amataro's note


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


23
Category: 未分類   Tags: ---

クロアチア その4

5日目
ここまでだいぶ欲張って移動してきたので、少しペースを落としてスプリットは2泊の予定。

IMG_0521.jpg

朝食は予約時には含まれていなかったのだが、景色が良かったのでホテル内で朝食をいただき、朝から少し贅沢な時間を過ごした。

往々にして食べ過ぎて動くのが面倒になるのだが、今日はスプリットの町と近くの島まで行く予定なので、早々にホテルを後にしてスプリットの町まで約15kmほどドライブ。

DSC_3961.jpg

スプリット近くにはフェリーで行ける島がいくつかあり、フェリーターミナルには多くのフェリーが停まっていた。 フェリー乗り場で隣の島、フヴル島までの運行時刻を確認したところ、30分後ぐらいに出る船があったので往復のチケットを購入。

DSC_3965.jpg

乗る船はすでに到着していて、出発時間待ち。 結構大きなフェリーで片道1時間ほどでフバル島まで行ける。

DSC_3962.jpg

フバル島

海側から見る街もまた素敵だった。

IMG_0532.jpg

途中に停泊している大きな船の横を通る。

IMG_0549.jpg

うとうとしているうちに到着。
リゾートの島らしく大きなクルーザーも数台港に止まっていた。

DSC_3969.jpg

今日も晴天で日差しが燦々と降り注ぐ中、町の中心まで。 

DSC_3975.jpg

町と言ってもここだけで、どうやら多くの人たちは島の反対側のビーチに向かっているらしい。

DSC_3981.jpg

この街が見渡せる展望台からの景色が良いとのガイドブックにしたがって、坂を登ってみることにした。

DSC_3988.jpg

汗だくで登ること30分ほど、来たところを振り返ってみる。

DSC_4005.jpg

海も空も青く、レンガ色の屋根が広がるすばらしい景色で、苦労して登った甲斐があった。

DSC_4016.jpg

しばし景色を堪能して来た道をブラブラと下る。

DSC_4041.jpg

聖ステバノ広場まで散策しながら降りてきてしばし休憩ののち、フェリーでスプリットまで戻ってきたものの、あまりの暑さに一度ホテルまで退避。

陽が落ち着いた夕方に再度スプリットの街まで夕食をかねて出かけた。

DSC_4049.jpg
 
スプリットはアドリア海沿岸最大の港町。 ローマ帝王の宮殿がそのまま旧市街になったという歴史があるらしい。

DSC_4060.jpg

着いたころはちょうど日が暮れかけたところ。 だいぶ暑さも収まってきた。

DSC_4061.jpg

城壁の中は確かに宮殿であったであろう面影がそのまま残っている。

DSC_4063.jpg

この夜に宮殿内でコンサートがあるらしく、人が集まっていた。

DSC_4065.jpg

城壁内は人が多く、海側へと出てみる。

DSC_4093.jpg

夕暮れは特にフォトジェニックな町に。

DSC_4094.jpg

中心部から少し離れたところにある行列が絶えない店というFifeで夕食。 

IMG_0577.jpg

街の定食屋といった雰囲気の店は、確かに次々と人が列を作る。
料理は至ってシンプルな魚料理。 リーズナブルな価格で提供される。

IMG_0582.jpg

イカのフライとスズキのグリルで夕食。 タルタルソースなどはステンレスのボールそのままで出てきたり。
そっけないがどちらもとても美味しかった。

夜になった街中を抜けて、車を拾いホテルまで戻って一日終了。 今日も暑い一日であった。

IMG_0595.jpg
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。