amataro's note


16
Category: Car   Tags: ---

wheels





だいたい仕事が忙しく時間的にも精神的にも余裕がない時には衝動的に何かがほしくなる傾向があります。 まさにそのような状況下なもんで、抑えていた物欲を満たすべくかれこれずいぶん迷っていた車のホイールを物色しだしてしまいました。

車が好きな方はわかると思うのですが、車のホイールを変えたくなる理由はいくつかあります

まず、車の印象を決めるパーツとしては効果が一番大きいです 

次に軽量化によるメリットがかなりあります 一般にバネ下加重(車体を支えるバネより下についているもの)の減量はバネ上の10倍の効果があるといわれています バネ下加重を構成するパーツとして、ブレーキ一式(ローター、キャリパー等)、ホイール、タイヤがありますが、ホイールによる減量効果が一番大きいです

単純に一本2kgの減量をすると、4本で8kg 効果としては80kg車を軽くしたことと同じとなります 大きな大人を一人下ろしたぐらいの違いがあります

またバネ下を軽くすることで路面の追従性も良くなりますし、ひいては燃費も良くなることになります(これは微々たるものかもしれません)

極端なイメージとしては、鉄の下駄を履いて走るのと、スニーカーを履いて走るような違いでしょうか 要は軽快に走ることができるようになるのです

ホイール製造法には大別して鋳造と鍛造という製造過程の違いがあります 鋳造とは型に熱し溶かしたアルミを流し込んで冷やし固めた製造方法で、鍛造とはビレットと呼ばれるアルミの塊を熱して4000t以上のプレス機で形を作る製法です。 

鋳造の製法では比較的自由なデザインで形を作ることができますが、アルミの密度が荒くなるので強度を保てません。 よって強度を保つためにデザイン上軽くすることが難しいといわれています。

対して鍛造はプレスによって形を作りますので、複雑な形のデザインは作りずらいですが、アルミの塊を圧縮して形成するので強度を強くすることが可能になります。 これにより薄く細いスポークでも強度が保てるので結果として軽いアルミに仕上げることができます。

昨今国産のアルミホイールメーカーも海外の車用のホイールサイズを取り揃えつつありますが、やはり王道はBBSのホイールです

特に鍛造のBBSのホイールは強度と軽さ、信頼性の面ではやはり一歩リードしていると思われます。 で、やっぱり良い物は高いのです。。。 そこが一番の問題ですね


スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom