amataro's note


30
Category: ブログ   Tags: ---

P-Zero経過報告

amataroのあれこれ

昨年末に交換したPirelli P-Zeroは約14,000kmほど走り、現在のトレッド面はこんな感じです。
まだこれだけ溝を残しているところを見ると、今の走り方なら2万kmぐらいはもってくれそうな感じです。
しかしこの車に乗って“エコ”を意識しているわけではないんですが、走ってなさすぎですねぇ。

ということで、あまり山道を走ってない私が書くのもなんですが、せっかく14,000kmも共にしたのでこのタイヤの印象を書き残しておこうと思います。 例によって個人的な観想以外のナニモノでもありませんので、何の参考にもならんこと必須ですが。

履き替えた直後に印象として持った「ダンピング感」はこの距離を走った後も残っており、タイヤが潰れてから戻る跳ね返り感はその前に履いていたPS2よりも強くあります。 どちらかというとPS2が他のタイヤと較べて異質なのかもしれません。
初期に設定していた空気圧よりも0.2kgぐらい低くしている現在は良い感じでこのダンピング感も多少押さえられ、自分が慣れた分も含めてよい感じに落ち着きました。

PS2は多少高めの空気圧、P-Zeroは若干低めの空気圧が自分にはいいようです。 ちなみにその前にE46で履いていたP-Zero RossoはP-Zeroとは異なるプロファイルのタイヤで、このタイヤはサイドオォールが柔らかめということもあり、同じP-Zeroシリーズでもだいぶ印象が異なります。 

さらにちなみに、M3に追加で発売されたM3 GTSに設定されたのがP-Zeroということもあり、実際この発表をみてP-Zeroにしたのですが、M3に標準設定されているPS2よりもP-Zeroは走りに振ったタイヤのようであります。
ま、皮肉にも私まっすぐばかりでそのタイヤのポテンシャルをあまり引き出せていないのですけれど。

PS2からの履き替えた直後の印象としては先に述べたタイヤのたわんでからの跳ね返りの印象が強く、正直次変えるときはPS2に戻るかなと思ってました。
だいぶその感覚にも慣れ、空気圧をいろいろ試した後、現在の印象は大きく変わることはないものの、信頼度はだいぶ上がりました。
グリップで言うとドライ、ウェットともにPS2より上に感じます。 タイヤが潰れる感覚はありますが、剛性感も高く感じます。
そもそもこの手のFRとしてはリアの接地感が異様に高いM3ですが、普通の走り方でリアタイヤが鳴くことはまずないです。
無論、限界を試すような走り方や意図的にコーナーでアクセルを開けてやればリアはブレイクするのですが、それとてかなり大胆な操作を伴わないとリアが根を上げることはありません。 

意図せずコーナリング中からフルブレーキをかけるシチュエーションがあったのですが、ABSの介入とともに「キィッ」と一瞬フロントのグリップを失うぐらいでしっかりとグリップを回復、止まってくれました。 多分以前のM3であれば前に止まっていた車に刺さっていたであろうシチュエーションでした。
そもそもコーナリングスピードがE46からE92になって自分の中では格段に上がってます。 もしかするとE46でも同じようなスピードで曲がれたのかもしれませんが、そこまで試せる余裕を感じられなかったのかも知れません。 E92ではE46で無理と感じられるスピードでも余裕を持って入っていくことができます。 さらにそこから加減速を加える余裕すらあります。 

そんなこんなでいろいろな道、シチュエーションを走ったP-Zero ですが、今となっては良いタイヤとして自分の中ではPS2と同等の位置まで上がってきました。 だいぶ方向性は違うもののPS2もP-Zeroもフランス、イタリアのタイヤメーカーを代表するタイヤですから、そうそう悪いわけもありません。

もう半年ぐらいは持ちそうですんで、せめてタイヤと車に恥じることないドライバーに近づけるよう、走りに出かけたい今日この頃@新幹線の中@出張中@このあたりで下りて走りたい@三島通過中 でした


スポンサーサイト



 

Comments

Edit1 ■無題
ウヒャ!! これで14,000kmとは・・・
あんめまぁ、20,000ドコロか30,000kmイケそうですねぇ...
私が乗り始めて約16,000kmを後にしていますが、ヘタクソなウデも手伝ってフロントタイヤのPS2なぞ、外側の溝が殆ど埋められていますからねぇ。 
今度彫刻刀かなんかで、彫ってやろうかと目論んでいますよ。(←バーストするぞ)

E9×系になって、本当にコーナーではE46に比べると安定していますよね。 同感デス。
ノーマルベースなE9×系でさえそう感じるのですから、M3では殊更なんじゃないかと想像に難しくありません。
特にリアの足回りが大きく起因しているんじゃないかと思うのですが・・・出来るのなら移植したいくらいです。

PS:一度メールリンクよりご連絡下さい。ご同道下されば、タイヤの溝減らしに幾らかは貢献できるかと思います(笑)。
Edit2 ■無題
ballさん こんにちは

確かに減ってませんねぇ 3万キロに向けて。。。ってどれだけエコなんだって話です

ぜひタイヤの溝を減らすべく、山へ向かわねばですね
時間の合いそうな時にぜひご一緒させて下さい
Edit3 ■無題
こんにちは。

確かに、1万キロ以上走ったタイヤには見えませんね~。なんにせよ、「もち」がいいのは良いことです。

タイヤは足回り全体との相性もあるでしょうから、履いてみないと分からないのが難しいところですよね。私の方も近日中に新タイヤのファーストインプレッションをアップできればと思っています。
Edit4 ■無題
どもです!

深い考察、恐れ入ります。(^_^;)

私もS001に履き替え違いをなんとなく感じてはいますが、
微妙な空気圧の違いでころころと
印象が変わるので未だに
美味しい空気圧を探っている始末。w

減りも少ないようですし
このまま暫く楽しめそうですね。
Edit5 ■無題
Dachiさん こんにちは

なぜだか減りません いや、減らないのはいいことなんですが、要はまっすぐしか走ってないってことなんでしょうね

PS2の時も2万キロ以上走りましたから、そもそも私の走り方がエコなんじゃないかと思います

そろそろプリウスに箱変えか。。。 (いや、ないない)
Edit6 ■無題
らんぽうさん こんにちは

いやはや、私の言っていることなんて個人のたわごとですから。。。
なにせタイヤ2万キロ持つ走り方ですからねぇ(笑)

S001はやはり良いタイヤなんでしょうねー 確かに空気圧で随分と印象が変わりますね
逆に空気圧の違いを細かに感じられるクルマなんだなぁと改めてE92=良い車と思いました

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom