amataro's note


In 02 2012

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


26
Category: Car   Tags: ---

日曜朝会

日曜日の朝に大黒p.a.に用事の前に寄ってきました。

20120226-P1070585.jpg

大黒p.a.は相変わらずおかしな様相でしたが、特に今日は見た事もないクルマばかりが集まっていて、ここは一体どこなんだ?という感じでした。

Alpina B3を駆るwataさんのお声かけで集まるメンバーは、気さくな方ばかりでクルマ話に花が咲きます。
こういうウダウダ立ち話って面白いんですよね。 街のオバさんが道端で話してるのも分かる気がします。

楽しい時間をありがとうございました。

スポンサーサイト


23
Category: 日記   Tags: ---

2歳

2歳になりました
人の歳でいうと23歳ということでいい歳なのですが、相変わらずのマイペースです

DSC_3279.jpg

寒さは弱いはずのフレンチブルドッグですが、散歩は大好きなようで、どんなに寒くても朝から外に出たがります
で、それ以外は一日中家でゴロゴロと過ごしてます

DSC_3223.jpg


19
Category: Car   Tags: ---

key case

20120201-P1070570.jpg

Studieで足回りの交換中にショップ内をいろいろ見ていて衝動買い。

今まで車のキーにカバーを付けた事はなかったのですが、これはピッタリとキーに合っていてかつシンプルでなかなか良いです。


13
Category: 未分類   Tags: ---

伊豆高原

昨年から持ち越した代休で伊豆高原まで温泉に浸かりに行ってきました。

東伊豆へは東名厚木から小田原厚木道路、小田原西から135号で海岸線沿いを下るか、ターンパイク、箱根新道経由で伊豆スカイラインを下るか。
135号は一本道で混むイメージがあったので、箱根新道を登って伊豆スカイラインへと向かってみました。

山を登りきった所で−4℃。 周りの雪は解けずに残っておりましたが路面は凍結防止剤のおかげで普通に走れます。
県道熱海箱根峠線で熱海峠へと向かおうとしたところ、滑り止め着用の標識。
周りはすっかり雪景色。
やはりこの時期この道はサマータイヤでは無理なんですね。 Uターン出来る所を探して500mほど先に進みましたがもうすっかり雪道。
さすがにグリップも怪しくなってきたので、ちょいと道幅の広い所で引き返しました。 写真とる余裕もなかった。。。
かなり遠回りをして135号へと戻ります。

20120202-DSC_2449.jpg


真鶴、熱海、伊東と越えて伊豆高原に着く頃にはすっかり陽もくれようとしている所でした。

20120203-DSC_2472.jpg

今回は善積という宿にお世話になりました。
東伊豆はあまり行ったことはなかったですが、旅館の方曰く伊豆でもこのあたりは特にゆっくりしているとの事。

景色もこのあたりの時間の流れに沿って、ゆったりとしているように感じました

20120203-DSC_2485.jpg

温泉に浸かり山ほど海の幸をいただき、至福で眠りに落ちました。


翌日は雲が低く立ちこめているものの、清々しい空気感。

20120203-DSC_2501.jpg


散々食べて寝たのに、また朝食からガッツリいただきました。

旅館の方に近くの大室山が見晴らしが良いというのを教えていただき、帰りがてら寄ってみます。
標高580mの山ではありますが、そこからの眺望は素晴らしいものでした。

20120203-DSC_2555.jpg

20120203-DSC_2556.jpg

富士山も遮るものなく、くっきりと見えました

20120203-DSC_2557.jpg


帰り道がてらここも宿の方推薦、火曜サスペンスに良く出てくる城ヶ崎のロケ地によってみます

20120203-DSC_2622.jpg

20120203-DSC_2664.jpg

小さな吊り橋ではありますが、そこからの景色は絶景
ここも立ち寄るべく場所であります


日帰りの距離ですがこの辺りはゆっくりするにもいいですね。
また疲れが溜まったら息抜きに来たいと思います。

20120203-DSC_2600.jpg


08
Category: Car   Tags: ---

SRE

純正のショックが良く出来ていたので、足回りのリフレッシュとしては純正交換という選択肢もあったのですが、価格面からみてあまり魅力がなく、社外のショックを検討しておりました。

いろいろなメーカーからE92 M3用のショックは発売されていますが、有名どころですと
Bilstein、KW、H&E、3D Design、ARC、AC Schnizer、Quantam、Aragostaなどなど

こればかりはタイヤと同じで取り付けて走ってみないとなんとも言えないのですが、先人のブログなどを参考にさせていただき自分の要求に近そうなものがSRE (SACHS Race Engineering)のRS-1というものでした。

SREはビルシュタインやKWなどに比べると知名度は低いものの、レースの世界ではかなり名の知れたメーカーであります。
ZF-SACHSはBMWに純正のショックを提供しているメーカーでもあり、その技術力は信頼のおけるものであります。

そもそもこのRS-1というモデルのショックはM3用には作られないという話だったそうです。
というのも純正のM3に使われているはまさにZF-SACHSが提供しているもの。 SREはSACHSのレーシング部門とはいえ、身内がベストなものとしてBMWに提供したショックを覆すようなものは作れないというスタンスだったようです。

日本の輸入商社であるハンズトレーディングが要求したものは純正の足を越える事。
交渉する事2年半、日本向けに50本限定という事で泣き落とし的に作られたのがRS−1ということです。

スクリーンショット 2012-02-03 17.27.59

今回は前後のアッパーマウントも一緒に交換をしてもらいました。

20120201-P1070550.jpg

20120201-P1070548.jpg

推奨車高で前後-20mmほど落としてもらったものの、リアは純正よりも車高が上がってます。 
はやりアッパーマウントも交換時期だったということですね。

500kmほど走って車高が落ち着いた所でアライメントを取ってもらいますので、とりあえず当面慣らしで走らせてみます。


05
Category: Car   Tags: ---

足回り

E9x型のM3にはMドライブパッケージというオプションにてEDC(Electronic Damper Control)の設定があります。
このオプションはEDC以外にM Driveのモードと電子調整式サイドサポートがパッケージになっており、M Driveではアクセルレスポンスのスポーツ・プラスが選べるようになり、DSCのMダイナミックモードとステアリングのアシスト量が設定できるようになります。
逆にこのオプションをつけないと上の設定は使えません。

シートのサイドサポートは結構ピッタリするぐらい両脇をしめてくれるので、純正のシートでありながらホールド感はだいぶ良くなります。
どうしても肩周りのサポートは薄いのですが、両脇を絞めてくれるだけでもだいぶ違います。

DSCのMダイナミックモードはトラクションコントロールの介入を遅らせてくれるくれる設定で、ドライバーにある程度までは委ねてくれるモードです。
なぜこれがオプション設定なのか、しかも他の機能とパッケージでというのは疑問です。 多分本国などでは普通のオプションで選べたりするんでしょうね。

このパッケージでしか選べないモードがあることからも、このオプション選ばれる方は多いのではないかと思われます。

20120201-P1070561.jpg


そしてEDCですが、コンフォート、ノーマル、スポーツと設定があり、ショックの減衰を変えてくれるという機能です。
あまり変わらないというコメントもありますが、私としてはかなり変わるという印象です。

殆ど変える事もなく普段はノーマルで事が足りますが、人を乗せた時と路面があまり良くなくトラクションがかからないときはコンフォート、路面が良くかっ飛ばすときはスポーツを選ぶ事があります。

荒れた路面でトラクションが薄く感じるようなところですと、コンフォートのモードではよりしっかりと路面を掴んでくれるようになります。
高速域ではコンフォートではフワフワとした感じが頼りなく感じますが、スポーツだとロールも減りタイヤを路面に押し付けてくれている感覚を強く感じられます。

ちょうどその間がノーマルで、殆どのシチュエーションはノーマルで事が足りる感じです。 
一般に純正の足は全てを満たす為に一長一短なイメージを持っていますが、この純正の足は良く出来ているというのが約5万kmほど乗った感想です。

ネガティブなところはあまり感じられませんが、高速の継ぎ目や路面の悪いところでリアの接地感が薄く感じる時があることと、路面によっては結構ボディーが揺すられる、速い入力があるところでは突き上げが結構ある、と言ったところです。

純正ショックの型番を調べてみると日本のモノだけ別の型番がふられています。 内容は分かりませんが、日本のセッティングだけ別にしている可能性があります。
以前7シリーズなどは日本の高速に会わせたダンパーセッティングにしているという話を聞いた事があるので、日本仕様にセッティングをかえているという可能性もあります。

現在走行距離も55,000kmを超えてそろそろショックのアッパーマウントも交換時期なタイミング。 ショックが抜けている感覚はなく、普通に7~8万キロはもつのではないかと思われますが、本来あるべくパフォーマンスからは落ちているとは想像できます。

ここで円高の流れで純正ショックを輸入、リフレッシュというのも考えたのですが、直接輸入してでも高い価格設定、ましてディーラー価格などはおかしな事になっております。

ということで、BMWチューニングのスペシャリスト、Studie横浜に来ました。 

20120201-P1070546.jpg


03
Category: 未分類   Tags: ---

夕暮れ

20120131-P1070518.jpg

西日差す夕方の公園はなんか物寂しさが漂っていて結構好きなんです

だいぶ陽も長くなってきましたね

でも日が暮れるとまだ相当寒いです。。。


01
Category: Car   Tags: ---

あ痛ぁぁ

完全なる自分の不注意でありますが、やってしまいました。。。

20120201-P1070556.jpg

あのなんともいや~な感触をハンドルから感じた時には、「さすがインフォメーションを大事にしているBMWだなぁ」と感心してる間もなく後悔がやってきました。

ま、ボディーでなくて良かったと思うべきですね。


最近iPhoneは画面から地面に落とすわ、いろいろと細かな災難続きであります。 

すべて大事に至っていないという前向きな方向で乗り越えて行きたいと思っております!




2
4
6
7
9
10
11
12
14
15
16
17
18
20
21
22
24
25
27
28
29

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。