amataro's note


05
Category: Car   Tags: ---

足回り

E9x型のM3にはMドライブパッケージというオプションにてEDC(Electronic Damper Control)の設定があります。
このオプションはEDC以外にM Driveのモードと電子調整式サイドサポートがパッケージになっており、M Driveではアクセルレスポンスのスポーツ・プラスが選べるようになり、DSCのMダイナミックモードとステアリングのアシスト量が設定できるようになります。
逆にこのオプションをつけないと上の設定は使えません。

シートのサイドサポートは結構ピッタリするぐらい両脇をしめてくれるので、純正のシートでありながらホールド感はだいぶ良くなります。
どうしても肩周りのサポートは薄いのですが、両脇を絞めてくれるだけでもだいぶ違います。

DSCのMダイナミックモードはトラクションコントロールの介入を遅らせてくれるくれる設定で、ドライバーにある程度までは委ねてくれるモードです。
なぜこれがオプション設定なのか、しかも他の機能とパッケージでというのは疑問です。 多分本国などでは普通のオプションで選べたりするんでしょうね。

このパッケージでしか選べないモードがあることからも、このオプション選ばれる方は多いのではないかと思われます。

20120201-P1070561.jpg


そしてEDCですが、コンフォート、ノーマル、スポーツと設定があり、ショックの減衰を変えてくれるという機能です。
あまり変わらないというコメントもありますが、私としてはかなり変わるという印象です。

殆ど変える事もなく普段はノーマルで事が足りますが、人を乗せた時と路面があまり良くなくトラクションがかからないときはコンフォート、路面が良くかっ飛ばすときはスポーツを選ぶ事があります。

荒れた路面でトラクションが薄く感じるようなところですと、コンフォートのモードではよりしっかりと路面を掴んでくれるようになります。
高速域ではコンフォートではフワフワとした感じが頼りなく感じますが、スポーツだとロールも減りタイヤを路面に押し付けてくれている感覚を強く感じられます。

ちょうどその間がノーマルで、殆どのシチュエーションはノーマルで事が足りる感じです。 
一般に純正の足は全てを満たす為に一長一短なイメージを持っていますが、この純正の足は良く出来ているというのが約5万kmほど乗った感想です。

ネガティブなところはあまり感じられませんが、高速の継ぎ目や路面の悪いところでリアの接地感が薄く感じる時があることと、路面によっては結構ボディーが揺すられる、速い入力があるところでは突き上げが結構ある、と言ったところです。

純正ショックの型番を調べてみると日本のモノだけ別の型番がふられています。 内容は分かりませんが、日本のセッティングだけ別にしている可能性があります。
以前7シリーズなどは日本の高速に会わせたダンパーセッティングにしているという話を聞いた事があるので、日本仕様にセッティングをかえているという可能性もあります。

現在走行距離も55,000kmを超えてそろそろショックのアッパーマウントも交換時期なタイミング。 ショックが抜けている感覚はなく、普通に7~8万キロはもつのではないかと思われますが、本来あるべくパフォーマンスからは落ちているとは想像できます。

ここで円高の流れで純正ショックを輸入、リフレッシュというのも考えたのですが、直接輸入してでも高い価格設定、ましてディーラー価格などはおかしな事になっております。

ということで、BMWチューニングのスペシャリスト、Studie横浜に来ました。 

20120201-P1070546.jpg

スポンサーサイト



 

Comments

Edit
こんにちはー。

いよいよ足回りテコ入れですか?
私のはもう手元に有りませんが
最後はコーナリング時のGのかかり方が弱い気がしてました。
ボディも緩くなっていたのかもしれません。
リフレッシュ、ウラヤマしいです!
Edit
らんぽうさん こんにちは

そうですね、55,000kmほど走りましたんで、そろそろリフレッシュのタイミングかと思いまして。
次の5万キロを気持ちよく走れる為の交換です。

いやーうらやましいと言ったら、新車の方が羨ましいですよ(笑)

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom