FC2ブログ

amataro's note


In 05 2020

19
Category: 未分類   Tags: ---

Infinity IF15

こちらも走らない、走らせられない車です。

京商の1/10GP(エンジン)カテゴリーのマシン、V-One R4 Evoというマシンを使っていましたが、未だ現役とはいえ発売からかなりの年数がっ経っているので設計の古さは否めません。 
ある程度セッティングずれててもそれなりに走ってくれる懐の深い良いシャーシなのですが、新しいモデルに目移りしました。

このカテゴリーでは日本のメーカーは京商と無限精機ぐらいしか車を作ってなかったのですが、最近クリエイションモデルという会社が色々と新しいシャーシを出しています。 

海外のメーカーは魅力的なモデルがたくさんあるのですが、代理店が結構変わったりでパーツの供給に不安があります。 ということでクリエイションモデルのINFINITYというブランド、IF15というモデルを購入、組み立てました。

R0014560_DxO.jpg

こういう外装とかも日本のメーカーは高級感があります。

R0014567_DxO.jpg

メインシャーシは3mm厚のジュラルミン。 軽量化と強度、フレックスを兼ねなければならないシャーシは、どのメーカーも試行錯誤の跡が見れます。 
シャーシは海外のメーカーと比べるとそっけない感じです。 海外メーカーは芸術的な仕上がりで、1g削るための設計がされています。

R0014572_DxO.jpg

流石に日本のメーカーだなと思うのは、組み立てる順番にパーツが各々袋とじされていること。 そして各々パーツの精度。
組み立てていてあまり細かい調整なくスルスルと組み立てられます。

フロントのデフケースも中のベベルギアも小さく、フリクションが少ない設定になっています。 この辺りは最近のトレンドです。

R0014583_DxO.jpg

スロットルとステアリングのサーボ、メカ回りの配線はどのシャーシでもギリギリで、配線の取り回しに苦労するところです。
今回はサーボのリード線を最短距離に切ってコネクターを作り直しました。
ギアに干渉しても路面を引きずったりしても切れますので、遊びは最小限に、かつある程度の振動の許容するように組まないといけないので、この辺りは試行錯誤で組んでバラシての繰り返しで最適解を見つけます。

エンジン全開でノーコンで暴走する車を経験すると、トラウマになるほどの恐怖です。。。 なのでこの辺りは気を使います。

R0014588_DxO.jpg

フロントのサスマウントおよびバルクヘッドはアルミ製になり強度が増しています。 スタビライザーのサポート部にもベアリングが使われていて、スムーズにスタビが動くようになっています。
この辺りも定番の設計ですが、精度はとても高いです。

R0014604_DxO.jpg

リアも強度が必要な部分はアルミで、しなやかさが必要な部分はプラスチック製となっています。 プラスチックもカーボンの含有量でフレックスをコントロールしているようです。
ロアサスアームはここ最近の流行りでフラットなアーム。 強度と空気抵抗が考慮されています。

キャンバーとロールセンターの調整幅も十分あります。 アッパーアーム支点の受け側も厚みのあるカーボンで信頼性ありそうです。 ここ良く割れるんです。

R0014615_DxO.jpg

コツコツとやって4日ほどで完成。 
説明書どおりのセッティングなので、後は走って調整ですが、まあいつ走れることやら。

だいぶ世の中落ち着いてきてはいるようですが、もうひと辛抱って感じですね。

スポンサーサイト




10
Category: 未分類   Tags: ---

43,350

履いていたタイヤの交換を行いました。

今回もミシュラン パイロットスポーツ4S (PS4S)の純正サイズ255/35/19 278/35/19。 ネットで2019年生産が4本見つけられたので、ショップへ直送。
前回同様、TireFittersさんに取り置きしていただき、交換予約をして向かいました。

R0014749_DxO.jpg

タイトルの43,350は今回交換までに走った距離。 27,450kmで最初のタイヤパイロットスーパースポーツからPS4Sに交換後、今回の交換時の走行距離は70,800km。 4万キロ以上を走ったことになります。

今までの交換ペースはおおよそ22,000kmから26,000kmほど。 倍までは行かないにしても、ずいぶんと持ちました。
UTQGの指標ではトレドウェアは300ですが、私の走り方では数値以上に走れるようです。

ですが

R0014758_DxO.jpg

交換後のタイヤを確認すると、フロントの内側ショルダーのカーカスが見え始めています。 時々状態は確認していましたが、このショルダー部分は未確認でした。 といういか今までトレッド面の溝に対してここまでショルダーが減ったことはありません。

アライメントを再度確認した方がよさそうですね。 フロントの空気圧も0.1~0.2kgほど高めにして様子を見ようと思います。


交換後、ほとんど印象が変わりません。 ゴムの厚さは感じられますが、使い古したタイヤと乗り心地が殆ど変わらないのは驚きです。

ある特定のスピード域で感じられたフロントの微振動も綺麗になくなりました。 これはホイールバランスなのかショルダーの摩耗によるものなのか分かりませんが、いずれにしてもバランスが取れたのは良いことです。 

ちなみに、フロントのサイズはMade in FRANCE、リアはUSAになります。 どうやらサイズによって生産国を分けているようですね。



1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom