amataro's note


29
Category: Car   Tags: ---

プラグとイグニッションコイル交換

DSCF2680.jpg

イグニッションコイルが死んで均整を失ったエンジンは何とかディーラにあったストックで復活しましたが、すでに2度コイルを交換しているので、残りのコイルも交換しました。

残りの6つをアメリカのショップにオーダーし、その際にいくつかアクセサリーも一緒に購入したのは前回書いたとおりですが、肝心のイグニッションコイルが4つしか送られてきませんでした。

あまり日本では考えられませんが、海外でのオーダーはこういうリスクもまだあります。

イグニッションコイルを交換するのであればプラグも交換しておこうということで、プラグも8本オーダーしておりました。

ちなみにプラグの推奨タイミングはオイル交換2回のタイミングということで、メーカー推奨のオイル交換サイクルは23,000kmなので約5万キロでは交換した方が良いようです。

交換した後はすごくスムーズで下のトルクも復活。 少しずつ劣化していったのであまり気づかなかったものの、やはりエンジンが綺麗に回るというのは気持ち良いものです。

これで安心してまた走る事が出来ます。
まだいくつか気になっている所はありますが、ぼちぼちとメンテナンスを進めて行こうと思います。
スポンサーサイト



 

Comments

Edit
こんにちは。

推奨のタイミングがオイル交換2回とは、エレメントみたいですね(笑)。
8万キロ以上を経ての交換で、フィールの改善をすんごい期待していたんですけど、イマイチわかりませんでした(汗)。
Edit
Ballさん こんにちは
プラグってもうちょっともつのかと思ってました。
代わりにオイルは25000kmもつ(メーカーの推奨)てのも不思議に感じますね。

フィーリングの改善はプラグなのかコイルなのか分かりませんが、シリンダーごとの燃焼具合にバラツキがあったんじゃないかと思います。
交換後は明らかにスムーズでトルクの改善も感じました。

まめなメンテナンスって必要ですねー

Leave a Comment








2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom