amataro's note


15
Category: Audio   Tags: ---

MIMESIS 330ME

だんだんマニアックなblogになってきた。。。 こんなの見て分かる人がいるんだろうかとも思うが、

世の中は広い




世間ではは賛否両論あるらしいが、これは久しぶりに欲しいと思った 筐体だけでも欲しい


Audioに興味のある人なら少なからず聞いたことがあると思うが、Goldmund(ゴールドムンド)というスイスのメーカーのアンプリファイア 確かにMarkLevinsonやJBLやMachintoshのような大御所とはちょっと違うかも知れないが、方を並べるほどAudio Phileでは定番のメーカー

Audioはもちろん音がよい(もちろん”音が良い”の定義は人による)事が第一前提だが、やはり所有欲というのも多々あると思う 所有することに喜びを感じるもの Goldmundはそんなメーカーだと思う


シンプルで小さな筐体とswiss madeという点 見た目から連想されるハイスピードでクールな音 大きさからは想像できないパワー


そしてはやりいいと思うものはそれなりの価格を伴う法則で最低レベルのプリアンプですら手が届かない金額。。。 

しかしこのMIMESIS 330MEはインテグレーテッド・アンプとして68万 内容を考えるとバーゲンとしか思えない価格 (誤解を招く恐れがあるので注釈を入れる それでも普通に買える値段ではまったくない(汗;;;)

 

MIMESIS 27.3MEをベースにJOBサーキットを詰め込んでインテグレーテッド・アンプに仕立てあげた代物 確かに27.3MEはプリアンプとするとSRの中身をHighEndのMIMESISの筐体に詰めただけということで評判は悪いのだが、それでも最新のJOBサーキットとSRレベルであれプリアンプを備えたインテグレーテッド・アンプが68万


冷静に考えると普通に高い。。。 確かにコストパフォーマンスは抜群に高いのですが、アンプに70万はかなり覚悟が必要ですな。。。


将来の楽しみに取っときましょう 


スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom