FC2ブログ

amataro's note


22
Category: 未分類   Tags: ---

箱根伊豆ドライブ 続き

DSC_20181279.jpg

時々2車線の走りやすい道にはなったりはするものの、やっぱり細い道が続きます。  

下田街道を超えてさらに西へ。 風早峠から仁科峠方面へ曲がって西天城高原の駐車場へ。
やっとまともな道に出ました。

DSC_20181281.jpg

日差しは強いものの少し涼しさを感じる風に吹かれ、すこぶる気持ち良いです。

DSC_20181286.jpg

これ以上狭い道は御免なので、松崎へと抜ける59号へは行かずに北へ向かいます。

仁科峠から西伊豆バイパスの間は好きな道の一つです。 程よいコーナーとアップダウンの起伏に富んだ道を走ります。

DSC_20181300.jpg

西伊豆スカイラインに入って、2速3速をメインに使って上りを走ります。 
達磨山を越えてさらに北へ。 127号でさらにひと山越えて海岸線へと下りました。

R20180012948.jpg

沼津から伊豆半島の内側へ入って、どこか温泉でもと思ったものの近くで思い当たるところがなく、以前に寄ったことのある韮山の温泉に向かいました。

IMG_20188467.jpg

田んぼの中の道を走って、少し山を登ったところに駒の湯はあります。 以前は別の名前だったと思うのですが、経営が変わったみたいです。

IMG_20188470.jpg

ここの温泉の湯は「ぬるい」ことを売りにしています。 長いこと浸かってられるのですが、途中で必ず眠くなります。

湯上りに少し涼しい風を感じながら目を覚まし、帰りの方向へ。

沼津市街を抜け沼津ICから東名高速登りへ。 丁度昼の時間になったので、御殿場でちょっと寄り道です。

虎屋工房は平日なのに人でいっぱいでした。 
空いていればお茶でも飲んでゆっくりと思いましたが、お土産を見繕い早々に退散。 近くの蕎麦屋を検索しました。

遊季庭かわ嶋、という蕎麦屋がヒットし、御殿場インターからも近かったので行ってみることに。
入り口から料亭ような門構えで一瞬躊躇しましたが、入ってみました。

IMG_20188479.jpg

中庭を通ってお店の中に入ると結構普通の蕎麦屋でした。 遊季そばというお店の名前にもなっている蕎麦を注文。

IMG_20188476.jpg

かなりのボリュームでお腹いっぱい。 特別な感じではありませんが、蕎麦も天ぷらも美味しくいただきました。

ここからは帰るのみ。 御殿場インターから東名高速をまっすぐ、渋滞もなく東京インターまで。


久しぶりの箱根、伊豆方面でしたが、幸い天気も良く、温泉もご飯も楽しめたドライブでした。
これから夏の終わりにかけて涼を求めてまたどこかに出かけようと思います。

R20180012955.jpg

スポンサーサイト



 

Comments

Edit
私もつい先日、西伊豆辺りを走ってきました。
定番といえば定番ですけど、やっぱりいいですよね。
県道59号線、松崎⇔西天城区間は私もときどき走るのですが、風早峠⇔修善寺区間は避けますけどねぇ。
「狭い道が苦手」といつも仰るamataroさんですが、もはやそれはネタ振りで、ホントは狭い道や悪い道がお好きなんですよね。
ノーマルの4シリーズより幅広く低いM4に乗られているのも、狭くて悪い道でのスリルを増幅させるためなのだと信じて疑いません(汗)。
Edit
wataさん こんにちは

やっぱり幅があってホイールベースの長い車で細い道を入って行くあのドキドキ感は止められません。 って、なる訳はなく、毎回涙目です。

枯れ葉には困りましたが、それ以外は結構走っていても問題なく、そのリズムに慣れてくると楽しくなってくると言うのは発見でした。

なぜか道に誘われて入ってしまうんですよねぇ。 なぜか。。。
Edit
amataroさん、こんにちは。

本当に同じようなルートを走られたようですね。もっとも、こちらとは異なり、稜線上でも晴れ模様に恵まれたようで、快適なスカイラインドライブを楽しまれたことと思います。

それにしても、amataroさんのK59好きはもはや本物ですね(笑) 気がつくとK59、とは、まるで帰巣本能のようです^ ^
Edit
Dachiさん こんにちは

幸い天気には恵まれて、爽快なドライブとなりました。
ナビゲーションのある生活に慣れてしまうと、道を覚えるという能力が退化してしまうのを実感しています。
結果、毎回59号に迷い込むのですが、どうしようもないないので軽トラックに箱替えしようかと検討中です。 <- 道を覚える気がない

Leave a Comment








1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom