amataro's note


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


03
Category: 未分類   Tags: ---

冬の房総半島

すっかり行ったことすら忘れていましたが、デジカメの写真を読み込んで思い出しました。。。

ちょっと寄ってみたいと思っていた場所があったので、その流れで房総方面へと向かってみました。

家を出たのは日の出少し前。 相変わらず寝静まった時間帯に冷えたエンジンに火を入れるのは気が引けます。
せめてアイドリングアップが落ち着いてから走り出したいところですが、スタートアップ時は爆音ゆえ早々にそろそろと走り出します。

アクアラインを川崎側から乗るころにはすでに陽も明けていて、海ほたるから先の海の上の区間では低く垂れこめた雲の隙間から朝日が見え隠れしていました。
木更津金田ICで降りて下道を10分も走ると「江川海岸」にたどり着きます。 

潮干狩りなどで有名な海岸ですが、もちろんこの時期、この時間では誰もいるはずもなく、だだっ広い駐車場の端にポツンとM4を停めて海岸方面へと歩きました。

DSC_5134.jpg

江川海岸は陸から海に向かって電柱が生えている景色が見れるところとしても有名で、それを見てみたかったので寄ってみましたが、ちょっとリサーチ不足でした。
まずは満潮の時間でないと陸が長くて電柱が海に浮かばないこと。 夜明け、もしくは夕焼けの時間でないとあまりドラマチックでないこと。

DSC_5140.jpg

構図もどれが正解なのか分かりませんが、ま、最初ですからまた次の機会にタイミングが良ければ寄って見たいと思います。

しばらく海沿いを南に走り、木更津南から館山自動車道で高速に復帰。 君津PAで一休みして富津中央ICでアウト。
道は何も決めず走りやすそうな道だけを選んで進んでみます。

465号から県道182号、県道34号左折、県道88号、89号と繋いで411号で南下。

IMG_1602.jpg

途中あやしげな1.5車線もありましたが、概ね路面も良く交通量はゼロ。 
好みのペースで走れるときにセットしてあるMボタンの設定は、アクセルレスポンスがsports、シフトレスポンスは真ん中、ステアリングの特性がsports、DSCは常にオン。 設定としては全て普通(真ん中)の設定ですね。

流石にアクセルとブレーキだけでは思ったエンジン回転数とパワー、トルクをキープできないので、積極的にパドルを使います。
ある程度リズムが合ってくるとボディーサイズが一回り小さく感じるぐらいにキビキビと走ってくれます。

折り返すようなターンは厳しいですが、下の厚いトルクと、そのトルクをしっかり路面に伝えてくれるリアの剛性のおかげで、思ったよりも小さなコーナーは不得意ではありません。

128号に出て九重駅を過ぎたところで左折、安房グリーンラインで海岸まで下ります。

IMG_1612.jpg

相変わらず空は厚い雲に覆われたままで好天は望めそうにありませんが、前回来た時は確か雨だったので全然マシです。
安房グリーンラインは何度も走っていますが、段差の大きめなゼブラが引かれるようになってからは普通に走っても走りづらい道になってしまいました。

特にコンベンショナルなサスペンションはタウンスピードでは入力をかなり抑えられていて、ダイレクトに道の悪さを伝えてきます。

DSC_5185.jpg

グリーンライン終わりの駐車場で一休みの後、410号房総フラワーラインを右折、目的もなく走っていたら野島埼灯台にたどり着きました。

DSC_5225.jpg

野島崎灯台は千葉県の再南端に位置する小さな灯台ですが、日本の灯台50選にも選ばれており、また有形文化財にも指定されているようです。

DSC_5208.jpg

散歩がてら灯台の周りを散策してから灯台へと向かいます。 
決して高くはないものの、周りには何もないので見晴らしの良い景色を見ることができました。

DSC_5235.jpg

DSC_5238.jpg

海からの強風受けながらしばし景色を堪能して、帰り道へと向かうことに。

この日は風が強く海沿いの道では砂浜の砂が舞っておりました。

IMG_1619.jpg

しばらく海沿いを走っていると、不老薬師温泉、安房自然村との看板。 
急ぐ旅でもないので立ち寄ってみることにしました。 

やっているかどうか不安なほどの佇まいながら、暖簾をくぐると中から人の声が聞こえてきました。 どうやら休憩所は地元の人のたまり場となっているようですね。

温泉は予想通り誰もおらず、ただ一人じっくりゆっくりと浸からせてもらいました。

ここからは寄るところもないので帰路へと向かいます。 410号127号と走って富津館山道、アクアラインと詰まることもなく順調に走り海ほたるで一休み。

DSC_5280.jpg

海ほたるでは相変わらず低い雲が海と平行に垂れ込めていて、不思議な景色になっていました。


あまり走ったという感じのドライブではありませんでしたが、気の向くまま走って帰ってきてと自由なドライブでした。
いつの間にか1年経ってしまったM4ですが、だいぶ慣れたかなぁという感じと、未だに良くわからないところと混在しています。
運転はとてもしやすいのですが、乗っていて結構疲れます。 

まだ体に馴染んでいないのか、年とともに新しいものが受け入れづらくなっているのか、後者でないことを願って今年はもっと走っていきたいと思います。

DSC_5260.jpg

スポンサーサイト



 

Comments

Edit
M4に換えられて、もう一年が経ったとはビックリです。
歳を取ると、一年が早いんですよねぇ・・・(咳)。

房総半島は、「よーし行くぞっ!」てな感じではなく、フラッと軽く走りに行く感じがいいんですよね。
昨今の寒波で山方面は全滅でしょうから、いずれまた私もドライブしたいと思います。
ちなみに、何度か走っているクセに電柱の景色は知りませんでしたので(汗)、機会があれば探してみようと思ってます。
Edit
房総ドライブに行かれたのですね。

海に続く電柱の景色は、写真では見たことがありますが、こんな場所にあったとは知りませんでした。これはぜひ行ってみねばなりませんね。

K182に始まり安房グリーンラインに至るルートは私も好きで何度か走っていますが、この時期だとガラガラで快適に走れたのではないでしょうか。上でwataさんが書かれているように、ふらーっと行けて、それでいてその気になればそれなりの距離を面白く走れるのが(かつ温泉や旨い飯もありますし)房総ドライブの魅力だと思います^^


EditRe: タイトルなし
wataさん こんにちは

そうですねーもう一年経ちましたね 昨年の歌詞交換会の時には乗っていませんでしたから

江川海岸はアクアラインの木更津で降りてすぐなので、どこかに行く途中とかに寄れると思います。
潮干狩りの時期以外であれば空いてるんじゃないかと思いますが、結構地味な景色ですのであまり過度な期待はされない方が良いかもです。

房総あたりですと思い立って行ってみるという感じで行けますし、変なところに行かなければほぼ凍結の心配もありませんから、ちょっと気晴らしにドライブにはちょうど良いですね。
まだまだこの辺りで知らない道もありますので、もう少し通ってみたいと思います。


Edit
Dachiさん こんにちは

ぶらっと行ったのでそのままカメラに写真を残したまま忘れていました。。。

江川海岸はタイミングと条件が合えば面白い写真が撮れそうです。
こういう風景写真はやはり通って計算して撮らないとダメですねー

房総の内陸は長い道はあまりありませんが、区間区間で面白い道がありますので、私にはちょうど良い感じです。

まだまだ未開の場所が多々ありますんで、引き続き調査(?)続けていきます。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。