amataro's note


13
Category: 未分類   Tags: ---

伊豆高原

昨年から持ち越した代休で伊豆高原まで温泉に浸かりに行ってきました。

東伊豆へは東名厚木から小田原厚木道路、小田原西から135号で海岸線沿いを下るか、ターンパイク、箱根新道経由で伊豆スカイラインを下るか。
135号は一本道で混むイメージがあったので、箱根新道を登って伊豆スカイラインへと向かってみました。

山を登りきった所で−4℃。 周りの雪は解けずに残っておりましたが路面は凍結防止剤のおかげで普通に走れます。
県道熱海箱根峠線で熱海峠へと向かおうとしたところ、滑り止め着用の標識。
周りはすっかり雪景色。
やはりこの時期この道はサマータイヤでは無理なんですね。 Uターン出来る所を探して500mほど先に進みましたがもうすっかり雪道。
さすがにグリップも怪しくなってきたので、ちょいと道幅の広い所で引き返しました。 写真とる余裕もなかった。。。
かなり遠回りをして135号へと戻ります。

20120202-DSC_2449.jpg


真鶴、熱海、伊東と越えて伊豆高原に着く頃にはすっかり陽もくれようとしている所でした。

20120203-DSC_2472.jpg

今回は善積という宿にお世話になりました。
東伊豆はあまり行ったことはなかったですが、旅館の方曰く伊豆でもこのあたりは特にゆっくりしているとの事。

景色もこのあたりの時間の流れに沿って、ゆったりとしているように感じました

20120203-DSC_2485.jpg

温泉に浸かり山ほど海の幸をいただき、至福で眠りに落ちました。


翌日は雲が低く立ちこめているものの、清々しい空気感。

20120203-DSC_2501.jpg


散々食べて寝たのに、また朝食からガッツリいただきました。

旅館の方に近くの大室山が見晴らしが良いというのを教えていただき、帰りがてら寄ってみます。
標高580mの山ではありますが、そこからの眺望は素晴らしいものでした。

20120203-DSC_2555.jpg

20120203-DSC_2556.jpg

富士山も遮るものなく、くっきりと見えました

20120203-DSC_2557.jpg


帰り道がてらここも宿の方推薦、火曜サスペンスに良く出てくる城ヶ崎のロケ地によってみます

20120203-DSC_2622.jpg

20120203-DSC_2664.jpg

小さな吊り橋ではありますが、そこからの景色は絶景
ここも立ち寄るべく場所であります


日帰りの距離ですがこの辺りはゆっくりするにもいいですね。
また疲れが溜まったら息抜きに来たいと思います。

20120203-DSC_2600.jpg
スポンサーサイト



 

Comments

Edit
すげーいい天気で暖かそうにも思える写真群ですが、そうですか、山の上にはまだ雪が残っていましたか・・・。
一昨日は伊豆スカイラインも県道熱海箱根峠線も完全なドライ・コンディションでしたけど、やはり2月の第一週ぐらいまでは厳しかったんですね(涙)。

しかし「善積」ってのは、すんごい高級旅館なんですね。
M3を走らせ、日帰りで行ける場所にあるハイクラスの宿に泊まって疲れを癒す・・・。
うーん、この上ない至福のひとときですねぇ(羨)。
Edit
wataさん こんにちは
箱根の山を登ったところまでは良かったんですが、伊豆スカイラインまでの接続道は完全に雪路面でした

やっぱり山をなめちゃいかんなぁと引き返したのですが、wataさん行かれた頃には走れたんですねぇ

この辺りはもちろん日帰り距離なのですが、年に一回ぐらい家族サービスのつもりで贅沢してます
無論、それ以外の日常は質素なもんであります。。。

Leave a Comment








1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom