FC2ブログ

amataro's note


05
Category: 未分類   Tags: ---

KW ver3 メンテナンス

ショックアブソーバーをKW Ver3に交換してからすでに5万キロの距離を走りました。 いい部分も悪い部分もありますが、街乗りがメインの自分の走り方には合っているようで、ここのところセッティングも変更せずに固定です。

交換する際に、サードパーティのショックアブソーバーのメンテナンスは3万キロから5万キロと言われました。 正直、純正と比べると短いと言わざるを得ませんが、同じパフォーマンスを維持するにはそれぐらいのスパンなのかもしれません。

常に熱にさらされて高回転で使用されているエンジンオイルとは違いますが、ショックオイルも走っている限り常に使われていますので、劣化は避けられません。 また、この手のショックアブソーバーはバンプラバーを積極的に使うセッティング故、ラバーフォームであるバンプラバーは確実に劣化しているであろうことも想像できます。

とういうこで5万キロを超えたところで購入したショップにてメンテナンスをお願いしました。

2019IMG_0814-2.jpg

照明の関係で変な色合いですが、外したショックは特に外見上気になるようなところはなく、オイルに染みもありません。
久しぶりに純正のショックを組みなおしてもらい、一式送ってメンテナンスをしてもらいます。

国内ですべてのオーバーホールを行ってくれるので、1週間ちょっとで戻ってきました。 特に破損している部品もなく、一般的なオーバーホール内容というこでした。

その間、久しぶりに純正のショックをしばらく走りましたが、これはこれでガッシリとしたフィードバックがあり、特に高速でのしっかりとしたフィーリングは好印象です。 対して一番気になっていた低速域でのゆすられ感や突き上げ、動き始めの唐突な感じはやはり気になりました。 

リフレッシュしたショックに交換してもらって走り始めると、走り慣れた感覚です。 正直、オーバーホール前と何が変わったかと言われると、少ししっとりとした感じはありますが、大きく変わりません。
何かしらの劣化はあったのでしょうが、鈍感な自分では大きく変わった感じはしませんでした。 まあ、これでまた次の5万キロ安心して走れると思えば、リフレッシュした甲斐はあるのかなと思います。

かかったコストはそれなりではありますが、正直2回の組み換えの工賃を考えれば納得です。

推奨のセッティングに戻して取り付けてもらったので、また走りながら少しずつセッティングを変えていこうと思います。
スポンサーサイト





 

Comments

Edit
オーバーホールできるダンパーと言えばビルシュタインしか知りませんでしたが、KWでもできるんですね。
いずれにせよ、仲間内で実際にオーバーホールをしたとの話は初めてで、たいへん興味深く読ませていただきました。
5万kmであれば性能低下も僅かでしょうから、OHで新品同様の性能が蘇りますね。
ちなみに私も純正ビルシュタインのOHを考えましたが、暫定のダンパーが必要なことや、そもそもビルシュタインでも復筒式はOHができないと知り、買い換えを決意した次第です(涙)。
Edit
wataさん こんにちは
私もビルシュタインは候補にありましたが、今回はkwを選択しました。 kwはショックケースがアルミでできているので、錆びないのと、オーバーホールが国内でできるというのも選択した理由の一つでした。
オーバーホール自体も、一本15000円ほどなので、消して悪くはないと思います。
ただどうしても2回のショック脱着の工賃がかかりますので、トータルではそれなりのコストがかかってしまいます。 それでも次の5万キロをリフレッシュした脚で走れるのであれば、悪くはないメンテナンスだと思っています。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29

top bottom