FC2ブログ

amataro's note


16
Category: 未分類   Tags: ---

箱根伊豆ドライブ

お盆前の平日休み、箱根、伊豆方面へと出かけてみました。

随分久しぶりな感じがしたので自分の書いたブログを読み返してみると、以前に箱根を走ったのは去年の12月。 あっという間に一年が過ぎていきます。

IMG_20188447.jpg

日が登り始めたあたりに家を出て、東名高速、厚木から小田原厚木道路と走って箱根までノンストップで来ました。
気温は夜明けと共に上がり続けて、ターンパイクの入り口でもすでに暑さを感じます。

DSC_20181208.jpg

少し休憩の後、料金所を抜けて長い登りを登って行きます。 こういう長い登りは低い回転数からトルクが立ちあがるターボ車には分がありますね。 ジンワリとアクセルを踏み込み少しずつペースを上げて行きます。 
平日の朝ですから、前走車もすれ違う車もおらず、好きなペースで走れました。

回転数もさして高いところをキープしてませんが、車を止めた後もファンが長いこと回ったままです。 
山の上の方に来ても気温は高く、今日も一日暑い日になりそうな感じです。

DSC_20181226.jpg

こんな日は景色は望むべくもなく、モヤっとした空気に包まれてしまいます。
陽を受けた道端の草は朝露を帯びて光っていました。

DSC_20181236.jpg

DSC_20181223.jpg
 

走っている車もいなかったので、下りも走ってみますが、どうも下りは苦手です。 大したこと無いところで、トラクションコントロールが介入します。 少し足回りの設定を調整した方が良いのかもしれません。
金魚コーナーでもう一休みして、先に進むことにしました。

IMG_20188452.jpg

大観山手前から霧に包まれ、視界を遮られたまま伊豆スカイライン、熱海峠の入り口まで走ります。
伊豆スカイラインに入ってからは、霧も晴れて今度は強い日差しにさらされます。

ところどころペースカーを挟みますが、概ね自分のペースで走れました。 

最近はアクセルレスポンスもシフトモードも一番大人しいモードで走ることが多くなって来ました。
確かにアクセルのレスポンスはひと呼吸置くような感じがあるのですが、むしろ感覚的にリアルな感じがします。 シフトモードも自分でギアを選ぶ限り、遅い感じはなく自分にはちょうどよい感じです。


DSC_20181252.jpg

亀石でいったん休憩。 気温は30度を超えて、外に出ると蒸し暑い空気に包まれました。 
外にいるのも厳しい暑さなので、新しい飲み物だけ買って先に進みます。

冷川で伊豆スカイラインを後にして西へハンドルを切ります。 少し南に「萬城の滝」というのがあったので、寄ってみることにしました。

DSC_20181270.jpg

無論、こんな時間に滝を見に来る人などおらず、一人涼しい木陰を滝の音のする方に降りて行きました。

DSC_20181269.jpg

しばし歩いた先には岩を削り取るように流れ落ちる滝が待ってました。 落差はあまりないものの水量が多く、低く音を立てて滝つぼに水が吸い込まれていきます。



マイナスイオンをしこたま浴びて、来た道を駐車場まで戻ります。
この辺りではワサビを作っているようですね。 水が綺麗なのも納得です。

DSC_20181276.jpg

どこをあて先に設定したのか忘れましたが、ここから先、天城高原方面へとつながる道をナビゲーションの指示通り進みます。

IMG_20188459.jpg

しばらく進むとどっかで見覚えのある六角形の標識59号。
ん、59号?

IMG_20188461.jpg

あー、憎き県道59号はこんな所まで繋がっているのですね。
幸い道幅は狭くないものの、小枝や枯葉に覆われた路面を走ることしばし。 頼むからパンクだけはしないでくれと祈りながら、ズルズルと滑べる道を先に進みました。

毎回気づくと59号です。。。

つづく





スポンサーサイト



 

Comments

Editいいですね!
思い出します。
東京にいればご一緒したかったですね。
ただ走る車がないか(笑)。
個人的にはM2が欲しいです。
Edit
wakkaさん こんにちは ご無沙汰しております

この県道に関しては走る車関係なく、むしろ軽4駆とかの方が走りやすいと思います(私)

最近M2CSは発表になって、さらにM2が気になってます。
リアシートもありトランクスペースもあるので、ある程度の実用性を兼ねてますしね。

回し者ではありませんが、是非またBMW、もしくはALPINAへ^_^

Leave a Comment








1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom