amataro's note


26
Category: お気に入り   Tags: ---

akiko

Akiko


 


Jazz vocalとしてはあまり知名度がないのかも知れないが、ニューヨークでの名門Jazzレーベル”ヴァーヴで認められファーストアルバム "GIRL TALK"はスイングジャーナル誌選定 "ゴールドディスク"にも選ばれている。


"akiko's holiday"はJazz Standardをアレンジしたカバーアルバム。 Moodyな曲からアップテンポのものまで全曲楽しめます。 特に好きなのが2曲目の "Come Rain or Come Shine"と3曲目の "Easy Living"。

Come Rain or Come Shineはもうただかっこいい! まず何より歌がうまい(当たり前だけど)に加えてリズム感にあふれるこの曲はテンションあがります。 "Easy Living"はある意味対極のスローでメローな曲。 これもMoodyですごく良いです。


1. My Man
2. Come Rain Or Come Shine 4:54
3. Easy Living
4. Body And Soul
5. What A Little Moonlight Can Do
6. Good Morning Heartache
7. Let's Call The Whole Thing Off (Interlude)
8. Love For Sale
9. Don't Explain
10. Gee Baby, Ain't I Good To You
11. God Bless' The Child
12. You've Changed 5:24


GIRL TALKもMood Indigoも好きなので、また別の機会に紹介しようと思う

スポンサーサイト



 

Trackbacks

フル・アルバムとしては『ガール・トーク』、『ヒップ・ポップ・バップ』に続く3枚目。ニューヨークでの録音。全曲ビリー・ホリデイゆかりのスタンダードを歌っている点がポイントだが、といってもそこはakikoのこと、スタンダード歌手が歌うスタンダードの世界ではなく、い

 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom