amataro's note


05
Category: ブログ   Tags: ---

南へ

先週ですが、朝起きたら天気が良かったのでぶらっと散歩に出かけました

鎌倉方面へ向かったのですが、横浜横須賀道路を降りたところですでに結構な交通量 海沿いを葉山方面へとハンドルを切りました

この辺りは住宅街の中の道幅の狭い道を進むのでゆっくりですが、いつもと違う新鮮な街並みと時々見える海を右手に南へと下っていきます
そもそも車を走らせる目的でなく、久しぶりに海の方に行きたくなっただけなので、のんびりな感じであります お供に久しぶりにフィルムを詰めたコンタックスG1だけを持っていきました

どうもレンズのノッチが壊れてしまったようで、ボディーに付けた際に「カチッ」と固定できなくなってしまった28mmのレンズが修理から戻ってきたので、そのテストも兼ねてとなります

amataroのあれこれ

途中立ち寄ったところではサーファー達が波を読んでいました 風はありましたが穏やかな天気で気持ちの良い空が広がります

amataroのあれこれ

私は海なし県の埼玉で生まれたのですが、なんかこの辺りの風景は懐かしい感じがします

せっかくなので浜辺まで降りてみます 

amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

埠頭では釣り人が1人糸を垂れておりました

amataroのあれこれ

なんだか行きかう人も少なく、のーんびりとした週末の朝でありました


その後

現像から上がってきたネガフィルムをスキャナにかけて四苦八苦 全自動モードでもそこそこ見れる画像が読み込めるのですが、どうも階調がとび気味で、空のグラデーションがカクカクした感じであります (調べたところマッハバンドと呼ばれる現象らしい) 
トーンジャンプを抑えるべく24bitの色深度で読み込んでみたものの、あまり変らずいろいろなパラメーターで読み込んで確認してを繰り返したものの、どうも思うような仕上がりで読み込めません
解像度だけではなく、取り込む際にある程度ヒストグラムを考慮してやらないといけないようです 実際プレビュー時に入力レベルを広げてやることでだいぶ改善されました

そもそもフィルムの粒状感がそうさせることもあるのでしょうが、この懐かしさを感じさせる落ち着いた色調って好きだなぁと思いました
デジタルの高精細でクッキリ、ハッキリでリアルな写真も好きですが、たまにはこういうのもいいなぁと





スポンサーサイト



 

Comments

Edit1 ■フィルムいいなぁ~♪
amataroさん、こんにちは。月光花です。

フィルムの諧調度はデジタルにゃ無理
ですわ~
擬似的に近づけることはできてもこの
お写真を眺めていると、やはりフィルム
の良さが出まくりでございますぅ~♪

デジタルフィルターをチョイと使いこなし
てみて、それが満足いく結果でなけりゃ
やはりフィルムへ戻るのも一考かも、と
最近感じておりまする。

でもK7は期待通りの描写をだしてくれ
そうな予感♪

デジタルも追求する楽しみが増えており
ますがなぁ~(笑)
Edit2 ■無題
amataroさん、こんにちは。

柔らかい感じの光の描写が非常に心地よいですねー(これが、月光花さんがおっしゃるように、フィルムの魅力なんでしょうか)。

私はデジタルからカメラ趣味に入ったクチですので、フィルム描写の真の魅力を肌身で感じた経験はないのですが、このような写真を見ていると、デジタル全盛の今もフィルムにこだわって撮り続けている人がいるのも分かるような気がします。

最近、カメラ屋の冷蔵陳列棚に並んでいるリバーサルフィルムが妙に気になって仕様がないDachiでした(←物欲禁止!)。
Edit3 ■無題
月光花さん こんにちは

正直デジタルから入った私がフィルムに拘る理由はないのですが、やっぱりフィルムのことを知っていた方が良いのかなと思ったのがきっかけで、結果こういう写真も撮れるのだなぁぐらいの感じであります

カメラの違いはあれ、被写体は同じですから後は本人次第ですよね こればかりはごまかしがききません

フィルムで撮ってよかったと思えるのは、やはり一枚一枚ちゃんと自分なりに考えて、結果を想像してシャッターを押すというプロセスが出てくることです
なにせ、1フィルムで36回しかシャッターを押すチャンスがありませんから(笑)
Edit4 ■無題
Dachiさん こんにちは

フィルムにはいろいろな魅力があると思うのですが、私個人が好きなのは粒状感が出す懐かしさというか、素朴なところです 
といいながら、正直私もフィルムのことはまだまだ良く分かっていません

なんとなくせっかくカメラを始めたのだから、基本のフィルムをやっておきたいと思ったぐらいのきっかけであります

しかも使っているのはレンジファインダーのボディーに単焦点のレンズ2本と、ミニマムな構成であります

このツァイスのレンズ達は大変なポテンシャルを秘めているのですが、へたれな私に使われ本領を発揮できずにいるのが残念なところであります(涙)

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30

top bottom