける人も多いのかなぁと考えながら走っていたら、厚木を通り越してしまい秦野中井から南へ下ることになってしまいました。

TTTP入口にも結構な数のバイクや、気合いの入った車がゲートをくぐっていきます。 TTTPは速度レンジといい交通量といい、あまり自分には走りやすい道ではありません。 自分なりのペースで途中の休憩所まで上がっていくと、白のロードスターとアルピナブルーのB3が既に羽を休めておりました。

これまたいつも大黒PAでお会いするMさんとShimaさんと合流。 Shimaさんはトイレが待てず先に大観山PAまで上がるとのこと(笑) 一服したのち私も追いかけました。

amataroのあれこれ

大観山で再度合流したのち、一行は南へと向かい山を下りました。 伊豆スカイラインまでの下り道、Shimaさんの後ろを走りましたが、いきなり見失います(汗; いやはや早いとは噂に聞いておりましたが。。。 しかし、ここで汗かいたのはこの先の道のりのほんの序章である事は知る由もなく。。。

伊豆スカイラインもところどころ先行車に詰まるものの、アクセルを開けられるところもあり必死で付いて行きます いや、付いていけてない。。。
さすがにある程度の速度でフロントが外に逃げるとビビリます

そんなこんなで一気に冷川ICまで駆け下ります。 この速度感で走ったのは久しぶりです。 このあたりの道を走られているMさんは道に慣れているとはいえ、早いですねぇ。 動力性能では勝るM3もやはりドライバーに問題ありなので、水を得た魚のようにはいきません。

amataroのあれこれ

このあたりに道に明るくない私は、その後どこを走ったのかも良く覚えておりませんが、素晴らしい道を絶好のコンディションの中走り抜けて、気づいたら達磨山、そして今回の目的地、松崎まで一気に走りぬけました。


amataroのあれこれ


いやー気持ち良いったらありゃしません。 走ってる本人は一杯一杯ですが、この緊張感と爽快感は他に変えられません。 Mさんも途中でその気持ちを声高に語っておられました。

そして松崎ではShimaさん行きつけの定食やで朝定食をいただきました。 海の目の前なので新鮮なのはあたりまえかも知れませんが、これほどおいしい刺身はなかなかいただけるもんじゃありません。

amataroのあれこれ

こりゃもう贅沢以外のなにものでもありませんね。 ゴハンの為に走って来ても良いと思えるぐらいです。

amataroのあれこれ

ちなみにここまで家をでて180km。 まだ朝の時間ではありますが、帰路へと向かいます。

帰り道は今まで走ったことのない道をということで、これまた私にはさっぱり見当のつかない道でありますが、Shimaさんの後を追っかけて行きます。

ほぼ一車線の片側は山、反対ガードレール、落葉沢山の道を想像を超えるスピードで駆け抜けて行きます。 後ろから眺めるロードスターSはひらひらとレールの上を走るかの様に細かいカーブをこなしてゆきます。
私はアクセル踏んでは点灯するDSCにトラクションを奪われ、落葉の上でブレーキを踏んでは滑り、冷汗で脱水症状になるんではないかという感じでヒーヒー言っておりました。

1車線を抜けてからこれまた気持ちの良いワインディングを駆け抜けて行きます。

amataroのあれこれ

途中からMさん先導のもと沼津ICへと向かいますが、これまたすんごいスピードで山を下りて行きます。 ジェントルなイメージを持っていたALPINAという車のイメージを完全に覆された感じです。 Shimaさん曰く、みんなもっと早いとのこと。 ホントカンベンしてくださいって感じです(滝汗;

そんなこんなで昼前には沼津ICから東名に乗ることができ、渋滞もなくスムーズに家にたどり着けました。

天気にも道にも恵まれ、おいしいゴハンをいただき、気持ちの良い汗をかけた、かなり濃いツーリングでありました。
いやはや、至極贅沢。 

Mさん、ゴハンごちそうさまでした。
Shimaさん、熱い走り、勉強になりました。

またぜひご一緒させてください。 楽しい一日ありがとうございました。

amataroのあれこれ


03
Category: ブログ   Tags: ---

飛び道具

amataroのあれこれ

Newドライバー TaylorMadeのR9 投入です

投入とは言っても転職祝いに、もと同僚の方々からプレゼントでいただいたものであります


ドライバーはずーっとTaylorMadeを使っているのですが、これはどうもちょっと異色な感じであります 

というか使いこなせてないんでしょうけど、なかなか良いあたりが出ません


R9にはヘッドが430ccのちょっと小振りなヘッドのモデルがありまして、これはとても振り抜きが良く試打したときにはとても良い感触だったのですが、このモデルは460ccのヘッドでありましてどうも振り抜きずらい感じです

まあ、そんな道具云々いうほどの腕はありませんので、あるものをうまく使えるように練習するのみですね





02
Category: ブログ   Tags: ---

日暮れ


現在7時すぎですが、やっと日が暮れ始めた感じです
ずいぶんと日が長くなりました

ここのところ、うちの「うめ」に朝っぱらから起こされるので、睡眠不足ぎみという事もあり、なかなか落ち着いてブログも書けてませんで、これも仕事の合間にiphoneで書いてたりします

よって写真もiphoneです おかげさまで(なんの感謝かわかりませんが)キーボードにもだいぶ慣れてきました

photo:01



転職後、29Fの住人となりまして、見晴らしは良くなりました
天気の良い日は富士山もよく見えて、日に何度か遠くを見ては現実逃避に励んでおります



iPhoneからの投稿



1
4
5
6
8
9
10
11
13
14
16
18
19
21
22
23
25
26
28
30

top bottom