amataro's note


23
Category: ブログ   Tags: ---

50mm

自分の持っている50mmのレンズではよったとしてもワーキングディスタンスは45cm (←最近覚えましたこの言葉)  ※注)レンズ前枠から被写体までの距離のこと
なのでマクロ写真を撮るとするとマクロレンズと言われる寄れるレンズが必要になります
いろいろ調べてみると接写リングというレンズとカメラの間に入れることでワーキングディスタンスを短くできるものを見つけました
何も考えずに購入。。。 (ちなみにいつものカメラ屋さんで聞くと、ただの筒なので中古のこれで十分ですよ、とのことで2500円ナリ 安っ!)

早速AF50mmのレンズに取り付けてファインダーをのぞいて見るも、まったく焦点が合わず(汗;; フォーカスリングを最短から無限遠までまわしてもボケた像しか見えず途方にくれていたところ、ものすごーく寄ったときに焦点があうところを発見! 実際には被写体から10cmほど。。。しかも最短から無限遠までのフォーカスリングを動かして実際焦点が合うのは前後5mmぐらいの範囲

しかもオートフォーカスも露出計も働かないので、完全マニュアルで調整。。。

実際に通常の50mmで撮ったものと、その後接写リングをつけて撮ったもの(最後の2つ)が下になります 

leaf1 ISO100/1/30/F1.4/0EV/WBマニュアル

D80 + Ai AF50mm F1.4D

接写リングをつけた時は、三脚なしでは厳しいです 思うところに焦点を合わせるのは神業に近いぐらい微妙な調整が必要で、手持ちでは確実に焦点がぶれると思います

leaf2 ISO100/1.3//0EV/WB自動

D80 + Ai AF50mm F1.4D + PK-13

leaf3 ISO100/0.8//-2EV/WB自動

D80 + Ai AF50mm F1.4D + PK-13

2500円でこれほどよれる写真が撮れるとは思っていなかったので、これはこれですごく面白いです ただ、すごく疲れますけど。。。

スポンサーサイト



 

Comments

Edit1 ■スゴイです!!
フィルターでマクロみたいに撮れるものがあるのは知ってましたが、こんなリングなんて物があるんですね!勉強になります。
写真もとってもキレイでやさしくっていいボケ具合ですね♪苦労して撮った甲斐がありますね~!これでamataroさんは当分マクロレンズはおあずけでしょうか!?( ̄m ̄* )♪
Edit2 ■マクロレンズ
もちおさん こんにちは
やっぱりマクロレンズは欲しいです(^_^;) 確かにすごく被写体には寄れるんですが、なにせ大変です でもそれはマクロレンズでも同じですよね。。。
でも当面、もっと良い写真が撮れるように日々がんばります
Edit3 ■おひさしぶりです。
マクロレンズほしいなぁでも金ないなぁと
思っていたので、とても参考になりましたです。AFが働かないのはけっこうつらいですね。でも2500円ならいいかも。
Edit4 ■無題
230さん こんにちは
そうなんですよね なにげにマクロレンズってそこそこの値段するんですよね
ホントはタムロンの90mmとかNikonの105mmのマクロレンズが欲しいのですが。。。 
とりあえず2500円で遊べる簡易マクロってことで当面自分をごまかそうと思ってます
ちなみに標準レンズの18-135mmのレンズにもつけてみたんですが、これだとほとんど虫眼鏡状態です(*^ー^)ノ

Leave a Comment








1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom