amataro's note


28
Category: 日記   Tags: ---

Amsterdam

帰ってきてからバタバタとしてまして、ずいぶんと時間がたってしまいました やっと最後の都市、アムステルダムです

以前にも書きましたが、スペインへは日本からの直行便がないため、どこかの都市を経由していくことになります 今回の場合はJAL便でアムステルダム経由での渡航だったので、なら帰りに寄ってみようということとなりました

正直ほとんど情報を持たず、ホテルだけ予約を入れ、ガイドブックは成田空港で買うという、なんともいい加減な勢いで行ってしまいました


amataroのあれこれ

前日の夜、最後のバルセロナの夜景を撮ってみました


スキポール空港からアムステルダムの街までは距離にするとそこそこの距離があります タクシーで行くと結構な金額となるため、電車にて移動しました

amataroのあれこれ

とにかくアムステルダムの情報がなくて、駅から近いところという条件にてホテルを探したので、果たしてどんなホテルかと思っていってみると、とてもクラッシックな感じのホテルでありました


amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

アムラス・アムステルダムは2007年オープンと新しいホテルなものの、かつて船会社の事務所だった1913年築のアールヌーボースタイルの建物をリニューアルしたとのこと

とはいえ、部屋はまったく今どきの部屋で快適でありました しかも珍しく冷蔵庫飲み放題ということで、ほぼあるもの飲み干しました(笑)

さて、アムステルダムですが、街の中を運河が張り巡らし、トラムが走り、車が走り、みんな自転車に乗っているという、なんとも交通事情の複雑な街であります 
ボーっと歩いているとそのうちのどれかに轢かれそうになります

amataroのあれこれ

街中を巡るにはとても便利なトラムです 一日券かもしくは15枚つづりの券がお得です

amataroのあれこれ

うちの会社にいるオランダ人も自転車が好きですが、やっと理由が分かりました みんな自転車に乗ってます しかも結構ブレーキ付いてない自転車が多いです(汗;

amataroのあれこれ

この街の道路は、トラムレーンと自動車レーンと自転車レーンがあります もうぐちゃぐちゃです。。。

amataroのあれこれ


amataroのあれこれ

とにかくどこを歩いても運河を越えるので、運河の街というイメージが強かったです

amataroのあれこれ

あと、空がとても印象に残っています なんか雲の形が日本と違うような気がします 


amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

あとオランダと言えばチューリップですかね? そもそも花屋さんがとても多い街でした
生花の取引量は世界一なんだそうです

amataroのあれこれ

多分実際に見ると驚くと思います しかも左ハンドル。。。 降りたら水ですけど。。。


amataroのあれこれ

さすがベルギーが近いだけあってビールの種類は豊富でした しかしあまりハイネケンを見かけなかったような。。。

amataroのあれこれ

見上げて協会の写真を撮っていたところ、この人に英語話せる?と声かけられました なんでも現地の学生さんで、写真を撮る人を撮るのが課題なんだそうです(笑)
ということで、私も写真を撮る姿を撮らせてもらいました


amataroのあれこれ

なんとなく普通のオッチャンもかっこよく見えたりします


しかし、こんな平和な穏便な街に見えて、マリファナを代表とするソフト・ドラッグが合法であり、トラブルも多いとのこと
飾り窓地区と言われる限られた地域(といっても駅前、しかも結構広い範囲)は売春が国で認められたビジネスとされていたり、なんとも見た目とのギャップが大きな国です

とはいえ、さして危ない雰囲気もなく、観光客は街を闊歩しておりました


賞味2日半の滞在でしたが、アムステルダムの街だけであれば十分かもしれません 帰りによって良かったと思いました

amataroのあれこれ

なんとなく寂しいような、もっといたいような気になりました


amataroのあれこれ

帰りの飛行機では雲に浮かぶ不思議な月を眺めることができました これで、長かった今年の旅も終わりです

つたない日記にお付き合いくださいまして、ありがとうございました~
スポンサーサイト



 

Comments

Edit1 ■無題
こんばんは!

ヴァーチャル旅行、とても楽しませていただきました(嬉)。

日本人にとって、オランダ=水車&チューリップ畑というイメージが強いのですが、
街中ではいずれも見かけることがありませんよね。

法律も結構緩めで、いろいろとカルチャーショックをうけますしね・・・(笑)。
Edit2 ■無題
こんにちはー。

一連の旅行行程記、非常に中身が濃く、たっぷり楽しませてもらいました。

スペインの空が「ラテンの突き抜けるような青い空」だとしたら、アムステルダムの空は「油絵の世界のようなコクのある空」といった感じですね(3, 9, 10枚目)。

そろそろ自分も、夏休みの計画を練らねば・・・仕事の関係でまだいつ休暇を取得するかも決まっていないのが現実ですが(汗)
Edit3 ■無題
くまぷぅさん こんにちは

わたしも行くまでオランダのイメージってチューリップ、風車のイメージだったんですが、アムステルダムはちょっと違いました

見た目とのギャップがとても印象的でありましたー
Edit4 ■無題
Dachiさん こんにちは

ヨーロッパの中でも空がこんなに違うものなのかと思いました
そう思うと、ゴッホやレンブラントの絵の描写もなにか通じるような気がします

アムステルダムは思ったより見たい絵がたくさんあって、美術館めぐりも良かったですよー

夏休み、どこかに出かけられるようでしたら、ブログにアップしてくださいねー
Edit5 ■ありがとうございます♪
amataroさん、お疲れ様でしたぁ~月光花です。

旅写真の難しさが伝わりますねぇ~

記録を撮るか、芸術を撮るかねっ♪
良いものを拝見できまして楽しいですぅ~

そうそう、ポルポル納車が8月2日に決定しま
したぁ~
それに合わせ、New blogをプレオープン中
ですぅ~(笑)
名前クリックで行けますよん♪
Edit6 ■無題
月光花さん こんにちは

先ほど新しい方のブログにもコメント残させていただきました
とうとう今週末ですねぇー♪

旅写真の難しさ、分かってもらえますか?
まあ、私の場合、写真家でも旅雑誌を作っているものでもないんで、そんなことは考えなくてもいいんですが。。。。
やっぱり自分が見てきた情景を伝えようと思うと、できるだけ忠実にその場を切り取りたいと思い、そうするとごくごく普通の写真が出来上がるというジレンマでありました

もっとゆっくりと時間がとれれば、構図を考えていくつか試した撮り方もできたのかと思うのですが、ほとんど歩きながら設定変えて1枚パシャリ、という撮り方だったので、あまり面白い写真が撮れなかったなぁという感想です

とはいえ、せっかくですので、別のところですべての写真を見れるようにアップロードを検討しておりますです

Leave a Comment








2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom