amataro's note


17
Category: Camera   Tags: ---

ひこうき

いわゆる乗り物という観点からみると、クルマ以外の乗り物にはさして興味がなく、よく被写体となる電車や飛行機を撮ることもなかったんですが、せっかく望遠のレンズがあるんでさて飛んでるものを撮ってみるかと思い、城南島へ行ってみました

やはりここにもマニアと思しき方々がいらして、ゴッツいレンズを構えておられました

私はさっぱり構図も何もわかっちゃいない素人でありますので、はじっこの方で細々とカメラを空に向けていた次第であります。。。

amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

amataroのあれこれ

ニコンのD300には3Dトラッキングという機能がありまして、動いているものを追いかけてピントを合わせてくれるという、なんとも頼もしい機能を今までつい使ったことがありませんでした

オートフォーカスモードをコンティニュアス(フォーカスロック無し)にして、レンズ側もVR(手ぶれ補正)をアクティブモードにしたら、後は被写体を追うだけです

さすがに風の強い日に300mmの焦点距離となると多大にブレますが、VRの恩恵でフォーカスした後はピタリとファインダー越しに像が安定します

機材のおかげで結構ちゃんとピントがあった写真が撮れました

どういうフレーミングが良いのか、いまいち分かっていませんが、飛行機も拘り始めるといろいろとあるのでしょうねぇ


スポンサーサイト



 

Comments

Edit1 ■無題
amataroさん こんにちは。

城南島は確かに飛行機撮りの人がいますよね。有名な撮影スポットなんでしょうかね(私も飛行機撮りはシロートなので)?

にしても、あの場所からこれだけ大きく写せるとは、さすが70-300mmです!
Edit2 ■無題
どもです!

飛行機は非日常を感じさせてくれますね。
でも撮影していて近頃の飛行機は静かだと思いませんか?
ちょっと前は同じ場所で撮影していたら
体の芯から震える程の音圧を感じたような気がします。

写真を見ていると今の飛行機って
主翼の翼端が折れていないんですね。

進化を感じます。
Edit3 ■無題
Dachiさん こんにちは

300mmは未知の世界でしたが、やはり遠くの物を近くにで撮れると言う至極当たり前のことに驚いています

しかも300mmの焦点距離ですらブレない。。。

日本の技術にあやかっております
Edit4 ■無題
らんぽうさん こんにちは

飛行機を見ていると今更ながら鉄の塊が飛んでいることに違和感を感じますね
そこになにか引っかかる物があるんでカメラを向けたくなるんですかね?
あれって技術の結晶ですもんね

詳しい事は分からないんですが、次々に飛んで来るんで非日常性も麻痺しておりました(笑)

Leave a Comment








2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom