FC2ブログ

amataro's note


In 12 2017

28
Category: 未分類   Tags: ---

ぐるっと富士山

天気予報では晴天ということだったので、富士山を見に出かけてみました。

R0011508.jpg

東名高速から新東名へ分岐して新富士インターでアウト。

R0011511.jpg

インターを降りたあたりで夜が明けてきました。 天気予報通り空は雲一つない晴天です。
139号を北へと走ります。 この時間でもそこそこの交通量でしたが、快適なペースで上井出の交差点から朝霧高原方面へと走ります。
県道414号をしばし走り、途中左に折れて田貫湖へ。

このあたりで外気温はマイナス3度を差していました。

R0011517.jpg

丁度陽が差し始めたあたりに湖畔に着きます。 三脚を立てて写真を撮る人数名。 悴む指先をさすりながらしばし景色を堪能します。

少し走って田貫湖の対岸へ。

R0011525.jpg

こちら側からはまた違った角度で富士山を一望できます。

(注) これからずっと富士山と車の写真が続きますが、しばしお付き合いください m(_ _)m

DSC_20179897.jpg

あまり車も走らない道なので、雨の翌日などは凍結に注意した方がよさそうです。

田貫湖を後にして朝霧高原方面へ。
富士山へと向かう道を通ったので、車を止めて一休み。

DSC_200179905.jpg

周りは一面牧草地で清々しいはずですが物凄い悪臭。

DSC_9907.jpg

どうやらこのトラクターがブチマケているのは堆肥のようです。。。
望遠レンズを持ち出したことを後悔しながら車に駆け戻り、逃げるようにこの場を後にします。

R20170011568.jpg

富士クラシック・ゴルフ場へと向かう道。 
いつかプレーしてみたいゴルフ場の一つですが、流石に冬場は厳しいですね。 こんな氷点下の日でも営業はしているようです。

国道139号へ戻って本栖湖へ。

DSC_9915.jpg

湖の近くは風が強くあまりに寒かったので、5分でこの場所を後にします。

ぐるっと139号を富士山を右手に見て走り、西湖、河口湖を過ぎて忍野八海へ。

DSC_9937.jpg

朝早い時間でしたが、結構観光客もいました。

DSC_9925.jpg

なかなか写真では伝わりませんが、池の底まで見通せる水の透明度。 ここではPLフィルターがないとまともに写真は撮れません。

DSC_9964.jpg

少し雲がかかってきてしまいましたが、ここからの富士山も素晴らしい。
この角度からは登山道も見て取れます。

さらに139号を進んで山中湖から県道730号、三国山へ。
山中湖パノラマ台は有名なスポットですね。

DSC_9990.jpg

ひと山越えて御殿場へ。 ちょうど昼の時間となったので、前から気になっていた蕎麦屋「蕎仙坊」(きょうざんぼう)へ行ってみることにします。

R0011620.jpg

御殿場インターを通り過ぎ、県道24号でススキ野原を越えて、しばらく走ったところ。 こんなところに?という入口を入っていきます。

丁度12時前に店に入り座ることができましたが、私の後は席待ちとなっていました。

R0011617.jpg
 
二色盛り (二八蕎麦と田舎蕎麦)に天ぷらを付けてもらいます。

R0011614.jpg

R0011616.jpg

確かに富士山のふもとのささやかな店ですが人が絶えることがなく、店を出るときには結構な待ちとなっていました。

お腹も満たされたので来た道を戻り、御殿場ICから帰ります。


ひたすら富士山を堪能したドライブでした。 
陽が高くなってからは少し雲もかかりましたが、雲がかかった富士山もまた悪くないと思いました。

今年のドライブはこれで終わりです。
車も4万kmを越え、今までと同じペースで走行距離を伸ばしています。 来年も大きなトラブルなくドライブに出かけて行きたいと思っています。



スポンサーサイト


24
Category: 未分類   Tags: ---

オーストラリア メルボルン

今年最後の大仕事でオーストラリア、メルボルンへ12月の始め頃行っていました。

6泊の旅程でしたがそれでもギリギリのスケジュールでとても観光などの時間は取れず、ほぼホテルと会社の往復。 合間に近くを少し歩く程度でしたが、記録に残しておこうと思います。

IMG_6743.jpg

日本からメルボルンへは直行便で10時間半ほどかかります。 カンタス航空は夜のフライトとなるので、日本を夕方に出て現地に朝着くスケジュールです。

南半球なので季節は逆。 半袖をスーツケースに詰め込んで行きましたが現地は思ったよりも寒く、上着が必要なほど。
持って行った半袖は一度も着ることなく持って帰ってきました。

R0011138.jpg

一番印象的だったのはコーヒー。
街中のいたるところに小さなコーヒースタンドがあり、コーヒーを片手に歩く人も多く見られます。 

オーストラリアでは所謂カフェオレをフラットホワイトと言います。 Mサイズに相当する大きさで大体3から4オーストラリアドル。
日本円で約250-350円程です。

色々なスタンドで買いましたが、どこも特色があるものの平均してレベルが高くおいしかったです。
現地の人によると、スターバックスも一時進出したものの流行らずにほとんど撤退してしまったとのこと。

