amataro's note


03
Category: 未分類   Tags: ---

クロアチア 長くなりましたが最後

7日目

今日も朝から快晴で暑くなりそうな予想。 旅行中一回夕立にあった以外はずっと晴れに恵まれている。

IMG_0762.jpg

早めにホテルを出てドブロブニクまでの山道を運転していく。 旧市街付近は混むとの事前の情報だったので、少し離れたところに駐車場を見つけて車をとめた。

城壁が見えていたので、だいたいの感覚で入り組んだ町の中を歩いていく。

DSC_4195.jpg

城壁に囲まれた町の西、ピレ門から旧市街へと入る。

DSC_4204.jpg

城壁へ向かって町の中は坂になっており、所狭しと石造りの建物が並んでいる。  

DSC_4211.jpg

この旧市街が見渡せるスルジ山へと上るロープウェイが混むと聞いたので、まずは朝に山へと登ることにした。
このスルジ山には車でも行けそうだったのでホテルを出る際に聞いてみたところ、だいぶ細い道ですれ違うときに苦労するからロープウェイの方が良い、景色もすばらしいし、ということだった。

IMG_0767.jpg

思ったよりも急な斜面で、歩いて登るというオプションもあるようだが、正直かなりな山登りになるのでやめた方がよさそう。

ここでドブロブニクの背景を。

「アドリア海の真珠」と称えられるこの旧市街はクロアチアと言えば必ず出てくる観光名所。 1667年の大地震で大きな被害を被るも修復により復活。 1991年のユーゴスラビア連邦軍による攻撃でも被害を受け、一時は「危機にさらされている世界遺産リスト」にも載っていたが、その後の修復によってリストからは削除されている。
このような町が残っているのが奇跡と言っても良いほど貴重な遺産だといえる。

ロープウェイで山頂まで登るとアドリア海を背負ったドブロブニク旧市街が一望できた。

DSC_4251.jpg

城壁の外周はおおよそ2km。 オレンジの屋根とアドリア海の青がすばらしい対比をなしている。

DSC_4278.jpg

町の誕生は8世紀ごろで、15から16世紀には今の形になっていたと言う。

西に目を向けると、スルジ山に向かう道が見える。 確かにこの道を登ってくるのはちょっと困難だったかもしれない。

DSC_4234.jpg

しばらく歴史が残した景色に見とれて、また旧市街へとロープウェイで降りてくる。

IMG_0808.jpg


dubrovnik-old-city

小さな町だがそこに住んでいる人もいたりする。

陽も登ってきてかなり暑くなってきたので旧市街でアイスコーヒーを飲んでしばし休憩。
行きたかった店は日曜日で休みということなので、明日また来ることとしていったん車まで戻る。

IMG_0835.jpg

思った以上に駐車場が遠くて、汗だくで戻って一度宿泊先の町ツァブタットまで戻ることにする。

IMG_0844.jpg

昼も過ぎていたので、この町の港に面したレストランで昼食。

IMG_0845.jpg

ドブロブニクと較べると人も少なく落ち着いた町で、ここに泊まる事にして正解だった。

IMG_0862.jpg

一度ホテルに戻って休憩。 崖下ではまだ海水浴(?)中。

DSC_4314.jpg

夕方ぐらいにちょっと陽が傾いてきた。 

DSC_4318.jpg

今日も一日天気の良い日であった。

IMG_0893.jpg


8日目

今日もドブロブニク旧市街まで行くことにする。 昨日学んだので今日は城壁に一番近い駐車場に駐車することができた。

朝一番で向かったのは7時から開いているというマラ・ブラーチャ薬局。 ピレ門から入ってすぐのちょっと奥まったところにひっそりとある。

DSC_4426.jpg

世界で3番目に古い薬局ということらしい。 お土産を購入して一度車に置きに戻る。

まだ陽が上がりきってなく気温も高くなかったので、城壁一周することに。

DSC_4439.jpg

この時間だとまだあまり人もいなく、気温も上がりきっていないので2kmの城壁を歩くには良さそうだ。 

DSC_4447.jpg

DSC_4457.jpg

DSC_4459.jpg

DSC_4464.jpg

DSC_4477.jpg

DSC_4479.jpg

途中城壁から下に見える絶壁のカフェ。 一周した後に休憩で寄った。

DSC_4485.jpg

DSC_4493.jpg

DSC_4507.jpg

DSC_4517.jpg

はやりこの国はネコが多い。 しかも皆のびのびとしているように見える。

IMG_0905.jpg

中世にタイムスリップしたような風景。

IMG_0917.jpg

一周したころにはもう暑くなってきたので、城壁を降りて旧市街へと出る。

DSC_4587.jpg

途中で見た絶壁カフェ「ブジャ」へ迷路のような道を進んで一休み。 静かな海を見ながら、「まだ何も冷えてない」という店員に炭酸水をもらった。

しばし旧市街を散策して、車に戻った。

ホテルに戻るまでの道からのドブロブニク。 ちょっとモヤッとしてしまっていて残念。

DSC_4596.jpg

空も海も青く、素晴らしい景色なのだとにかく暑い。

DSC_4615.jpg

夕方ぐらいの時間にツァブタットの港に降りてみると、砂浜はないものの皆海水浴を楽しんでいた。

IMG_0947.jpg

日が暮れるまでの時間が長いので、夕方の静かな時間を楽しめる。

IMG_0968.jpg

やっと日が暮れたところで、クロアチア最後の晩御飯に出かける。

DSC_4634.jpg

ツァブタットのいくつかあるレストランの一つに入り、シーフードをいただく。

IMG_0973.jpg

明日はこの旅の最終日。 

DSC_4334.jpg



9日目(最終日)

最終日はほぼ移動の一日。 午後4時にドブロブニク空港から国内線でザグレブへ。 国際線に乗り換えてイスタンブール経由成田と来た経路を戻る。

国内線とはいえバケーションシーズンのドブロブニク空港は混むとのことだったので遠くには行かず、時間まで近くを散策することに。

ドブロブニクはクロアチアの南端近くにある町。 東はボスニアヘルツェゴビナ、南はモンテネグロ。 どちらも数十キロの距離で国境となる。

特に行く当てもなく、モンテネグロに近いほうへと車を走らせていると城の看板が目に留まったので行ってみることに。

観光客が来ることもなさそうな小さな町を抜けて山道を走ると、小さな岩の塊のような建物が現れた。

IMG_1037.jpg

ガイドブックにも載っていないので、有名ではないのだろうけどちょっと入って登ってみる。

IMG_1009.jpg

海側とはまた違ったのどかな風景が広がっていた。

IMG_1016.jpg

昼過ぎには空港方面へと向かい、空港近くのガソリンスタンドで最後の給油。 
ドブロブニク空港は小さな空港ではあるが、観光シーズン故レンタカー会社も大混雑。 少し時間はかかったが問題なく車を返してこの旅を無事に終えることができた。

IMG_1040.jpg


休暇から帰ってくるとやはり忙しく、長々と時間がかかってしまいました。 

観光地としてはまだメジャーなところではありませんが、クロアチアはとても良い国でした。 主な交通機関がバスということもあり、移動に制限はありますが、車を借りることでずいぶんと移動もスケジュールも楽になります。

ぜひ機会があれば行ってみてください。 素晴らしい自然とアドリア海の美しさに出会えると思います。
スポンサーサイト



 

Comments

Editいつかは・・・
行ってみたいと強く感じました・・

私が近くで行ったことのあるのはイタリーですがクロアチアに近いミラノやモンザ(といってもサーキットしか行ってませんが・・笑)よりナポリにイメージが一番近いのかな?と感じました・・・・

時間がゆっくり流れる国なんでしょうね~
EditRe: いつかは・・・
つくばの松さん こんにちは

確かにイタリアの田舎に近いかも知れません。
まだ観光地といってもそれほどメジャーではないので、素朴な感じなところがまた良かったりしました。

思ったよりも良い道が多くて、高速も綺麗に整備されたフラットな道だったので、つくづく自分のクルマで走りたいと思いました。

ぜひ旅の機会がありましたら、候補に入れてみてください。
Editいいですね〜
ヨーロッパ、しばらく行ってないな〜

写真を見ていたら行ってみたくなりました。

このところ東南アジア三昧なので、自分で車を運転できる国に行きたいです(T_T)。
Edit
EVA Titerさん こんにちは

東南アジアはまた独特の文化で面白いですよねぇ

ヨーロッパはやはり車文化の国故、道も良く整備されているし運転する人にのことが考えられているなぁと思いました。

ぜひ、車での旅、プランしてみてください
Edit
クロアチア旅行記、楽しませていただきました

訪れたことがある周囲の人間はみな「よかった」というのですが、写真を拝見して納得です。

上でつくばの松さんも書かれていますが、私も南イタリア的な雰囲気を感じました。そして、ドブロブニク、どこかで見た様な風景だなぁと思ってググってみたら、宮崎駿作「紅の豚」の舞台となった街なんですね。

ぜひ行ってみたいなと思いました。
EditRe:
Dachiさん こんにちは

私も「紅の豚」の世界観を目にしたくて、ドブロブニクは期待していた場所でした。

同じとは言いませんが、古き良き時代の雰囲気は未だに残っていると思います。

だいぶ自分のいる環境とは価値観も違い、考えさせられる事もいろいろありました。

直行便がないので行くにはちょっと面倒ではありますが、オススメの観光地です。
機会がありましたら是非!

Leave a Comment








1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom