FC2ブログ

amataro's note


In 08 2018

22
Category: 未分類   Tags: ---

箱根伊豆ドライブ 続き

DSC_20181279.jpg

時々2車線の走りやすい道にはなったりはするものの、やっぱり細い道が続きます。  

下田街道を超えてさらに西へ。 風早峠から仁科峠方面へ曲がって西天城高原の駐車場へ。
やっとまともな道に出ました。

DSC_20181281.jpg

日差しは強いものの少し涼しさを感じる風に吹かれ、すこぶる気持ち良いです。

DSC_20181286.jpg

これ以上狭い道は御免なので、松崎へと抜ける59号へは行かずに北へ向かいます。

仁科峠から西伊豆バイパスの間は好きな道の一つです。 程よいコーナーとアップダウンの起伏に富んだ道を走ります。

DSC_20181300.jpg

西伊豆スカイラインに入って、2速3速をメインに使って上りを走ります。 
達磨山を越えてさらに北へ。 127号でさらにひと山越えて海岸線へと下りました。

R20180012948.jpg

沼津から伊豆半島の内側へ入って、どこか温泉でもと思ったものの近くで思い当たるところがなく、以前に寄ったことのある韮山の温泉に向かいました。

IMG_20188467.jpg

田んぼの中の道を走って、少し山を登ったところに駒の湯はあります。 以前は別の名前だったと思うのですが、経営が変わったみたいです。

IMG_20188470.jpg

ここの温泉の湯は「ぬるい」ことを売りにしています。 長いこと浸かってられるのですが、途中で必ず眠くなります。

湯上りに少し涼しい風を感じながら目を覚まし、帰りの方向へ。

沼津市街を抜け沼津ICから東名高速登りへ。 丁度昼の時間になったので、御殿場でちょっと寄り道です。

虎屋工房は平日なのに人でいっぱいでした。 
空いていればお茶でも飲んでゆっくりと思いましたが、お土産を見繕い早々に退散。 近くの蕎麦屋を検索しました。

遊季庭かわ嶋、という蕎麦屋がヒットし、御殿場インターからも近かったので行ってみることに。
入り口から料亭ような門構えで一瞬躊躇しましたが、入ってみました。

IMG_20188479.jpg

中庭を通ってお店の中に入ると結構普通の蕎麦屋でした。 遊季そばというお店の名前にもなっている蕎麦を注文。

IMG_20188476.jpg

かなりのボリュームでお腹いっぱい。 特別な感じではありませんが、蕎麦も天ぷらも美味しくいただきました。

ここからは帰るのみ。 御殿場インターから東名高速をまっすぐ、渋滞もなく東京インターまで。


久しぶりの箱根、伊豆方面でしたが、幸い天気も良く、温泉もご飯も楽しめたドライブでした。
これから夏の終わりにかけて涼を求めてまたどこかに出かけようと思います。

R20180012955.jpg

スポンサーサイト


16
Category: 未分類   Tags: ---

箱根伊豆ドライブ

お盆前の平日休み、箱根、伊豆方面へと出かけてみました。

随分久しぶりな感じがしたので自分の書いたブログを読み返してみると、以前に箱根を走ったのは去年の12月。 あっという間に一年が過ぎていきます。

IMG_20188447.jpg

日が登り始めたあたりに家を出て、東名高速、厚木から小田原厚木道路と走って箱根までノンストップで来ました。
気温は夜明けと共に上がり続けて、ターンパイクの入り口でもすでに暑さを感じます。

DSC_20181208.jpg

少し休憩の後、料金所を抜けて長い登りを登って行きます。 こういう長い登りは低い回転数からトルクが立ちあがるターボ車には分がありますね。 ジンワリとアクセルを踏み込み少しずつペースを上げて行きます。 
平日の朝ですから、前走車もすれ違う車もおらず、好きなペースで走れました。

回転数もさして高いところをキープしてませんが、車を止めた後もファンが長いこと回ったままです。 
山の上の方に来ても気温は高く、今日も一日暑い日になりそうな感じです。

DSC_20181226.jpg

こんな日は景色は望むべくもなく、モヤっとした空気に包まれてしまいます。
陽を受けた道端の草は朝露を帯びて光っていました。

DSC_20181236.jpg

DSC_20181223.jpg
 

走っている車もいなかったので、下りも走ってみますが、どうも下りは苦手です。 大したこと無いところで、トラクションコントロールが介入します。 少し足回りの設定を調整した方が良いのかもしれません。
金魚コーナーでもう一休みして、先に進むことにしました。

IMG_20188452.jpg

大観山手前から霧に包まれ、視界を遮られたまま伊豆スカイライン、熱海峠の入り口まで走ります。
伊豆スカイラインに入ってからは、霧も晴れて今度は強い日差しにさらされます。

ところどころペースカーを挟みますが、概ね自分のペースで走れました。 

最近はアクセルレスポンスもシフトモードも一番大人しいモードで走ることが多くなって来ました。
確かにアクセルのレスポンスはひと呼吸置くような感じがあるのですが、むしろ感覚的にリアルな感じがします。 シフトモードも自分でギアを選ぶ限り、遅い感じはなく自分にはちょうどよい感じです。