R0011189.jpg

町並みはヨーロッパのように古い石の建物と新しいビルが混在していて、トラムが大通りを走っています。
市内でのメインの交通手段となっていて、市の中心部では無料で乗ることができます。

R0011151.jpg

夜の9時ぐらいでやっと陽が傾き始めます。
一部飲食店を除いてお店は6時ぐらいには閉まってしまうので、夕方の帰宅時間を過ぎると人もまばらです。

R0011177.jpg

オーストラリアは日本と同じ左側通行。 車も右ハンドルで多種多様な車が走っていました。 思ったよりも日本車が少ない印象でした。
現地ではホールデンというGM傘下のメーカーがあり、ホールデンの車が多く走っていました。

R0011204.jpg

時期的なものなのか、着いた当日と帰る日のみ晴れて、それ以外の日はほぼ雨という天気に恵まれない日程でした。

仕事上がりに少し近くを歩いたスナップ写真をいくつか。

R0011149.jpg

R0011206.jpg

R0011210.jpg

R0011216.jpg

考えてみればまともな食事もせず、ただひたすら働いて寝て帰ってきたような出張ではありました。

シドニーなどと比べると町の規模は大きくありませんが、少しゆっくりした感じと利便性、緑の多さや海に近いことなど含めて、生活するにはとても良さそうなところでした。

また次に行くことがあるか分かりませんが、もし行くことがあったら今度はゆっくりと観光してみたいと思える場所でした。


今回は時間がないことが分かっていたので、カメラはコンパクトなリコーのGR IIのみ。
未だに使い方をよく理解していませんが、歩きながら写真を撮るには良いスナップシューターであることがよく分かりました。


11
Category: 未分類   Tags: ---

ぶらっと箱根

一年の後半になってくると毎年忙しくはなってくるのですが、今年は師走を前にして走っています。 いや、追いかけられているといった方が近いか。。。

そんな中、平日に休みをとったものの結局午前中を所用で使ってしまい、んー温泉でも行くかと思ったのは昼近く。 とりあえず箱根方面へと走りました。  
といっても走ったのは11月後半。 デジカメをPCに繋いで取り込んだ写真を見て、そういえば箱根行ったなぁ、と思い出した次第です。 


平日とはいえ昼近くの時間では自分のペースで走れる道も少なかろうと、いつもの小田原厚木道路経由ではなく東名御殿場まで一気に走ります。
御殿場インターを出て箱根方面へ。 県道401号へ右に折れ長尾峠方面へ走ります。

R0011052.jpg

M1ボタンにプリセットしたシフトプログラム2とスロットルレスポンスSportsを呼び出し、ギアを2速に落として道を登って行きます。

何台かバイクと車とすれ違いますが先行車はなく、見通しの良いところはアクセルを開けていきます。

陽の当たり具合で紅葉の進んでいるところとこれからな木々、緑、黄色、赤と入り混じった景色を楽しみました。

DSC_9752.jpg

箱根スカイラインに入り野尻峠まで。
右に開けた視界に山の稜線を見ながら進みます。 毎回走る度に思うのですが、箱根スカイラインはどうも自分には走りずらい道なのです。
路面のコンディションは悪くなく、道幅も決して狭くはないのですが、気持ちよく走れたことがありません。 ま、急ぐこともないので自分のペースで走り野尻峠の分岐で一休み。

DSC_9763.jpg

DSC_9770.jpg

芦ノ湖を時計回りに進んでロープウェイを越え、目に入った箱根神社の看板。 何度も箱根には来ていますが、箱根神社に行ったことはなかったので寄ってみることにします。

DSC_9796.jpg

入口から心折れそうな階段に迎えられますが、パワースポットに挙げられる神社ですので、ご利益を求めて登ってみます。
年内の平穏な日々を願って、色づきもピークを迎えている紅葉を愛でながら降りてきました。

DSC_9789.jpg

次に向かったのは少し先にある芦ノ湖沿いの箱根公園。 ここも入口までは来たことがあったものの行くのは初めてです。
振り返ってみると、箱根は山の方ばかり走っていて、ゆっくりと観光をしたことがなかったなぁと。 
たまにはゆっくりと歩いてみるもの良いですね。

DSC_9815.jpg

芦ノ湖に張り出すように位置する箱根公園は芦ノ湖を一望できるスポットが多々あります。 あまりメジャーでないのか観光客も少なく、静かな雰囲気で芦ノ湖をしばし眺めました。

DSC_9781.jpg

動き出したのが昼なので、陽も少し傾いてきました。
近場の温泉を求めて箱根新道を温泉街方面へと降りていきます。

R0011068.jpg

天山湯治郷は箱根新道に平行して走る旧東海道沿いから降りたところにあります。
有名な立ち寄り湯なのでそこそこ混んではいますが、平日に行くとそれほどでもありません。

どちらかというと併設する一休の方が好みなのですが、この日はお休みとのこと。
天山で日ごろの疲れを流して陽が暮れるまでボケっと極楽な時間を過ごしました。

帰りは小田原から厚木経由で、東名で東京インターまで。 さして詰まることもなく帰ってこれました。

R0011064.jpg

ちょっと温泉でもと思って行った箱根、いつも通り過ぎてしまうところにも寄れて、たまにはゆっくりと行くのも良いものだと思いました。



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
29
30
31

top bottom