amataro's note


27
Category: Car   Tags: ---

S65B40

E92 M3のエンジン、S65B40の感想を書いてみようと思います

今まで乗ったエンジン(車)を振り返ってみると、やっぱり圧倒的にDOHC、そして6発が多いです 特に直6のエンジンは今でもやっぱり好きなエンジンレイアウトです

そして今回初のV8です 自分の中に基準がないので果たしてどんなもんかと思っていましたが、だいぶイメージが違いました

スペックでは語れませんが、まずデータとして

エンジン形式:S65B40A
エンジン種類:V型8気筒DOHC
総排気量(cc):3,999
ボアx ストローク(mm):92.0×75.2
圧縮比:1:12.0
最高出力PS/rpm:420/8,300
最大トルク kg・m/rpm:40.8/3,900

エンジンの元となるのはM5やM6に搭載されるV型10気筒エンジン(S85B50A) 90度のバンク角やボアストローク、圧縮比は同じ数値です
シリンダーヘッドやクランク等は新設計、クランクケースにアルミ、シリコン合金を使用等、軽量化の結果S54よりも15kg以上軽くできているということです

独立したスロットルバタフライが各シリンダーごとに付いているのはMのエンジンの特徴ですね


実際に乗ってみるとどうか

確かに良く聞くと若干ドロドロとした排気音は低回転域で確認できるものの、エンジンが回りだしてからの音は均整がとれてくるような感じで、音が収束していく感じです (んー言葉にすると難しい。。。)
印象としてはとにかく軽快 すべてのパーツが緻密に軽々と仕事をこなしている印象です 下から上までフリクションが少なく吹け上がるのと同時に、回転落ちも早いです  

吹け上がりの軽さから薄いトルクを想像していたのですが、低回転域から全然トルク感がついてきます 3500回転ぐらいからトルクカーブがほぼフラットに7000回転まで続くのですが、まず3500回転まで到達するのがとにかく早い
そこからはトルク感よりもパワー感で加速していく感じですが、8000回転まで破綻することなく同じように回りきります 

荒々しさが少ないんですねー 大人しく感じてしまうのは8300回転まで坦々とクールに回りきるからだと思います 

実際最大のパワーを発揮するのは8000回転前後、かなりの高回転ユニットです とにかくレッドゾーンまで頭打ち感がない スーッと回ってあっという間に8000回転
もちろん排気音もエンジン音も大きくはなってきますし、外を流れる景色は歪んで流れていきますが、どこかクールなんですね 気付くととんでもないスピードです

ALPINA B3 Bi-TurboやLEXUS IS-Fのように「グワァ」っという密な加速感ではなく、あくまで回転に応じたリニアなパワー感 実際トルク、パワー曲線を見てみても分かりますが、パワーはレッドゾーンまでほぼ一直線 トルクは3500-7000回転までほぼフラットトルクです 

このエンジンにドラマ性を持たせるのであれば、低回転と高回転のトルクをもう少し絞って、パワーカーブも低回転域を落としてやると回転に応じた高揚感が出てくるんだと思いますが、M社はパフォーマンスを追及したんでしょうね
とにかくどこから踏んでもリニアに加速して、そして最後まで破綻しない つまらないと思う人がいるかも知れませんが、このユニット、すばらしい出来だと思います

もうコレばかりは好みの問題だと思いますが、直6を惜しむ声はあるものの私このV8かなりありだと思います 
間違いなくMのフィロソフィーは受け継いでいます ちょっとの試乗ではなかなか感じ取るのは難しいかもしれませんが、乗れば乗るほど楽しさがじわじわと上がってくると思います

問題は踏めるところが少なすぎる事 町中で駆け抜ける喜びを味わっていると、あっという間に点数無くなりますので、ご注意ください。。。

amataroのあれこれ
スポンサーサイト



 

Comments

Edit1 ■無題
おはようございます!

M3にはe46以前のモデルを含め、乗ったことがないのですが、
今回のV8、ストローク72mmでリミット8,400回転と、
想像しただけでも、吹け上がりがよさそうですね~。
是非、一度試乗してみたいです。

280psでも、日本の道路事情では、
点数がいくらあっても足りなさそうですから、
420psといったら、う~ん・・・。

これからも、気をつけて楽しんでいきましょうね~!
Edit2 ■無題
こんにちは。

良いエンジンですよね~。

吹け上がりも良いですが
回転落ちも早くマニュアルシフトでの
シフトダウンのブリッピング、
一万キロも乗っているのにまだ慣れません。
      (^_^;)

もう慣れました?
Edit3 ■回転落ち
回転落ちの早さはMエンジンの特徴の一つですね。
フリクションの低さが如実に現れていると思います。
私が過去に乗っていたE36/M3も、低回転でダラダラとシフト・アップすると加速に「繋がり感」が出ませんでした。
VANOSで低回転域のトルクを太らせているのでギクシャクするほどではありませんでしたが、それでもM3は「乗り手に厳しい」クルマだったと思ってます。

それに引き換え、B3は「甘い」ですよ~。
回転落ちもフニャフニャな故、1→3→5速のズボラなシフト・アップがすっかり身についてしまいました(涙)。
Edit4 ■無題
くまぷぅさん こんにちは

ショートストロークなので吹け上がりが早いのは分かるのですが、なによりフリクションが少ない感じなんですよね

ぜひ一度高速で試乗してみてください 一般道では踏めるところがあまり無いと思うので
Edit5 ■無題
らんぽうさん こんにちは

確かにダウンシフトのタイミング難しいですねー どちらかというとMモードのエンジンレスポンス、スポーツぐらいの方がタイミングがあわせやすいですね 
回転落ちが早い分ちょっと多めに踏んだ方が合わせやすいんだと思うのですが。。。 ヒールアンドトゥでのダウンシフトはまだガクガクしております(汗;;
Edit6 ■無題
wataさん こんにちは

S54も確かに早い方だったと思うのですが、それにも増して回転落ちが早いように思います
確かにテキパキとシフトチェンジしていった方が繋がり感が出てきますね

B3は確かE46 M3と同じミッションだったと思うので、回転落ちの違いは純粋にエンジンとフライホイールの違いということですかねー

でも回転落ちが早くてせわしないアルピナには乗りたくないですよね
やっぱりアルピナらしいチューニングなんだと思います 

しかし十分アルピナも吹け上がり鋭いと思いますが、フライホイール重いんですかね? むしろ軽いような気もするのですが
Edit7 ■踏んで下さいませ
amataroさん、こんにちは。月光花です。

V8インプレッション、流石でござい、まったく同感
でございますぅ~♪

直6とV8、排気量も違えば構造も全く違うので
比較自体、無意味かもしれません(笑)

ただ、高回転型という点で合致しており踏める
ドライバーにとって差は無いに等しい、っていう
か快感ですぅ~(笑)

きちんと状況に気を配れば、安全に高回転は
満喫できますよん。

月光花は街中じゃ、せいぜい2速までしか使用
しないので1速でレブまで引っ張って時速60km
の世界を堪能してますもん(笑)
ちなみに2速から1速へもヒール&トゥで回転合
わせしていると上手に扱えるようになりますたぁ~

このV8はハイレブ自然吸気エンジン最後にな
る可能性があります。M社はとうとう方針転換
しターボエンジンによるハイパワー&エコを目
指すようですねぇ~
Edit8 ■無題
月光花さん こんにちは

やはりE46のMに乗られている方は気になるV8エンジンですが、心配は無用ですね 十分このエンジンは楽しいです

ターボエンジンになってしまうとどうなるのかかなり疑問ですが、M社のことですからうまいチューニングを施してくるのではないかと思います
しかしやっぱり高回転型のエンジンは最後になってしまうとなると、それはかなり残念ですね

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30

top bottom