DSC_20181252.jpg

亀石でいったん休憩。 気温は30度を超えて、外に出ると蒸し暑い空気に包まれました。 
外にいるのも厳しい暑さなので、新しい飲み物だけ買って先に進みます。

冷川で伊豆スカイラインを後にして西へハンドルを切ります。 少し南に「萬城の滝」というのがあったので、寄ってみることにしました。

DSC_20181270.jpg

無論、こんな時間に滝を見に来る人などおらず、一人涼しい木陰を滝の音のする方に降りて行きました。

DSC_20181269.jpg

しばし歩いた先には岩を削り取るように流れ落ちる滝が待ってました。 落差はあまりないものの水量が多く、低く音を立てて滝つぼに水が吸い込まれていきます。



マイナスイオンをしこたま浴びて、来た道を駐車場まで戻ります。
この辺りではワサビを作っているようですね。 水が綺麗なのも納得です。

DSC_20181276.jpg

どこをあて先に設定したのか忘れましたが、ここから先、天城高原方面へとつながる道をナビゲーションの指示通り進みます。

IMG_20188459.jpg

しばらく進むとどっかで見覚えのある六角形の標識59号。
ん、59号?

IMG_20188461.jpg

あー、憎き県道59号はこんな所まで繋がっているのですね。
幸い道幅は狭くないものの、小枝や枯葉に覆われた路面を走ることしばし。 頼むからパンクだけはしないでくれと祈りながら、ズルズルと滑べる道を先に進みました。

毎回気づくと59号です。。。

つづく






13
Category: 未分類   Tags: ---

小物メンテナンス

前回の交換から約1年ほど経ちましたので、エアコンフィルター(キャビンフィルター)を交換しました。

今回もMANNフィルターを購入。 amazonで注文して翌日に到着です。
エンジン始動時に少しかび臭い匂いがしてきたので、同時に「わさびデェール」というものも購入してみました。

わさびの効用で消臭効果があるということですが、どうなんでしょうか? 試しにという感じですね。


IMG_20188373.jpg

交換は相変わらず厳しい体勢を強いられますが、慣れれば10分ほどで交換できます。
取り外したフィルターはやはりだいぶ汚れておりました。

IMG_20188377.jpg




ワイパーも1年ほど交換していないので交換です。
たまたまCOSTCOに行った際に安く売っていたワイパーを購入してみました。 以前にも一度COSTCOで買ったことがあったのですが、それは流石に安いだけある品質で結果としてすぐに交換することに。

今回はValeoの物が売っていたので、安いながらもちょっと試してみたく購入。

IMG_20188433.jpg

この説明ではさっぱり分からず、あーでもないこーでもないと知恵の輪のようにパーツを組み合わせて何とか取り付けられました。



IMG_20188435.jpg

炎天下の中、汗だくで説明書とにらめっこ。 室内でもできたなと今更ながら後悔。

IMG_20188438.jpg

交換の際はアームでフロントガラスを傷つけないように、何かしらで保護しながら交換することをお勧めします。



一度雨の中走る機会がありましたが、特に問題なく良さそうな感じです。

純正のワイパーと比べると1/5ぐらいの価格なので、これでちゃんと持ってくれればかなりコストパフォーマンスは良さそうです。










08
Category: 未分類   Tags: ---

旅行あとがき

今回旅行に行く際、できるだけ身軽に動きたかったので持って行くカメラのレンズを思案しておりました。

軽さと大きさだけで絞ると単焦点レンズなのですが、レンズをつけ替える手間と時間を考えるとやはり便利なのはズームレンズ。 
持っている標準画角をカバーするズームレンズ、24-120mm F4は決して軽くはないものの、F4通しでほぼ必要な画角をカバーしているのでこれは持って行くことにします。

何本もレンズを持って行っても、結構付け替えないと分かっているので、レンズは2本までとしました。 もう一本は35mmか50mmの短焦点を持っていこうかと思ってました。
が、色々現地の事を調べているともっと広角が欲しいなと思い始めて、旅行の計画から脱線してレンズを調べることに。。。

結局、色々と悩んだ結果Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-EDと言う古いレンズを中古で購入するのですが、このお手頃価格の古いレンズが便利で、ほぼ付けっぱなし状態でした。

IMG_20188446.jpg

超広角でもなく、ズーム域も広くはなく、明るくもないレンズですが何より軽い。 それでいて映りも決して悪くはなく、スナップ的に使うのであれば十分な画質です。

これ以上に広角なレンズもラインナップにはありますが、持ち歩いてガシガシと撮るとなると大くて重いというのはネックになります。 そしてお高いですね。

広角18mmからですが、FXフォーマットで撮るとそれなりに広く撮れるので、風景などはダイナミックな景色を収められますし、建物などもパースペクティブの効いた写真が撮れるのは、今更ながら新たな発見でした。

DSC_20180405.jpg





そしてポケットに入る大きさのコンデジとしてRICOH GR2。

IMG_20188441.jpg

ズームはないものの起動時間も早く、映りも良いのでスナップシューターとしてはとても頼りになる一台です。

基本的にはRAWで撮ることが多いのですが、このGRではJPEGで撮ることの方が多いです。
エフェクトモードにMIYABIというモードがあるのですが、これがフィルムのようなちょっと独特の感じの写真になります。

身軽に動きたいときには、GR2だけ持ってという機会が多かった気がします。

R20180012655.jpg



しかし撮った写真を後から選別して調整してという作業は時間がかかります。 もっと成功率の高い撮り方をしないとなぁと、駄作ばかりを生産しながら思った次第です。



1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom