amataro's note


In 03 2017

12
Category: 未分類   Tags: ---

トラブルは続くよ。。。

西伊豆ツーリングの翌日、汚れた車を洗おうと水をかかていると、流れる水の中に油模様が。 周りに油っぽいものはないので、車から出ているのだろうと不安を抱きながら洗車を切り上げて車を動かしてみます。

真ん中より少し前あたりに油たまりを確認。 触ってみると比較的劣化の少ない薄茶色のオイルが10cmほどの輪を作っています。
そろそろエンジンオイルの交換時期なので、エンジンオイルであればもう少し濃い色のオイルであるはず。 とするとミッションオイルが漏れている可能性が。

当日も運転していて特にアラートもなし、漏れている量からしてダダ漏れではなさそうなもののの、車から漏れ出ているものに良い物はありません。

メンテナンスをお願いしているディーラーも営業時間を終えており、翌月曜日は休業日。 万事休すで火曜日の朝に電話をかけて状況を説明し、車を持ち込む旨を伝えます。

さすがに少量の漏れとはいえ、気づいてから丸一日以上経っているので自走は諦めレッカーを手配。

幸いエンジンもかかり、アラートも出てないので車を動かしてレッカー車まで移動、荷台に積んで運んでもらいます。

2017IMG_5617.jpg

「ドナドナ」が頭の中で流れます。 この光景はいつも思いますが見たくないものです。

メカニックに状況を説明して車を預け、翌日に連絡を受けました。

予想通りトランスミッションのオイルパンに亀裂がありそこからのオイル漏れとのこと。 トランスミッションの下にはアンダーカバーがあり、それも破損箇所あり。 それ以外にマフラーに打痕、マフラーハンガーのゴムに擦れた跡があるとのこと。

2017P1170712.jpg

2017P1170682.jpg

2017P1170695.jpg

状況から見てアンダーカバー、マフラーハンガーは交換しなくても良さそうですとの事なので、オイルパンの交換とオイルの補充、交換時期を迎えたエンジンオイルの交換を依頼しました。

思い返せば確かに伊豆を走っている時に車の下を何かが当たりながら転がっていくのを感じていたので、多分あれだろうなぁと思っています。

普段走っている分には何ら支障はないのですが、ちょっと車高を上げた方が良さそうですね。

いやはやここのところ、フロントガラス、タイヤに続きオイル漏れと災難続き。。。 日頃の行いを見直さないといけませんね。

ともあれ、伊豆で不動車にならなくて良かったと前向きに考えることにします。


ちなみにこのミッションオイルは交換不要ということになっていますが、交換しようとするととても高いことが分かりました。
オイルパンは大したことがないのですが、純正ミッションオイルは1L、8000円ほどします。 そして9Lも使います。
怖いですねぇ。。。

スポンサーサイト



1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31

top bottom