amataro's note


17
Category: 未分類   Tags: ---

ラジコン年初め

昨年はあまり行けなかったので、正月休みの間に友人と久しぶりに走らせに行ってきました。

前日に結構雨が降ったので、午前中はウエットの路面が残るかもしれない日でしたが、当日は朝から天気も良かったのでそれにかけてみます。

やはり着いた頃は所々ウエットなところがありましたが、2時間もあれば乾きそうな感じだったので、それまで整備です。

ボチボチ走れそうな感じになってきところで、軽く走らせ始め「やっぱり滑るねー」とか言いながら走っていた時にそう、事は起こるのです。

スポンジのタイヤはすぐに水を吸収するので一瞬は滑るのですが、またすぐにグリップが回復します。
バックストレート、ウエットなところは滑っているのですがハンドルを切らなければスピンすることもありません。

エンジン回転が上がっているので滑ってるんだなぁぐらいの感じで見ていましたが、数周走ったところの同じバックストレート。
エンジンが一度吹け切って2速に入ってウエットの場所を過ぎたところでまた回転が上がり、そして「パスッ」と腑抜けな音とともにエンスト。

2.1ccのエンジンが逝く時はそれぐらいのものです。

持って帰ってきてクランクシャフトを回してみるとスルスルと回ります。 通常ピストンの圧縮がある場合は上支点で引っかかりがありますが、スルスル回るということはピストンが回っていないか圧縮がない場合かです。

DSCF3168.jpg

エンジンをばらしてみるとクランクシャフトとコンロッドをつなぐ部分が断裂、多分その破片が回ったのでピストン側面にも縦に筋が入っています。
コンロッドもスリーブに当たって曲がってます。

そもそもこのスリーブの焼け具合からみてかなりオーバーヒートでしたね。
いい勉強になりました。

DSCF3176.jpg

そして実車じゃなくて良かったことに、ピストン、スリーブ、コンロッド、コンロッドピン、総額5千円ほどで新品が揃います。
とりあえず組み上げたので、これからまた半日ほど慣らし運転です。

とんだラジコン年初めとなりました。。。
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom