amataro's note


04
Category: Car   Tags: ---

XF

タタグループに売却というニュースと時を同じくして発表されたJaguarのミドルサルーンXFにたまたま乗る機会があったので書いてみようかと思います Jaguarは日本読みでジャガーもしくはジャグァーなど、いろいろ意見があるようなので、あえてJaguarと書いてます

amataroのあれこれ
画像はJaguarのホームページより借用しました

以前のS-typeに代わる新しいミドルクラス・サルーンという位置づけではありますが、サイズ的にはBMW5シリーズ、メルセデスEクラスよりも一回り大きいという立派なサイズであります

S-typeのクラッシックな曲線のデザインから、XFではクーペスタイルのような伸びやかな直線と曲線のデザインとなりシャープな印象を受けました ボディーの面積とサイドパネルの高さがあるせいかだいぶ重く見えますが、言い換えれば重厚感にも繋がっているのかなと思います

インテリアはジャガー独特のウッドとレザーをふんだんに使った、まさにラグジュアリーという形容が相応しい感じです ただ今までのJaguarのようにすべてがクラッシックな感じではなく、エッジの利いたセンターコンソールのデザインや、ブルーに統一されたイルミネーション、エンジンをかけると持ち上がってくるダイアル式のシフトレバー、メーターパネルのデザインなど、新しい方向性を感じさせるものでありました

現行のラインナップを調べてみると、エンジンではV6 3.0L, V8 5.0L, V8 5.0Lスーパーチャージャーという3種類で、3.0L, 5.0Lのモデルに2種類のオプションモデルがあります 5.0LスパーチャージャーはJaguarの中ではRモデルと呼ばれる、XF-Rというモデル名でいわゆるBMWで言うM,メルセデスのAMGに対するスポーツモデルです

Jaguarは以前にX-typeのsportsに乗っていたことがありました まあ周りからは分不相応、似合わねぇ(失笑)との馬事雑言を浴びせられておりましたが、いざ乗せると皆からいい車というフィードバックをもらっていました

特に嫁を含め女性にはとても評判が良かったと思います まあ、それは白のボディにオーダーのオフホワイトのレザーという組み合わせであったことも大きな理由であったと思います

2.5L V6の自然吸気エンジンは可もなく不可もなく、下からトルクも出ており普段乗りではストレスを感じることもありませんでした 4WDの安定感もあり、高速道路では常に安定した直進性を示します

やはりJaguarの特筆すべき点は、私ごときが言うのもなんですがその足回りの味付けにあると思います このセッティングはBMWにもAUDIにもメルセデスにもない独特な猫足と形容される乗り心地で、角を丸めた滑らかで柔らかな乗り心地でありながらコーナーでは粘るとても不思議な足でした

4WDのトラクションとV6のトルクもあり、走ろうと思えば結構なハイスピードで走ることができます 実際デフォルトのタイヤは18インチのP-Zero Rossoというところからも、メーカーの意図する方向性が見え隠れしているように思えます

amataroのあれこれ

脱線しました
XFですが、乗らせてもらったのは3.0Lのプレミアム・ラグジュアリーというグレードで、ベースグレードよりも質の良いレザーと数々のオプションが装備されているモデルです
スペックで見る大きさは実際に乗ってみるとさほど問題になる感じではなく、見切りもよくアイポイントも高いので運転はしやすそうです

スターターは今の車らしく、キーを近くに置いておけばスターターボタンを押すだけでエンジンが始動します エンジンの始動とともにエアコンの噴出し口が回転して、センターコンソール上のギアセレクターが持ち上がり、独特な演出があります

サイドブレーキは電子制御なので、アクセルを踏むと自動的に解除されて車は動き出します 低回転からトルクのあるエンジンは車重を気にすることなくスルスルと前に進む感じです
さすがに胸のすくような加速は望めませんが、もたつくような感じはなく、普通に乗るのであれば十分なパワー感です

足はやはりJaguarのそれで、しなやかであり腰があり、ギャップの凹凸は感じるものの角を綺麗に丸めた感じでドライバーに伝えてきます ハンドリングは軽い方だと思いますが、手ごたえが感じられないわけではなく、むしろこの車であれば適当な重さであると思いました

走り出してしまえばその車のディメンションを忘れてしまうほど大きさは感じません さすがに車庫入れなどはその長さを感じるかも知れませんが、見切りが良いこともあり、あまり苦にはならなそうでありました
とにかくスムーズでかつゆったりとした気分で運転ができます インテリアのあしらえもそうですが、全体的にリラックスして運転できるような配慮がされているのを感じました

このクラスの車を検討することがあったら間違いなく私はこの車を選ぶだろうなぁと、先々のことを思ってみましたが、たぶんいつまでたっても分不相応と言われのだろうなぁと、いらん心配をするのでした


スポンサーサイト



 

Comments

Edit1 ■大人の車
こんにちは

こういう車を着こなせるように年を取りたい物です。今自分が乗ると、どう見ても借りてきた車かな~
Edit2 ■無題
EVA Titerさん こんにちは

やっぱり紳士が乗るイメージがありますよね?(笑) 今のJaguarは間口を広げてもっと多くの人にという感じなんでしょうけど、やっぱり自分が乗っている姿は想像できません
あと20年たったら。。。。 いや、プリウスに乗ってるかなぁ(爆)
Edit3 ■無題
ジャガーも変わりましたねぇ。
どちらかと言えばクラシカルなイメージだったのが一気にモダンになって、これはこれでカッコいいと思います。
インテリアのギミックはどうかと思いますが(笑)、5シリーズやEクラスと較べたら私もXFかなぁと思います。
が、やはりこのクラスにはどう考えても縁が無いのですけどね(涙)。
Edit4 ■無題
wataさん こんにちは
JaguarはFordの資本が入ったあたりからだいぶ変わってきたような気がします
とってもいい車だと思うのですが、さすがに私がこれに乗っている姿は自分でも想像できません。。。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom