FC2ブログ

amataro's note


16
Category: Car   Tags: ---

break assist



amataroのあれこれ

写真とはなんら関係ありませんが、初めて経験したブレーキアシストについて書いてみようと思います

うる覚えでありますが、たしかマニュアルのどこかにブレーキアシストについて書かれておりました < うる覚えのまま書きますが(汗;

確か加速中の状態からすぐにブレーキを踏もうとすると、危険な状況にあると車が判断してブレーキングをアシストしてくれる機能だったと思います
どれぐらいの加速中なのか、どれぐらいの間隔でアクセルを離しブレーキを踏むとそうなるのか、ロジックは分かりませんがそれと思われる経験をしました

普通に40km/hぐらいから前の車がいなくなったので加速、直後左からの割り込みがありブレーキ、という操作をしたときに、通常ブレーキの踏みシロというか遊び部分があってそこから踏力+踏み加減でブレーキが利いてくると思いますが、この場合踏みシロがなく踏んだところからブレーキが利き始めるような感じでした
ポルシェのブレーキを踏んだ人ならなんとなく分かると思いますが、踏んだところから利き始めてそこから足の裏の踏力でコントロールするような感じです

BMWの踏んだ分だけ効くというブレーキに慣れていると、ちょっと戸惑います とはいえかれこれ4000km走って初めて経験したので、そうそう普通のシチュエーションでは出てこない機能なんだと思います

ひとつ思うのは、アクセルを離し直後にブレーキを踏むという操作の間に、車が判断しブレーキラインにあらかじめ圧をかけるという操作をしているわけで、そのスピードはすでに人の判断、操作のスピードを超えているのだなぁと実感しました

先日読んだ「ドライビング・メカニズム」においても、人の神経の伝達速度について述べられていますが、人はすでに起きた過去の物事に対して判断、操作をしていると書かれていたことを思い出しました そこでは速度の違いにより人は数m前に通り過ぎたものに対して判断をし操作している、かつ車によっても伝達の速度は変わると述べられていました 

とすると私のような凡人では1秒ぐらいの反応時間があったりするわけで、そう考えるとその間に車が判断して何かしらの手を打つというのも可能かと納得しました
本の中では物理的な神経の伝達速度以外は(シート越しに腰で感じた車の情報が脳に届くまでの70cmぐらい)、経験やトレーニングでその反応時間を縮めることもある程度可能であると。。。 

胴長の私には物理的に超えなければならない山があるようです



この場合は目で捕らえて脳で判断し、足がブレーキを踏むまでの距離なので胴が長いのは関係ないですね。。。






スポンサーサイト





 

Trackbacks

 

Comments

Edit1 ■違和感
amataroさん、こんにちは。月光花です。

同じE92 M3ですからブレーキアシストに関して
違和感を感じますよねぇ~

当時の書いた記事を読み返しましたよん(笑)
URL:http://blog.goo.ne.jp/bmwm1356/e/c3345e17714b435357f4079cd17906c8

この違和感は口で説明するにゃ、難しいですが
パニックブレーキ時にその恩恵を受けるドライ
バーは意外と多いのかもしれません。

ですけど、キチンと物理を理解しセオリー通り
に速く走れるドライバーにゃ、ナチュラル感覚の
方が優先されるべきであり、無用であると感じ
ますね。
このブレーキアシスト、ボタンで解除できる
システムでも良かったのでわ、と思います。
Edit2 ■無題
月光花さん こんにちは

確かに最近のプリ・セーフティという概念から考えると歓迎すべき機能だと思いますが、違和感があるので素直にに喜べないですね

センサーが察知しての制御なので、いくらでもON/OFFはできるでしょうから、設定の一つにOFFを入れてもらいたいものです
サーキットなどを走られる人には必須の機能ではないでしょうか?

ブレーキの引きづり感はちゃんと感じられるほどありますね もちろん減速するほど効いちゃいませんが、ローターとパッドが接触している感覚はあります これもあまり気持ちのいいもんじゃありませんね。。。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom