amataro's note


19
Category: Audio   Tags: ---

Harmonix HS-101 improved

またしてもHarmonixです スピーカーケーブルはだいぶ良い方向に音が伸びてきたので、RCAも同じメーカーの同グレードに変えてみました



HS-101という型番ですが、Improvedということでグレードアップ版になります メーカーのコメントを借りると

世界初、究極の低電磁波ケーブルとして国内外のオーディオ界で話題をさらったHS-101。その音色の素晴らしさは、現在でも海外の専門誌によって最高の評価を受けています。そのHS101をさらにグレードアップしたのがこのimprovedです。HS101-improvedは、HS101の技術をそのままに、さらに全帯域をを一回り豊かに再生するよう改良したもので、以前にもまして一層濃密な情報再生、そして豊かでデリケートな表現をします。導体は一方向性結晶高純度無酸素銅(PCOCC)撚り線。 シールド処理及びチューニング加工済み。

ということで期待しつつ、今まで使っていたOrtofonのReference 6NXから交換して見ました

第一印象はReference 6NXと比べると音が薄いという印象です 2,3曲聴いて戻そうかと思いました 音楽がまったく面白くないのです。。。 これはスピーカーケーブルの方向性とも共通しますが、音が整ってバランスよく出ているということなのだと思います しかしヴォーカルものはとても綺麗に聞こえるもし、定位感も音の粒のそろい方、広がりもとてもよいのですが、物足りなく気持ちよく聞ける音ではなくなってしまいました



こればかりは音の好き嫌いですが、そう考えるとOrtofonのRCAの音は自分の好みでありコストパフォーマンスが良いと思いました

Ortofon Reference 6NX 1m 定価 16,800円
Harmonix HS-101 Improved 0.75m 定価 56,700円

急いで結論を出す必要ものないので、当分この組み合わせで比較をしてみたいと思っています
しかし、分かってはいるもののRCA 1本にここまで音の支配力があるのには結構驚きました
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30

top bottom