amataro's note


05
Category: 日記   Tags: ---

高山から松本へ

高山の駅から歩いて10分、商人町として発展した上街、下町の道沿いに古い街並が残っています。

軒下には用水路が流れて、統一された外観の家々はタイムスリップしたような感覚になります。

L1000173.jpg

水が綺麗なところだからなのか、造り酒屋も多いようですね。
また雪深い土地柄、保存食としての味噌や漬け物も美味しいと地元の人に教わりました。

L1000182.jpg

L1000228.jpg

L1000248.jpg

町の中心を流れる宮川は風情のある川でした。 
遠足なのか小学生がこの川沿いでお弁当を食べている風景がのどかでありました。

L1000254.jpg

宮川沿いでは毎朝、朝市が開かれているようです。

L1000256.jpg

朝から昼までぷらぷらと散策してお腹もすいたところで、観光案内所に教えてもらった肉屋の二階で飛騨牛のランチをいただきました。

午後には来た道を引き返し、最後の宿がある松本まで戻ります。

L1000171.jpg





松本にたどり着いたのは夕方になろうかという時間帯。 今まで寄った事がなかった松本城へ行ってみます。

L1000267.jpg

DSC_4926.jpg 


大きな城ではありませんが、周りに水をたたえて堂々とした風格です。
城マニアがいるのもちょっと頷けます。

城内で「月見の宴」という催しがあるらしく、ライトアップされた松本城をバックに琴と尺八の演奏があるということだったので、せっかくなので途中まで参加させてもらいました。

とっぷり陽も暮れたので最後の宿に向かいます。

松本市内からビーナスライン方面へと走り、まったく真っ暗な細い山道を延々と登り、もうこれ以上先はないだろうと思ったところでやっとたどり着きました。

流石に今日は疲れたので、温泉にゆっくりつかり、美味しい夕飯で腹を存分に満たし早々に床に就きました。

DSC_4955.jpg

翌日は早く寝たぶん早く起きて近くを散策です。

L1000293.jpg 

昨晩着いたときは入り口も分かりませんでしたが、明るくなってやっと場所が飲み込めました。
いずれにしても山奥です。

L1000289.jpg


散策コースというのがあったので、カメラ片手に朝の散歩へと出かけました。

L1000297.jpg

L1000300.jpg

L1000317.jpg

L1000341.jpg

L1000326.jpg

L1000332.jpg

誰一人ともすれ違わず30分ぐらい歩きまわって帰ってきました。 来たときはずいぶん山の中だなぁと思っていましたが、やはりかなり山奥でした。
この辺りで何をするということもないので、朝食を戴き、もう一度温泉に浸かって帰るとします。

年に一度の贅沢なのでこの宿をとりましたが、思いがけず食事の質が高く部屋も対応も素晴らしかったです。
扉温泉 明神館
機会があればまた泊りに来たいと思います。

3カ所3泊の旅行はちょっと忙しい感じでした。 次に休める時はもうちょっと一カ所にゆっくり落ち着いて行きたいと思います。

毎年海外に出ておりましたが、国内はやはり落ち着きますね。
そして休暇はあっという間に終わるのですね。。。

L1000335.jpg    






スポンサーサイト



 

Comments

Edit
随分と駆け足で進行したようですね。
ひょっとしたら今回は予習でしょうか?
次回は大鍾乳洞とか引っかかってみませんか?w
Edit
らんぽうさん こんにちは

ちょっと急ぎすぎました そんなに観光ということもないかなぁと思っていたのですが、行ってみたらやはりいろいろ見たくなるものですね

これを踏まえて次回はもっとゆっくりとまわれる予定を立てようと思います
Edit
こんにちは。

3日間の旅行記、大変興味深く拝見させていただきました!
まるでジオラマみたいな名城の写真もさることながら、何気なくも情緒たっぷりな風景に魅せられました。
amataroさんより少し前に、似たようなルートを辿ったのですが、早朝のビーナスは凍える程寒かったものの、松本市街はすんごい暑くて体調を崩しそうになりました。
で、実際崩した(壊れた)のはB3Sでしたけどね(汗)。
Edit
ballさん こんにちは

この時期でも朝は結構冷えますよねぇ 上高地なめてました
ビーナスラインを通って帰ってこようと思ってたのですが時間切れで行かれず、再チャレンジしたいと思っております

で、壊れたB3Sは復活したのでしょうか?

Leave a Comment








2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom