amataro's note


In 03 2014

29
Category: Car   Tags: ---

プラグとイグニッションコイル交換

DSCF2680.jpg

イグニッションコイルが死んで均整を失ったエンジンは何とかディーラにあったストックで復活しましたが、すでに2度コイルを交換しているので、残りのコイルも交換しました。

残りの6つをアメリカのショップにオーダーし、その際にいくつかアクセサリーも一緒に購入したのは前回書いたとおりですが、肝心のイグニッションコイルが4つしか送られてきませんでした。

あまり日本では考えられませんが、海外でのオーダーはこういうリスクもまだあります。

イグニッションコイルを交換するのであればプラグも交換しておこうということで、プラグも8本オーダーしておりました。

ちなみにプラグの推奨タイミングはオイル交換2回のタイミングということで、メーカー推奨のオイル交換サイクルは23,000kmなので約5万キロでは交換した方が良いようです。

交換した後はすごくスムーズで下のトルクも復活。 少しずつ劣化していったのであまり気づかなかったものの、やはりエンジンが綺麗に回るというのは気持ち良いものです。

これで安心してまた走る事が出来ます。
まだいくつか気になっている所はありますが、ぼちぼちとメンテナンスを進めて行こうと思います。

スポンサーサイト


21
Category: 未分類   Tags: ---

富士周遊

代休を消化すべく久しぶりの平日休み。 道も空いているだろうからどこかに出かけようと思い、夜明け前の東名高速で西に向かいます。

写真 1

日が昇っても低く立ちこめた雲を見る限り今日はあまりよい天気とは言えなさそうです。

御殿場から先、新東名を選択して新富士のICでアウト。
新東名は走りやすい道ですね。 同じ基準で残りの道も作り直して欲しいものです。 

新富士ICから139号を北へ向かい、富士宮市を抜けて以前によった事のある田貫湖へ行ってみました。

まだもしかすると雪が残っていてたどり着けない可能性もありましたが、特に凍結区間もなくたどり着きました。

DSC_0035.jpg

天気が良ければ池の反対側に富士山が拝めるのですが、残念ながら厚い雲の向こうのようです。

DSC_0028.jpg

DSC_0071.jpg

ただひたすら静かな冬景色をしばし眺めていると小雪が舞い始めました。
気温も0度前後、やはりまだ春は少し先のようです。

DSC_0093.jpg

路面はドライでトラクションに何の不安もなく走れるものの、雪が降り始めたら流石にサマータイヤのFRでは厳しいです。

DSC_0109.jpg

積もりそうな雪ではなかったので、湖の対岸にもちょっと寄ってから田貫湖を後にしました。

田貫湖から少し南へ戻ったあたりにある白糸の滝。 ここのこの辺りに来たら寄るべくスポットです。
水の周りばかりで寒いだろう事は予想してましたが、寄ってみました。

DSC_0149.jpg

「音止めの滝」は壮大な水量でダイナミックな轟を響かせています。

DSC_0132.jpg

「白糸の滝」の周りは以前に来たときよりもキレイに整備されていて、歩きやすくなっていました。
自然が作り出す景色は素晴らしいですね。 手前に虹も見えてマイナスイオンを浴びて満足です。


さてここから先、朝霧高原を抜け富士山の西をぐるっと富士五湖方面へ抜ける事が出来るのか疑問でしたが、チェーン規制は出てないようです。
凍結注意の掲示板は出ていたので、ゆっくりと北へ向かいます。

写真 3

まだまだ路肩の雪は残っているようで、走っている最中もたまに雪が舞っているようでした。
グリップに不安はなく普通に走れるのですが、全体的にゆっくりとした流れで河口湖までたどり着きます。

DSC_0164.jpg

どこもこの時期は色彩が薄いですね。 平日という事で河口湖畔も人は少なめでした。

時間も昼に近くなってきたので、この辺りで昼食とします。
山梨県と言ったらははやり「ほうとう」でしょうか? あまり他ではメニューにもありませんし。

写真 1 (2)

河口湖から中央高速へ向かう街道沿いにある「甲州ほうとう小作」に入ってみました。
昼前ですが結構なにぎわいです。

季節限定ということで牡蠣の入ったほうとうをいたきました。

写真 2 (1)

かなりのボリューム、そして沢山の具と麺のコシ。 堪能させてもらいました。
また久しぶりに食べると美味しいですね。

河口湖インターからはスムーズな流れで中央高速を都内方面へと向かいました。
行きの新東名と較べると中央高速の路面はだいぶ荒れているように感じますね。 
家にたどり着いてからリアのショックの減衰を2目盛り柔らかい方向に変更しました。


あまり走って面白いルートでは無かったものの、平日にゆっくりと周遊できて満足なツーリングでした。
もう少し路面に不安が無くなってきたら、走って面白いルートも検討したいですね。


15
Category: Camera   Tags: ---

池上梅園

DSCF2645.jpg

先週になりますが、毎年この時期に行っている池上梅園です。 
7分咲きぐらいとの事だったので、今週あたりは満開かもしれません。

風は冷たいですが、だいぶ陽の温かさを感じられるようになってきました。
もう半月もしたら桜の便りも聞けるようになるんでしょうか。

DSC_6635.jpg


09
Category: 未分類   Tags: ---

小物パーツリフレッシュ

イグニッションコイルの問題でアメリカにパーツをオーダーした際に、一緒に購入した小物が届きました。

肝心のイグニッションコイルは2つほど個数が足りず、「足りない」「全部送った」と2回ほどメールをやり取りしたところ、特に説明もなく残りを送ったとメールが来ました。

こういうリスクは海外とのやり取りの場合、未だにありますね。



ブレーキとクラッチのペダルカバー

DSCF2624.jpg

8万キロも踏まれたゴムのカバーはさすがに痛んでいるだろうと取り外してみましたが、見た感じ特にすり減っているようでもありません。とはいえ外したので新しいものを取り付けました。 

この作業はまず体勢がすこぶる厳しく、またこのゴムがきっちりとペダルをカバーするような形になっているので、取り付けは難航します。

実際に交換してペダルを踏んでみると違うんですねー。 明確にグリップが上がっているのが分かります。

見た目の劣化具合からあまり期待してませんでしたが、交換して良かったパーツに昇格しました。


アルミのペダルなどもBPパーツやサードパーティーのメーカーから出ていますが、どうも私はこの安いゴムペダルの感触がしっくり来るようです。



次はエアコンフィルター。

DSCF2630.jpg

E92 M3は構造上、左右2つ、合計4つのフィルター交換となります。

フィルターとして考えると、ちょっとお高いのが気になりますが、アメリカの価格だと半額(約60ドル)です。

交換は簡単で、8mmのヘクサレンチでエンジンルームウィンドウ側のエアクリーナーボックスを開けてやります。

右側のボックスにはボンネットの開閉センサーがついているので、配線がくっついてきますが特に外さずとも交換は可能です。



最後はフロアマット。

DSCF2634.jpg

何となく変えたいなと思って注文しました。 送料の大半はこのマットであろうと思われます。

さすがに比べてみると古さが目立ちます。 特にアクセル、ブレーキペダルの前、踵が触る部分はだいぶやつれていますね。

新しい型番のマットはこの踵が当たる部分にパッチがしてあります。

リフレッシュした事をドアを開けるたびに感じられるので、これも取り替えて良かったパーツです。
同じく国内ディーラー定価の半額ぐらいです。


これだけをオーダーするのは送料を考えるとあまりメリットがありませんが、今回はイグニッションコイルとプラグをオーダーするついでだったので購入してみました。



1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
30
31

top bottom