amataro's note


26
Category: Audio   Tags: ---

hobby


めっきりオーディオ熱が冷めてしまった今日この頃で、あまり音楽も聴いておりませんがそのうち聴きたいソースが出てきたらまた復活すると思うので、今のままのシステムを保持しておこうかと思っています

最近はiPodに代表されるデジタルプレーヤが主に音楽を聴くハードウェアとして定着してますので、オーディオを趣味とする人も少ないのかなぁと思います 確かに普通に聴く分にはなんら不自由ない音で聴けますし、何よりお手軽なのは分かるのですが、やはり本当に好きな音楽は少しこだわった機器で聴いたらもっとよく聴こえるのになぁとちょっと勿体なく思ってしまいます

そもそもオーディオを趣味とする人って求めるものがいろいろ違うのだと思いますが、共通しているのは「よい音で好きな音楽を聴きたい」ということでしょうか そこから原音再生を求めたり、臨場感だったり、弦の響きやヴォーカルのリアルさだったり、求めるものはさまざまでそのソリューションもまたさまざまです

もちろん限界はないので泥沼にはまってしまうととことんですが、幸い結構低い予算というハードルがありますので、その中で楽しめればよいのだと思っています



その中で今回はアンプについて記録に残しておこうかと思います

いま家のシステムに入っているのはGoldmundというメーカーのアンプでSRI2 Evolutionというプリメインアンプが長いことその位置に置かれています

アンプには大まかに分けてセパレートと呼ばれる、プリアンプとパワーアンプが別筐体なものと、プリメインアンプと呼ばれるプリとパワーをひとつの筐体に収めたものがあります

各々メリット、デメリットはあるのですが、一般的にはプリメインアンプの方が安いこともありエントリーレベル、セパレートが上級者向けという感じでしょうか プリメインを使っているのは置く場所という制限もあるのですが、セパレートに行けない予算的な要因が残念ながら一番です

この Goldmundというメーカーですが、スイスを拠点として1978年に創立されたハイエンドのオーディオ機器を製造しているメーカーです 私の使っているSRI2 EvolutionというアンプはSRIというエントリーモデルの2ndモデルでそのEvolutionモデルという特殊な加工がいくつか施されたモデルになります 

あまり詳細な資料はないのですが、内部配線のグレードアップと天板がカーボンパネルが主な変更点と思われます

モデルや製造時期によっても変わるので一概には言えませんが、Goldmundというメーカーが作り出す音は独特の空気感や繊細さ、華やかさを伴うものが多く、エントリーモデルとはいえこのSRI2 EvoもGoldmundの音の傾向を引き継いでいます

もちろんハイエンドモデルとは桁違いのクオリティではありますが、ハイエンドモデルは金額も桁違いですから(普通にM5買えます。。。)検討外です

なによりこの筐体の多きさで比較的慣らしづらいといわれるDynaudioのウーファーを問題なく駆動してくれ、音の立ち上がりも広がりも左右のセパレーションも十分なクォリティで聞かせてくれています

もちろんさらに上はいくらでもあるのですが、現状特に不満に思えるところはあまりありません 音の雑身が少ないのか聴きやすい音なのか相当なレベルの音量で聴いていても寝れます

まだまだセッティングの余地もアクセサリーでのグレードアップも可能かと思っていますが、とりあえず現状バランスがよいようなので当面はこの機器構成、セッティングで鳴らしておこうかと思っています

今後どのような方向にグレードアップをしていこうかと考えるのも趣味でありオーディオの楽しみの一つであります

スポンサーサイト



 

Comments

Edit1 ■いいなぁ~♪
amataroさん、こんにちは。月光花です。

羨ましいッス(笑)

AVに嵌るにゃ、それなりの環境が必要
だと思うんですよん。
一軒家ならなぁ~、今は集合住宅です
から到底無理でし(笑)

それでもマランツのチッコイシステム
だけ組んでますぅ~♪
Edit2 ■ムンド+ディナ=うらやまし~
こんばんは。

ゴールドムンド&ディナウディオ、とてもうらやましいです~。
果たして、どんな音がするのでしょうか???

うちはダイアトーン&トライオード300BPPのローエンドモデルの組み合わせで、
ちょっと高域にクセはありますが、結構気に入ってます。

そのうちミドルエンドくらいにアップグレードしたいですね~。
Edit3 ■無題
月光花さん こんにちは

うちも一軒家とはいえそんな大きな音は出せませんので、嫁がいない時にちょっと大きめの音で聴くぐらいのものです

いずれにしても部屋のキャパシティなりの音量がありますんで、音が飽和しないぐらいの音量で楽しんでおります、はい

マランツ前に使ってましたが、マランツの音の傾向好きですよー
Edit4 ■無題
くまぷぅさん こんにちは

ダイアトーンに300Bの真空管とは骨太な音が聴けそうですねー ジャズとかスローバラードなんてしびれそうです
真空管は一度は持ってみたいのですが、なかなか機会に恵まれません

ムンドとDynaydioは結構定番の組み合わせですが、マッチングが良い感じです
私はヴォーカルもの多いのですが、たまにゾクッとするようなリアルな音像が現れます

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30

top bottom