amataro's note


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


13
Category: ブログ   Tags: ---

メガーヌRS試乗

amataroのあれこれ

ちょっと前になりますが、気になっていたルノースポール メガーヌRSを見に行ってきました。

もともとこの手のホットハッチと呼ばれるカテゴリーは最初に購入した車がプジョーの205だったこともあり興味があります。 小さなボディーに小さなエンジンを積んで、走ることに特化したパッケージでもないのに走って面白い、しかもちゃんと4人乗れて荷物も詰めるというところに何か魅力を感じます。

昨今のダウンサイジングの流れで、大きなエンジンを積まずとも小排気量にターボの力を借りたエンジンは過不足ない、いや十分なスペックですね。

実際このメガーヌRSは小さくなく、全幅は今乗っているE92 M3よりも広く1850mmあり、車重こそ1430kgにとどまっていますがと立派なボディーサイズです。 パワーユニットは直4 DOHC 2.0Lにターボで吸気して250ps/5500rpm, 34.7kgm/3000rpmと十分ホットな数字です。

最近は500psなんて数字も当たり前とは言わずとも市販車ですら見かけるようになってきました。 シャシーの向上や電子デバイスのおかげで乗りやすくなったとはいえ、もう公道でそのスペックを堪能するのは不可能、これぐらいが楽しめる限界なんじゃないかとも思います。 
 
わたし個人の車の見解などはさておき、試乗させていただいた感想を。

ドアを開けてまず目に入ってくるのがシートで、レカロのスポーツスターというシートが標準でついています。 このシートはちょっと大振りなところがあってあまり好きではなかったのですが、久しぶりに座ってみると思ったよりも悪くありませんでした。 新しいシェルを使っているので剛性感も十分感じられます。
シートベルトが黄色というのはやりすぎじゃないかと思うのですが、フランス車ならではの遊び心ですかね。

どうみても持ち歩くには邪魔なカード型のキーをセンターコンソールに差し込み、最近は当たり前となったスタートボタンでエンジン始動です。
踏力に変化のあるクラッチを踏み込み、ギアを1速に入れミートポイントを探るとM3とはだいぶ違い深いところでクラッチが繋がります。 
シフトはごく普通のフィーリングでストロークも特に短かったりはしません。

車重は実際軽いのですが全体的にそれ以上の軽さを感じました。 かといって軽薄なインフォメーションではなくしっかりと路面をつかんでいるのが感じられます。 
足回りはしっかり締め上げられているものの消して嫌なあたりではなく、街乗りでも問題ないぐらいの程よい硬さです。
FFのレイアウトに250ps、34kgmものトルクなので身構えていたら、結構乗りやすく、ある程度踏んだぐらいではトルクステアなんてものは皆無でした
限界を試そうと思ったらFFぽいところが見えるのでしょうけども、普通走ってたらFFを特に意識せずとも乗れそうです 

元気のよいエンジンはとても扱いやすく、ターボがどこから効いているのかもわかりません 
下からトルクが出てて走り出しからトップエンドまで綺麗に回るエンジンは、とても気持ちよいエンジンでした

試乗コースを2周させてもらった頃にはだいぶ慣れてきて、運転するのが面白くなってきてしまいました


試乗直後にその感覚を認識すべく、自分の車で同じコースをまわってみました
なにより最初に感じるのは「重っっ」って事で、これは車重だけでなくてアクセルの重さだったり、ハンドルの重さだったりに起因するんじゃないかと気づきました。
加速感も同じぐらいアクセルを開けている限りは半分ぐらいしか前に進んでいない感じで、鈍重な車に感じます
まあ要は倍ぐらいアクセルふんずけてやれば同じ感覚なんでしょうが、乱暴な運転になるような気がします
逆に重さを感じるゆえの安定感や重厚感があり、これは最初にM3に乗ったときの感覚がそうだったんですが、ある程度慣れて踏めるようになるまでとても大人しい車のように錯覚します

フランス車とドイツ車というより、メーカーの方向性の違いみたいなものを感じました
メガーヌRSといういう車は走りやすさや楽しさがあり、なんとなく自分でも扱えるスペックなんじゃないかと思える感じがして、とても魅力的であります
反面、BMWというメーカーの安定感や緻密さのようなものも再確認できたような気がします

手元に車がなかったら欲しい車ナンバー1なんですが、もう少しM3の非日常性も堪能したく、今後の選択肢の一つとして残しておこうかと思ってます




スポンサーサイト



 

Comments

Edit1 ■メガーヌRS
乗られたんですね~
私は乗ってみたい半分、乗ったら負けの気がして怖くて乗りにいけません。

M3も車重の割に重さを感じない車ですが、それをもってしても、そう思わせるとはかなりの出来なんですね。

カブがあまりにもつまらないので、買えるものならリプレイスしたいところです。
Edit2 ■無題
どもです!

メガーヌRSってそんなに良いのですね。

やんちゃな車の後だと、
確かにM3は躾が良いというか
コンフォートと思えますね。

でも”M”ボタンを押し忘れていませんか?
M3を退屈と感じた時、”M”ボタンを押すと
これ以下は欲しくないがこれ以上は手に負えないと
満足しきりです。(^_^;)

オーナー馬鹿でしょうか?

未だに限界領域を感じられずに車に乗せられています。(笑)
Edit3 ■無題
EVA Titerさん こんにちは

メガーヌRS 正直真剣に乗り換えを考えるほど楽しい車でした
M3はやはり重厚な感じが強くなってしまった感じがありますね もちろん速いは速いんですが。。。

E93のカブで3Lターボエンジンはある意味最高の贅沢な車だと思いますよ
シャーシも良いしエンジンも良いし

ぜひRS試乗してみてください(笑)
Edit4 ■無題
らんぽうさん こんにちは

こればっかりは好みなんだと思いますが、メガーヌRSは走って楽しい車でした
ちなみにM3から乗り換えるとけして速い車とは思えません ただM3にない軽快感とかダイレクト感がありました

MボタンはDSCをM-DSCに、足回りをハードにプリセットしているだけで、レスポンスはいつもスポーツモードにセットしています
スポーツ+はちょっと自分には不自然に感じられて、Mボタンには設定してません

M3の限界は自分の運転技術より遥か上にあるようです 限界を見た時には正直、こりゃぁ自分に扱えるレベルじゃあないなぁと思った次第です

ただ、このエンジンの気持ち良さやパッケージとしての出来の良さに代わる車ってないですねー
同じくオーナー馬鹿かもしれませんが、この型のM3は賛否両論あれどとても良い車だと思ってます

なので、当分乗り続ける(乗らされ続ける)予定です 
Edit5 ■無題
ルックスだけでもかなりのモンだと思います、メガーヌRS。
まだナマで見たことは無いのですが、インパクトありありですよねぇ。
走らせたらかなり面白そうだな・・・と思っていたのですが、今回の記事を拝見してますますその意を強くしました。
プロダクトとしてはニッチにも程があるって感じですけれど、マーケットのわずかな隙間に刺さるその深さはハンパ無いと思われます。
ちなみに私もamataroさんと同様、このテのクルマは昔から好きなんです、ハイ(笑)。
Edit6 ■無題
wataさん こんにちは

フロントドライブの車は最初に乗ったプジョー以来なので、はてどんなもんだったかなぁと思いながら乗ってみました
車の進化ってすごいなぁと思いました

なにせ左ハンドルのマニュアルのみの設定なんで、購買層絞り過ぎだと思いますが、そんなんでも日本で発売してくれるインポーター好きですね
どう考えても商売よりもクルマ好きがやってるとしか思えません < そうなのか?

ちょっとの間のドライブで、無論限界なんかを探ろうなんて思ってませんから正直どんな車かなんて言えませんが、絶対走って面白い車である事は分かりました

週末はぜひお近くのルノーディーラーへ!(笑)

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。