FC2ブログ

amataro's note


In 08 2017

27
Category: 未分類   Tags: ---

Novarossi VIRTUE リフレッシュ

最近は月に一回できるかどうかのラジコンですが、行けない間にメンテナンスを。

以前に購入したイタリアのNovarossi(ノヴァロッシ)のVIRTUEという2.1ccのエンジン。 
普通に走るには十分速いのですが、圧縮が抜けてきてすでにエンジンとしては役目を終了しました。 実車と同じくラジコンのエンジンもパーツが供給されており、消耗するピストン、スリーブ、コンロッドはメンテナンスパーツとして後から購入ができます。

ただ不評だったのかこのエンジンはすでにカタログ落ちしており、交換のパーツがどこにも見当たりません。 やっとイタリアのショップで見つけて購入、待つこと2週間ほどで届きました。

R0010737.jpg

外見は綺麗なものですが、流石に中身の消耗は進んでおります。

R0010743.jpg

すべてのパーツをばらして洗浄。 クランクシャフトベアリングも消耗品ですが、今のところ大丈夫そうです。

R0010756.jpg

左が消耗したピストンとスリーブ、右が購入した新品です。
実際にクランクシャフトを回してみると、上死点で圧縮は感じられるものの手で回るほどの圧縮しかなく、実用的なものではありません。
対して新品のピストン、スリーブは手では決して回らないほどのキツさです。

メンテナンス用のオイルを差しながらエンジンを組み立てます。

R0010761.jpg

キャブレターも取り外したので、このタイミングでばらして洗浄します。

R0010764.jpg

特に消耗しているパーツはなく、すべて洗浄したのちに組み立てます。
キャブレターはシンプルな構成ですが、ここが空気を吸ったり、綺麗にガソリンを噴射できないとエンジンが回ってくれません。

そしてクラッチ。

R0010766.jpg

遠心クラッチというもので、回転の上昇に伴ってウェイトが外側に押し出され、その力でクラッチシューを押し上げてクラッチベルに押し付けられた力でエンジンの回転をピニオンギアに伝えます。

パーツに劣化はなく綺麗に動力が繋がっているので、掃除だけして組み込みます。


これからエンジンの馴らしを約500ccから1Lほど行うのですが、実車のエンジンほどの精度はないので、馴らしの仕方で次第でエンジンの出来がかなり変わってしまいます。
多分前回の時の馴らしはうまくできてなかったので、寿命の短いエンジンにしてしまいました。

前回の反省を踏まえて、うまくエンジンが育つようにがんばります。

スポンサーサイト




05
Category: 未分類   Tags: ---

フィルターメンテナンス

エアコンのファンが回り始めた時に少しホコリっぽい匂いがするようになってきたので、エアコンのマイクルフィルターを交換します。
純正のものよりも少し集塵能力の高そうなMANNのフィルターを購入。 このフィルターはだいぶ車種ごとの共有化が図られているようで、通常のF30型と同じものでした。

交換はキャビン側助手席の足元のアッパーパネルを下ろして行います。 作業は難しくないのですが、かなり無理な体勢をを強いられるのでそれがつらかったです。

取り出したフィルターはかなり色もだいぶ変わっており、新しいモノに交換するだけでも気分的に綺麗になった感じがします。

IMG_6070.jpg

新しいフィルターを押し込んで蓋閉めて交換は完了です。

IMG_6067.jpg

エアフィルターの交換は少しトリッキーです。 直6の3Lエンジンなのにエアフィルターは2つ、エンジンルームの左右に分かれてフィルターボックスが取り付けられています。

IMG_6075.jpg

エアフィルターボックスの上を跨ぐカーボンのタワーバーを取り外さないと、エアクリーナーボックスを開けることができません。
タワーバーの付け根部分にはボディーの左右をつなぐしっかりとしたタワーバーが見て取れます。 

IMG_6079.jpg

カーボンのタワーバーを取り外すとかなりエンジンルームがスッキリしますね。 

IMG_6084.jpg

エアクリーナーボックスのトルクスねじを外して中のフィルターを取り出します。 思ったほど汚れはないようです。

IMG_6087.jpg

ボックス内の埃もこのタイミングで綺麗にふき取って、新しいフィルターを組み込みます。
フィルター2つということで、今後のことも考えコストパフォーマンスに優れたK&N製のフィルターにしました。

IMG_6090.jpg

すべて元に戻して交換完了です。
交換作業自体は30分ほど。 思っていたよりも簡単でしたが、フィルター交換にずいぶんとボルトを外さないといけないので、作業としては面倒ですね。

K&Nのフィルターは清掃、再利用が可能なので定期メンテナンスの一つとして記録に残しておきました。



1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
31

top bottom