amataro's note


31
Category: Audio   Tags: ---

densen

”電線病” 漢字の間違いではない 電線の病(やまい)にかかった患者のことを言う



オーディオの世界ではごく一般的にこの病気が蔓延している 巷で見かける線という線を見ると使ってみたくなるという症状がみられる



興味のない人には何のことだかわからんかも知れないが、要はオーディオ機器をつなぐケーブル、スピーカーのケーブルとか電源のケーブルとかを買えると音が良くなるということから、それにのめりこんでしまった人のことを指して電線病という



とはいっても普通の本屋で2006ケーブル大全などという本が積み上がっているところを見るとまんざらニッチな世界でもないようである この本、恐ろしいことにケーブルしか載っていない。。。 当たり前だ 本の題がケーブル大全なのだから でも普通に考えると一冊ケーブルだけしか載っていない本というのはかなりおかしなもんである しかも260ページもある だが電線病に冒された患者にはこの本だけで半年は悶々とできるほど魅力的な図鑑なのだ







その中の一文を紹介すると



「きわめてナチュラルな音。 細かな音の違いの大小に一喜一憂するような
ハイファイ的サウンドではなく、解像度等、高いハードルをクリアした上で
音楽を楽しませてくれる。 ケーブルに存在する固有の音を押し出さずに接続した機器の実力を100%引き出し、より自然な響きの音を再現。ヨルマケーブルは、もはやケーブルの賛否を気にしながら音楽を聴く必要がなくなります。」

 

興味のない人にはなんの事やらという感じだろう でも電線病患者はこの文面から想像される音に悶々とするわけである



こういう輩が多いから趣味がオーディオっていうのはオタクの範疇としてとらわれることが多いのだろうなぁ まあ多かれ少なかれ誰でもがオタクな部分を持っているもんで、だからいろいろ面白いのではあるけど



ただ目指すものは単純で、いい音で音楽を聴きたいだけ もちろん1万円のラジカセでも音楽は聴けるが趣味の世界は現実的な可能性以上のものを求めるところに面白さがあるわけで、こんなたかだか3mのケーブルに車一台買えるほどの予算をつぎ込んでしまう人が多数 重症患者だ




うそではない、実際このヨルマケーブル、3mペアの価格が340万もする たかだかケーブルである 尋常ではない 





もちろんそんなもん買える人はごくごく限られているいけで、自分なんぞ週末にオフィスで電源ケーブル引いていた電気屋さんにケーブルを分けてもらったことがある 無論ただで むこうからすれば、なんに使うのそれ?って感じだ



オーディオの世界はものすごく奥が深い 予算をつぎ込めばいい音が聞けるわけはない 細かなセッティングの積み重ねから出てきた音で時にゾクッとするようなリアルなヴォーカルなんか聞けたときに喜びを感じるのだ



夜疲れて帰ってきて自分の好きな時間に好きなミュージシャンに好きな曲を目の前で歌ってもらう 

無論リアルな話では無理だがリアルに近づけることはできる 100人のオーケストラを自分の部屋に呼ぶことはできないが、隣の部屋で演奏しているぐらいのリアルさで聞くことは可能かもしれない 亡くなったアーティストに目の前で歌ってもらうことはできないが、存在を感じられるぐらいのリアルな声は聞ける



オーディオの世界は奥が深いのだ...

スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30

top bottom