amataro's note


10
Category: ブログ   Tags: ---

香港事情

amataroのあれこれ

毎回香港にくるたびに思いますが、この国は中国を凝縮したような所のように感じます
中国のすべてをみた訳ではありませんが、多分上海や北京の発展が凄まじい街と地方の古い街が一緒にあるような、雑多なイメージです

一杯200円ぐらいで食べられるゴハン屋の向かいに銀座の一流店のような店が建ち並び、Sクラスのロングが走る隣を山ほど荷物を積んだオッチャンが自転車を漕いでいます

貧富の差も相当大きいのであろうと思いますが、それとて皆あまり気にしてないような感じで日常があります

この国にいる人の根底にあるように感じるストイックさは、今の日本にはないもののように感じます
平和ボケという言葉を聞きますが、ここにいると確かにそう言われるのもうなずけます


今回はアジアの同僚が一同に集まったので、いろいろな国から人が来ています
生活環境もカルチャーも違うのですが、同じ会社の同じ職種で働く者という共通点と、アジアという九通の土台があってか、不思議と違和感なく一緒にいれるのが面白いところです

最近の話題は国々のiPhoneの話題と日本の発電所の話題、そしてゴハンの時はゴハンの話題、仕事が終わるとお酒の話題と、ところ変われど話すことは日本とあまり変わりません

おのおの仕事を抱えているので、なかなか夜一緒に出歩けませんが、金曜日あたりには皆で繰り出そうかという話をしているところであります

スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom